夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667686970 |*71 | 727374757677787980
81828384858687888990919293949596979899100101102103104105106
ドリームパーソン
プライマリ・ケア
人工筋肉は正に今からの医療に治療・治薬と共に発展・開発されていくべき分野ではないでしょうか。今の医学はどうしても悪くなった処を治すというのが主たる道義となっていますが、今後はもっと予防医学(プライマリ・ケア)が注目されてくると思います。心・脳卒中系の病症発症年齢が若年化して来ている事によって昨今流行しているメタボリック症候群がその最たる指針と言われていますが、これを防ぐ為に今、メディカルフィットネスと云う分野が少しずつ注目を集めているようです。心・脳卒中系の後遺症のある方で、厚労省の定めるリハビリ期間が終わった方々(医療難民?)の受け入れ等もあるそうです。また一般のスポーツジムが受け入れないような生活習慣病の方々も、検査結果によっては受け入れて個々のトレーニングメニューを提供し改善しているようです。 まだまだ予防医学に遅れを感じているわが国ですが、国民の関心は高い医療費を払って、幾つもの管に繋がれるより、楽しく体を動かす事にお金を使い、出来る限り自分の脚で歩いて、自分の事は自分で出来て、そしてなるべく人に迷惑のかからない「ピンピン・コロリ」に変化しているようです。 これからも夢の扉、楽しみにしています!
2007年4月25日 24時7分0秒
ume
人工筋肉
姪っ子が、人工筋肉をつけて歩行する姿は、目頭が熱くなりました。自分はみんなと違うからと悔しい言葉が時々出ていた彼女だったから、本当に歩けたことは何より嬉しかったことだと思います。人工筋肉をつけたり、何かの補助があればできるということを目のあたりして、また彼女が大きく成長できることを応援していきたいです。ありがとうございました。
2007年4月24日 12時27分25秒
夢追い人
伝統を守ること
長谷川順一さんのボランティアで自身で被災した家を再生させる姿に人のために行動する素晴らしさを感じました。
本当は壊さなくてもいいその人にとって思い出深い家を残すということは、簡単に思えて難しいことなのだと思います。
またこの放送を通じて多くの人々にこの情報が知られ、1人でも多くの人が自分の家をほぼ元ある形で維持できることを望みます。
2007年4月22日 20時51分19秒
ケン
能登地震
石川県からです。地震直後は災害の話題が豊富にあったのに、その話題もだんだんと薄らいできている感じが致します。私は、被災された方の家の掃除等を兼ねて一度現地を尋ねたことがあるのですが、やはり報道の通りの現状でした。被災地には住んでいない為、本当の被災地の状況というのは報道などでしか分からない中、今日4/22の放送を見ました。赤い紙を張られた家、補修で何とかなる場合もあるということを、被災された方々にあまり知らされていないということを知りました。私自身建築の知識はほとんどありません。しかし、毎回遠く新潟から足を運んで活動されている先生の姿を見て、知識はありませんが、地元に住んでいる私に、何かできることはないのかと、感じました。何かお手伝いできないものでしょうか?何もできないことが残念でなりません。
2007年4月22日 19時20分48秒
ゲッコウ仮面
最高の番組
3月にこの番組を知りました。毎回、感動の連続です。毎回、録画しています。番組を見た後
何か生きる勇気が湧いてきます。頑張ろうといく意欲が出てきます。長寿番組になることを願っています。
2007年4月21日 22時11分52秒
視覚障害者サッカー
視覚障害者のサッカーにとても興味があり、今日の放送も拝見させて頂きました。
サッカーだけではなく人間としての成長をも手助けする、そんな風祭さんの姿には頭の下がる想いです。
彼らのサッカーの迫力にもわくわくさせられました。
今度、視覚障害者サッカーの会場にも足を運んでみたいと思いました。
2007年4月15日 22時24分31秒
Kayo
人工筋肉
人工筋肉!素晴らしいですね。高齢化社会である日本の救世主だと感じました。様々な分野で人工機能の開発が進められています。人工歯根・人工関節・人工網膜・人工耳など・・・
特に人工関節と人工歯根の発展は目覚しく、軟骨が磨り減って歩けなくなった人が、歩けるようになり、スポーツまでできる様になり、噛めない老人が食を楽しめる様になり、素晴らしく改善するそうです。人工筋肉が更に実用化されて、生活がもっと改善されるように望むものです。
2007年4月10日 12時30分23秒
kj
励みになります
4月からの放送をたまたま観たのが、この番組を知ったきっかけでした。
自分はプロジェクトXが大好きなんですが、この番組の場合は出てくる方々がまだ現在進行形で戦っているところがとても興味深かったです。
プロジェクトXのように達成した人からもらう力も沢山ありますが、こういうまだ実現できるか確証はなくても、達成のために戦っている人たちの姿にはまた違う力をもらえます。
自分にも夢があります。この番組に出ている方々のように、自分もしっかり夢を現実の形に出来るよう頑張ろうと励みになりました。
DVD化してくれたら嬉しいです。
2007年4月8日 20時34分31秒
ビンゴボンゴ
人工筋肉
すばらしい技術ですね
いただきたいですな


10Kgの鉄アレイ持ち上げてましたね
8秒はうそだと思いますが・・・
すごいですね
人工筋肉をつけていたとはいえ
手首から先は自分の力でしょうから
握力はかなりのものですね
しかもあの持ち方
手首痛くなかったんでしょうか・・・
謎ですね

子供を歩かせる場面はよかったですが
危険をかなり感じました
リハビリ程度ならよいでしょうがそれ以上はとても危険を感じました
服感覚でつけられるほど物でなければ一般人の方が危険に巻き込まれる可能性もあります
一般人が使うにしても
筋力がいくら上がろうとも
支えているのは人間の骨と肉
感覚的に楽になっても各部にかかる負担に問題が起こるでしょう
下手をすれば骨折が増えてしまう
関節がつぶれてしまったり
外れてしまうことも増えるでしょう
逆に人間側の使われなくなった筋肉は衰えしぼむなどの逆効果が考えられる
2007年4月8日 19時55分17秒
どらえもん
良かったです
今日の夢の扉も良いものでしたね。映像を伴う放送では、本以上の感動を直接的に伝えますね。これからもこのような番組を続けていってください。
2007年4月8日 19時0分47秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.