夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374 |*75 | 7677787980
81828384858687888990919293949596979899100101102103104105106
マスコミ?
マスコミ悪
誰も人の悪口をいいたくありません。
ただマスコミの功罪は大きいと考えますのでお話します。
白内障手術はまともな眼科医であればほとんどの医師が経験しています。すばらしい医師が全国にいっぱいいます。白内障も患者さんにより多彩で時間のかかる場合も、あるのです。全ての患者さんを一人数分で手術するというのは大変なことです。患者さんとまずお話し、よく診察し、手術後も経過を診てゆく、こういうことを、一人の医師の限界を超えてできるとお考えでしょうか。安全な手術が大切なのです。なぜマスコミはバカなことをするのでしょう。いい医師ほど自己宣伝はしません。
眼科医は網膜硝子体手術、角膜移植などそれぞれその分野で病気の克服に取り込んでいます。
白内障手術でも同じです。
マスコミのかたがた、それぞれの専門分野の人々の少なくとも20人位の意見を参考にしてから放送してほしいと思います。
2007年3月17日 22時29分8秒
竜王
クリニカET
大分前になりますが、こちらの番組で取り上げたクリニカETについて書きます。私の叔父は食道ガンで先月亡くなりました。容体が悪化する少し前、クリニカETの存在を番組で知りました。母親と一緒に番組の内容をメモして、叔父の家にすぐに電話して後日問い合わせる事に成功しました。どうにか助かって欲しいの一心で家族親戚みんなで頑張りましたが、治療を目前にして叔父は帰らぬ人になってしまいました。僅かの間でしたがみんなに湧いた希望でしたので、残念でなりません。現在、クリニカETは問い合わせが殺到しているそうですが、院長の奥野先生は本当にいい先生です。末期ガンは本人の精神力も重要ですが、何より必要なのはまわりの人の支えであると思います。クリニカETの治療間近で亡くなってしまった叔父の事は本当に残念ですが、奥野先生をはじめ大変多くの方に支えていただいて感謝しております。クリニカETは本当に頼れるクリニックです。これからも、多くのガン患者が救われる事を考えて止みません。
2007年3月17日 21時9分23秒
マスコミ?
マスコミ悪
白内障手術は早いだけがいいのですか。一日何十件も手術するとどういうことがおこるか考えたことがありますか。
専門識者何人の意見を聞かれて放送されたのですか。
2007年3月15日 23時17分34秒
TARO
赤星先生の姿に感動!
赤星先生に感動しました!私は、某病院でリハビリテーションスタッフとして勤務しています。私の勤務している病院には、関節(股関節・膝関節)が壊れて激痛で歩く事が出来なくなった患者さんが多くいて、手術後のリハビリを私は担当しています。赤星先生の姿を見習い、患者さんに尽くして行きたいと切に感じました。
2007年3月13日 14時12分54秒
心配性
白内障手術
3月11日 白内障手術の放送を、視聴し、

赤星隆幸先生の技術と人なり に 感動しました。

今、現在大阪で先生の技術を行っている病院はあるのでしょうか?

母の為に、早急に知りたいのですが。
2007年3月13日 13時45分8秒
プレチョップ法について
赤星先生の特集を拝見しました。96歳の父親が白内障の手術を受けたのですが術後しばらくはよかったらしいのですが、最近は新聞を読んでいてもすぐ目が押さえつけられる様な痛みが出てくるそうです。徳島に住んでいますので関西でプレチョップ法をしている病院はあるでしょうか。私は名古屋在住です。
2007年3月11日 19時55分22秒
松本 良太
赤星先生
感動して泣きそうになりました。
普段は何気なくテレビを見ているのですが、今日はどうしてもメッセージを残したくなりました。
器具を自分で発明して、特許をとらなかったところにこの先生の本質があると思います。
この先生がいる限り、白内障も怖くないですね!
2007年3月11日 19時7分38秒
国語崩壊防止委員会
字幕に注意
赤星先生の「趣味の一環」の言葉の時、字幕に「一貫」と出ました。誤字にはくれぐれもご注意を。それが正しいと勘違いする人がいるかもしれないと考えると、責任重大です。字幕を作る人はもっと自覚と責任感を持って仕事にあたって下さい。
2007年3月11日 18時51分45秒
医学生太郎
吉岡先生・渡辺先生へ
鍼灸の吉岡先生、心臓の渡辺先生の放映が最近ではもっとも感銘を受けました!!
日本の医療界は、もっと患者の視点に立った医療をすべきです。吉岡先生と渡辺先生が活動されているフィールドは違いますが、同じ心をもつ立派な医師であると感じました。
私は、これから医師を目指す学生です。患者に情熱を燃やす医療人となれるよう精進していくつもりです。
2007年3月8日 14時17分11秒
正岡子規
吉岡さんを応援します!
同じ世代ということもあり、吉岡さんを身近に感じると共に、尊敬します。この番組のおかげで、これからの生き方を考えるきっかけとなりました。時間に流されて生きていてはいけない。自分のことだけを考えて生きていてはいけないと。これからも吉岡さんを応援してます。
また、この番組のファンにもなりました。
2007年3月8日 13時0分9秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.