夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667686970717273747576 |*77 | 787980
81828384858687888990919293949596979899100101102103104105106
つる
勇気を
毎回、すばらしい内容にただただ感激です。今回の鍼灸師の吉岡さんの活動には頭の下がる思いで拝見しました。同じ日本人として誇りに思います。自分にできることから、というスタンスが大事なんですね。これからもたくさんのドリームメーカーを紹介して下さい。なお、番組のテーマ曲、とても気に入っています。千住 明さんのベスト・ウィッシズ2 ネクスト・ドア(東芝EMI)に収録されていますが、毎日通勤の車の中で聞いていますが、心が晴れ晴れとし、勇気をいただけるような気がします。
2007年3月4日 23時8分12秒
ひよこ
吉岡さんの活動を見て感動しました!
30歳主婦です。主人が結婚前インドへ行くためパスポートまで用意していたのですが、長男の妊娠発覚のため断念。それから3年がたち、インドへ行きたいという夢はまだ持ち続けています。妻として、二人のかわいい息子のため、何かの目的や、仕事などを持った上で、その夢を実現できないか考えていました。吉岡さんの心に感動し、また、ヒントになりました。元気をいただきました!!本当にありがとう!
2007年3月4日 22時25分5秒
オウバイ
感想
 「国境なき医師団」が一人でも医師をネパールへ派遣して吉岡先生を支援して欲しいと思います。
2007年3月4日 20時36分33秒
ぶー
ネパールの先生
吉岡大祐さんの活動に感激しました。 
私にお手伝い出来る事があれば、させて頂きたいと思います
日本はなんと幸せな国なのでしょうか、
自分の悩み事がなんとくだらないことだと、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
吉岡さん、身体に気をつけて頑張ってください。
2007年3月4日 20時14分12秒
アナン
私にできることは
 3月4日の夢の扉,大変感動しました。仏教の国ネパールにおいて,30才の鍼灸師の青年吉岡さんが,まさしく喜捨の精神で活動しておられることです。恵まれた生活の中で自分と家族のためにだけ生きている自分を恥じるとともに,私にも出来ることがあるはずだと思いました。それを純粋に追求していこうという気持ちになりました。良い放送でした。ありがとうございます。
2007年3月4日 19時27分27秒
53才のおじさん
日本人
人のため、世のためにといつも思っているが
仕事に追われ、日々の生活に追われ、何もできない。吉岡さん、感動しました。ありがとう。
あなたは、すばらしい日本人です。
2007年3月4日 19時26分0秒
熊本のおじさん
吉岡 大輔さんへ
若いのに一生懸命 ネパ-ルの人々のために活動されている姿に感動しました、日本とあまりにも違う医療環境で暮らしている人々や元気で明るい子供たち ODAのお金はこんな地道な活動にこそ使ってほしいものです......体に気をつけて今後も頑張ってください心から応援致します(涙が出ました)
2007年3月4日 19時22分55秒
カズ
再放送
いつも楽しく見させていただいています。
もう一度見たい、見忘れた、録画し忘れた、ということがあります。
再放送する予定とか教えてください。
2007年3月4日 19時17分51秒
かとちゃん
放送時間を拡大して欲しい
地雷撤去の話や本日のネパールの現状など
毎回たったの30分ですが秀逸な出来のドキュメンタリー?です。
お涙頂戴ではなく、見る人に押し付けがましくなく、前向きな
目線で伝えている。
ゲストの旅人の目線からも見せるのは良い。
最近問題になっている健康を取り扱うバラエティ
みたいなものに予算や時間を使うなら
この番組を1時間枠でやれば良いと思う。
2007年3月4日 19時16分50秒
YUKI
北の大地に関節手術の名医あり
いつも楽しく拝見しています!
神の手でありながら、更に高いレベルの医療を患者に提供しようとする姿勢に感動しました。
医師の原点を見たような気がします。私、2年前に、股関節の手術を札幌で受けました。長年
、夜も寝れない程の激痛が伴う変形性股関節症に悩まされ数多くの病院を訪ねました。どこの病院でも、まだ手術を受けるには若すぎる、2ヶ月以上の入院が必要、太ももに20CMの傷が残るなど言われ、手術を受けずに過ごしていました。友人から、札幌に人工関節の名医がいると聞き、手術を受けました。その医師が行う、MISという最小浸襲手術によって1週間程度で退院、今では大好きなゴルフができるまで回復し、職場にも復帰できました。
関節外科の神の手、NTT札幌病院の石部基実先生を、夢の扉 で紹介して下さい。1年間に300件以上の手術を行う体力・精神力、患者の体に負担を最小限にするために開発されたMIS法(7cmの傷で行う最新、高技術の手術方法)
を駆使した技術力、は外科医の鏡です。
2007年3月3日 19時55分9秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.