夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980
818283 |*84 | 858687888990919293949596979899100101102103104105106
リーズン
趣旨
初めて投稿します。番組の取り組みになみなみなる決意と思いを感じます。私は常日頃、いわゆる公共事業に関係している者ですが、本当に社会に役立つものが正当に評価されているのか疑問を感じています。利益追求の為のものだけが、いわゆる既得権益が我が物顔で流通している状態ではないでしょうか本当に社会貢献のために頑張っている人は日の目を見ない社会が現実です。そのためにも番組が光りを当てることも大事なのではないでしょうか。自薦他薦は多いとはおもいますが、それはそれでいいのではないでしょうか?それがなければ光が当たらない人もいるのではないでしょうか?番組のスタンスが変わらなければ問題ないと思います。これからも頑張ってください。
2007年1月10日 14時3分16秒
遅ればせながら
先日の再放送で、カンボジアの地雷除去クレーンの開発に携わっている雨宮清さんの放送を拝見しました。
尊敬の念にかられてとっさにI−NETで検索したところ、山梨の某建設機械会社の社長さんである事を知りました。この人は凄い、本当に素晴しい方だと思います。NHKですので社名を出すのはタブーかと推察しましたが、大人になるのは嫌、サラリーマンになるのは嫌、という子供たちにとっては絶好の、憧れの材料になるのではと思いました。

それと番組スタッフ様、雨宮さんに(ありがとう、これからも頑張ってください)と伝えてください。本当に色んなものの見る目が変わりました。大好きです。ありがとうございました。
2007年1月8日 4時45分53秒
隆史
雨宮、西山様
大変感動しました。私もいつか自分の持っている技術でボランティアというか人道支援みたいな活動みたいなことをして行きたいと考えています(水道工事店やってます)>どうかその勉強をしたいので番組はずっと続けていただきたいです>西山繭子さんも頑張ってください>涙。感動しました。
2007年1月7日 23時27分53秒
私も何かしたい
地雷除去の話し
私も地雷除去の効率的な方法はないものかと考えていたのですが、やはり、日本企業の中にも試行錯誤を続けておられる方がいらっしゃるのを知って、大変、嬉しく思いました。色々と考えておられますね。リタイアした技術者や志のある日本人がもっとボランティアで参加して欲しいですね。心ある日本人の姿を拝見してとても嬉しく思いました。こういう活動を通じて日本や日本人を知ってもらう事こそ、本当の世界貢献だと思います。正月三が日にこういう番組を、もっと見たかったです。
2007年1月7日 20時31分13秒
唐草模様。
雑草で世界を救う!
2006年10月22日放送の『雑草で世界を救う!砂漠に広がる脅威の花で地球を緑化したい』を見て、その活動に参加したいと思いました。

私は常日頃、「誰かの役に立ちたい!」 「何かの役に立ちたい!」と思っています。
地球が砂漠化してる事は、だいぶ前に知っていましたが、毎年、九州程の広さが砂漠化してたというのは知りませんでした。
ショックでした。

私に何かできることはありませんか?
人手が不足してるなら、参加したいと思っています。
2007年1月6日 24時31分19秒
うーたまろ
家の御祖父さんにぜひ。
 昨年から、両足の膝関節症で、ペインクリニック通っていましたが、症状が、思わしくなく今年10月に片方の左足の膝を人工関節手術を受けました。
来年の3月右足の膝も人工関節の手術を行う予定でいます。
 おじいちゃんは、電動自転車に乗れないのが、刹那さそうにもらします。
 どうか来年の夏頃にこの自転車の話をメールでも良いので返事をいただけないでしょうか?
宜しくお願いします。
2006年12月29日 2時0分56秒
カボチャン
いつも勇気をもらってます!
毎週、日曜日の夢の扉、初めはなにげなくチャンネルを変えたときに見たのですが、それから病みつきになりました。(~o~)

自分の決めたゴールに向けて、ひたむきに頑張っている姿はとても勇気をくれました。

自暴自棄になりがちな、今の世の中にこんな人たちがいるんだと思うと胸が一杯になります。

金の亡者の政治家たちや、やる気のない若者たちがこの番組で初心を思い出してくれたり、なにかを感じ取ってくれたらと切に願うばかりです。

わたしも、くじけそうになるとこの番組のことを思い出しがんばりたいと思います。

ずーっと続けて欲しい番組です。(=^ェ^=)v
2006年12月28日 11時31分31秒
みどりのゆび
夢の自転車
堀田さんの自転車、嬉しくてわくわくしながら拝見しました。
堀田さんが一人一人に合わせて作製された自転車に乗るみなさんの笑顔の素晴らしいこと!
私も風を切って走る自転車が大好きです。
すべての人がこの気持ちよさを体験できたらと本当に思います。
多くの人が堀田さんの自転車を予約待ちとのこと、これからはものづくりの得意な若い人たちにもぜひ夢の自転車づくりに挑戦してもらいたいと思います。
2006年12月27日 24時1分7秒
todo
番組内容の重複について
毎週楽しみに拝見しております。しかし、先週の12月17日の夢の扉(あざらし)はがっかりでした。と言うのも、番組の半分ぐらいが先週の内容の繰り返しで、いつになったら本編に入るのかイライラしました。2週連続もよいのですが内容が伴わなければ無意味です。良い番組なのですから是非御一考をお願いします。
2006年12月24日 21時27分35秒
のびたろう
夢の自転車
12月23日「夢の扉」障害者でも乗れる夢の自転車を作っている町工場の話を拝見した。
自分も今は車椅子使用者になり、小さい時大人の自転車を足も届かないのに乗った事があった。髪の毛がなびく風。
今も子供心に一身にペタルを漕いだ記憶がある。事故に遭ってから車椅子との付き合いに替わり、障害があっても乗れる自転車を作っていらっしゃる工場の社長さん。どうか「夢の自転車」を沢山作って下さい。
身体に風を感じる思いをもう一度。
2006年12月24日 20時40分51秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.