テッペン!水ドラ!!『死幣ーDEATH CASHー』死幣ーDEATH CASHー

毎週水曜 深夜0:10〜放送

現場レポート

植田春菜の、私女優になれないんじゃなくて、ならないんですレポート

2016.7.8 by 植田P

はじめまして。
伊藤Pの元で一緒にやらせて頂いている植田春菜と申します。
自称「TBSの北川景子」というとんでもないフリをしてきたいとピー…
韓国料理屋でくだを巻いてるあの写真じゃ、いくらなんでも…!
もっといいやつをあげてください!
その日のコンディションによっては、似てなくもないはず\(^○^)/

…お粗末様でした。(ご本人にとんでもなく、失礼。申し訳ございません。)


さて、日記の執筆に追われてしまっている状況下です。
これを書きあげない限り現場に戻れません。。。
今日はあんなことや、こんなことが繰り広げられるもの凄くスリリングで重要なシーンの撮影なのに…!
ということで、可及的速やかに、前クールで好評を博した某ドラマをもじりつつの、あっちゃ〜なタイトルのレポートをまとめていきたいと思います。
そもそもなぜこのタイトル…いつの間に私は女優を目指してることになってたのか、なんだかサッパリ自分でもよく分かりませんが、某先輩の鶴の一声によりスタートしたこの企画!とりあえず乗っかってみることに致します!

今回の番組の瑞々しい女優陣と自分は一体何が違うのか?検証しながら、
本当に自分は「なれないんじゃなくて、ならない」のか?
「ならないんじゃなくて、なれない」のか?
己を見つめ直していきたいと思います。

<違いその(1)>
今回の女優陣をみてください。

写真

全員20代前半。若くて、お肌が瑞々しく、目が潤っている。
一方の自分、三十路をむかえるお年頃。多少のケアではお肌のコンデイションも回復することはなく、メイクさんからのベースケアの最善の方法の情報収集は欠かせません。目は乾燥しまくり、コンタクトが眼球から押し出される始末。

<違いその(2)>
お芝居がうまい。
「当たり前!」のことかもしれませんが、やはりね、皆さんプロです。特に今回はホラーということで、「怖がる」お芝居のオンパレードですが、皆さんそれぞれの怖がり方のお芝居のバリエーションがいくつもあって、素晴らしいのです。冒頭の西田麻衣さんの迫真の絶叫を皮切りに、美人女優陣の恐怖芝居も見所のひとつですよ!お楽しみに!

写真

実はわたくし、その昔携わったドラマで台詞ありのレポーター役を、某有名俳優さんにインタビューする役どころで演じたことがあったのですが、まぁーーーー難しいこと。でもその時に、一緒のシーンをやってくださった俳優さんから素敵なアドバイスを頂きました。「その役の人生や日々の暮らし方、仕事の仕方を想像すると、なんとなく人物像が浮かんできてお芝居が見えてくるよ」す、素晴らしいご助言…!
そんなアドバイスが遂に活かされる時が来た!と思ったのはクランクイン前の準備期間中のこと。オーディションのようなもので、役者さんに脚本を実際に読み上げて頂き、その相手役の台詞を読み上げるのが私の仕事、のはずでした。しっかりと読み上げないと、相手の役者さんの良さも引き出せないぞと姿勢を正し、あのアドバイスを思い出して、役になりきって臨んだものの… 数回繰り返した後に、相手役は女性のはずなのに、おもむろに 
いとP「よし、じゃあ次からは僕が読むね」

−−−こ、これはもしや外されたということ?動揺する中、いとPより畳み掛けられるコメント。

いとP「いや〜、はるちゃん(植田の呼称)なかなかのスティック・リーディングだね〜!笑」
スティック……?

…!!!!

世に言う「棒読み」というやつですか、先輩…!!!
せっかく頂いた素敵なアドバイスをまだまだ活かせていないわたしなのでした。

<違いその(3)>
覚悟がある!
そうなのです、これです。人前でお芝居をするということは、ものすごいプレッシャーの中での戦いでもあるのです。しかし、そんな重圧を楽しんですらいる様子の皆さん。自分よりも年齢は若くても、圧倒的な強さを感じさせられ、とても感銘を受けております。


ということで、まとめると、どうーー考えても「私、女優になれないんじゃなくて、ならないんです」もとい、「私、女優にならないんじゃなくて、なれないんです」となりました。

残りの現場も引き続き素晴らしい俳優陣のお芝居を間近にみて、刺激を頂きたいと思います!!!!
うーむむ、やはり女優への道は遠い〜〜

さて、お次のレポートは、凛々しい眉毛につい釘付けとなってしまうマルチプレイヤー・川嶋龍太郎先輩です。
よろしくどうぞ〜!

BackNumber

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ