水戸黄門大学

トップページへ

パナソニックドラマシアター水戸黄門 40周年第40部記念 スペシャルコンテンツ



『水戸黄門』の歴史や撮影現場のことを“いろはがるた”でご紹介します!!

ゑ(え)
んぎかついで えんぎよし
【ゑ(え)縁起かついで演技よし

映画やテレビに携わる者は、縁起を担ぐということがよくあります。


『水戸黄門』も毎シリーズ、クランクイン(撮影初日)には撮影所にあるお稲荷さんに出演者・スタッフ全員が集まり、事故がないようにとお祓いをしています。
これをやり始めたのは西村黄門様の頃からかな。
『水戸黄門』がお祓いをやるようになったら、東映のほかの番組もやるようになって、今では現代劇でもやってますよ。

もともと番組スタート時はこのお祓いの習慣はなくて、東野黄門様の代はずっとクランクインを大安の日にするというのが慣わしでした。
大安に俳優さんたちのスケジュールが合わない場合は、ドラマの収録はしないで、お稲荷さんの前で形だけカメラを回してね。


昔からシリーズの第1話によく火のシーンがあるのも“燃え上がる”ということにかけて、作品の勢いが上がって欲しいという願いから。
ほかにも毎年、年頭には東映太秦映像の全社員が集まってお稲荷さんにお参りしています。
年末になれば、撮影所の近くにある車折(くるまざき)神社という芸能の神様が祀られている神社で、1年の感謝を込めたお参りも欠かしません。

俳優さんの中にはよく芸名を変える方がいますけど、あれもげんをかついでのことやね。
皆さんにも、これからますます素晴らしいご縁がありますように…。

ドラマサイトへのリンク

TBSトップページサイトマップ
 Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.