夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748 |*49 | 50515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980
81828384858687888990919293949596979899100101102103104105106
私の夢
娘も重症な食物アレルギ−で現在5歳ですがケ−キは一度も食べたことがありません。うちの子にも渡邊さんのケ−キを食べさせたい・・・
2008年4月24日 16時18分17秒
トーマシ
アレルギーは不幸か??
日曜日、家族が揃う時間帯にアレルギーについて取り上げる番組があり、嬉しく思います。っ

でも、とても気になる事もありました。
番組に出ていた子供さんはアレルゲンが多いようですが私の娘は現在、アレルゲンが50以上あります。番組では「砂糖もダメ、塩のみでの味付け・・」という言葉と共に暗〜い音楽で悲しげな食卓を写していました。

見れば野菜は全て有機マークがつき、とても体にいいものを食べているのが分かります。
・・それって悲しいことですか?
むしろ、現代において体によい食べ物を食べられる事の幸せを伝えてほしかったです。

我が家では白砂糖はダメですがてん菜糖を使い、雑穀の醤油・味噌・アレルギーケチャップ、アレルギー調味料が合わなければ自分で調味料を作ります。
もしてん菜糖がダメならブドウ糖、ブドウ糖がダメならメープルシロップ。


○○がダメなら△で代用・応用。
頭を使い、知恵を絞り、工夫をしながら毎日娘の喜ぶ顔を思い浮かべ、料理を作ります。

絶対に諦めません。

アレルギーだから「何も食べられない、何も作れない」というのは偏見です。

番組の意図でアレルギーの子はケーキも食べられないし悲しい想いをしている・・という演出をするのは理解できますが、もっともっと、もっとアレルゲンが多くても身体的にも精神的にも豊かな食生活を送っている子供も居るということを忘れないでいただきたいです。
2008年4月23日 23時23分8秒
@pei-chan@
美味しいケーキ
2015年までに、
食物アレルギーで苦しむ子供たちが
美味しいケーキを食べられるようにしたい
---------------------------------------

すごく具体的で、魅力的な
マイゴールに
感動しました。
2008年4月21日 22時56分30秒
とみー
誕生日には・・
親のエゴだとか、自己満足と言われても、子供が喜ぶ顔が見たい、自分がうれしかった事を子供にも味合わせてあげたいという気持ちは、抑えようのない感情かと思います。孫を持つ祖父・祖母だって同じことです。ケーキだけでなくいろいろな食物を制限されている子には、せめて誕生日ぐらいはと思いました。もう一度見たいですので、是非再放送を。
2008年4月21日 19時31分53秒
りーちゃんのおでーたん
ありがとうございます
4月20日放送の『アレルギーの子供たちに美味しいケーキを食べて欲しい』を見ていて涙が出ました。姪は重度の食物アレルギーで、食べられるものがほとんどないのです。アンパンマンが大好きなのに、アンパンマンはもちろん、アンパンマンに出てくるキャラクターも食べられません。もちろんお誕生日をケーキで祝ったこともありません。でも渡邊さんの存在を知り、やっと夢が叶います。本当にうれしいです。ありがとうございました。
2008年4月21日 9時46分17秒
小さな娘
食物アレルギーをとりあげてくださってありがとうございます
我が家の二歳になる次女は、小麦と卵のアレルギーです。いくらもアレルギー数値が高く完全に食べられません。市販されているものでは、パンや麺類は食べられません。入手できるのは、ネット販売など限られたところだけです。我が家にはFAXもパソコンもなくPHSだけなので、非常不便です。もっと世間に食物アレルギーを理解していただきたい、食物アレルギー対応食品を簡単に入手できるようになればと思います。番組は後半しか見れなかったので、また始めからみたいです。
2008年4月21日 9時34分15秒
なご
再放送を!
友達の子どもも食物アレルギーでケーキが食べられません。近所のケーキ屋さんでは作れないと断られました。
番組を最後の方しか見れなかったんですけど再放送はありませんか?
それとお店の連絡先などは教えてもらえたりはしませんか?
2008年4月20日 19時14分13秒
miki
アレルギーの子供用ケーキについて
アレルギーの子供にケーキをというのは、親やまわりの人の自己満足でしかないと思います。まだ三歳の子供にケーキという食べ物がおいしいんだとわざわざ教えて、まだアレルギーというものが理解できないような幼い子供に食べさせないなんて、その子のこれからが可哀相です。おいしいものを食べさせてもらえない理不尽さを今後何度も味わうことになるんですよ!!
一時の親の自己満足を素晴らしいことのようにとりあげるのはよくないと思います。
大人になるまで食べたことないものなんてざらにあるでしょう?物心ついて、本人が食べてみたいと言い出してから食べさせればいいと思います。理解できるようになるまでずっと傷つくと考えるとほんとかわいそう。アレルギーがあることがではなく、そういう気遣いができない親の元に生まれたことが!親なら守ってあげればいいと思う。いろいろな社会にでるまで知らないことが幸せってこともあると思うから
2008年4月20日 19時13分36秒
ペコ
食物アレルギーの子供たち
今、涙が止まりません。

食物アレルギーの子供たちのために試行錯誤してケーキを作っている渡辺さん。
あおいチャンのケーキを食べる姿。

私は某ケーキ屋さんでパートをしています。
私自身、ケーキ大好きですし
なにより幸いなことに私も娘たちも食物アレルギーはありません。

食べたいものを食べたい時に食べ、それで居て太っただのダイエットだのと云う私たちは
なんと贅沢なのでしょう。

思わず“ごめんなさい”とつぶやいてしまいました。

渡辺さんも子供たちもこれからもがんばって。。。
2008年4月20日 19時0分5秒
親孝行
佐喜真 保
89歳の母が変形性膝関節症を患い悩んでいます佐喜真さんに装具を作ってもらうにはどうしたらいいのですか。
2008年4月7日 19時1分6秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.