夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
12345678910 |*11 | 121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980
81828384858687888990919293949596979899100101102103104105106
まるさ
やっぱりあったんだ!
毎回わくわくしながら拝見させていただいて
います。46歳女性です。19歳の時に脳血栓
でたおれ、歩行等はもうほとんど問題ありませんが、右手の振るえ等の後遺症は残っています。
今回の放送はとても勇気づけられました。
25年以上になりますが、少しでも良くなる
ものなのでしょうか。もし少しでも可能性が
あるのなら私も治療を受けてみたいと思い
ました。この25年以上人の目をきにしたり
何かと自信がもてなかったもですから。
2010年3月14日 19時43分18秒
ブラボーSAKA
2010年3月14日放送を見て
私は、全身不随の脳性小児麻痺です。
昭和34年生まれ、未熟児で、お産婆さんによる出産です。産後の対応もない状態でした。
生育の状態も良くないことは、解っておりましたが、1年たっても、首が据わらないため、県内県外の病院へ診察を受けるも、治る見込みがないと言われ、最終的に脳性小児麻痺である事を告知され、親戚の紹介で、地元の電気治療院へ通院を始めました。そのときの体の状態は、骨と皮の状態で(多少の筋肉は有りますが)、とても二本足で歩くこともできず、一生寝たきりとだめ押しをされていました。
通院初日に、先生に100%の完治は難しいが、歩けるようにしてみせると、言われ、それを心事、丸1年間の通院をしましたが、当時の電気治療は、保険がきかないため、すべて実費でしたので、先生がそれでは大変と言うことで、コンパクトの電気治療器を借金をして購入、朝晩と電気治療をした結果、4歳になる前に、2本足で立つことが可能になりました。幼稚園、学校へと行くことができました。私から見ますと、現在の電気治療には、当時と随分楽だと感じています。今でも、腰が痛いときや筋肉痛の時は、電気治療をしています。ここ2.3年はしていないかな。ですから、このような報道があると、俺を見てくれと、いつも言っています。
2010年3月14日 19時34分20秒
ロボドッグ
DVD化
 学校で教えています。ちょうどモーターの学習をしていたので、子ども達に番組を見せたいと思いました。少しでも動画がないかと思い探しました。動画がなくて残念でした。
 DVD化されればとてもよい教材になります。特に、6年生のとき発明したシャボン玉の機械、子ども達と一緒に作ってみたいと思いました。
2010年3月12日 24時44分21秒
さんた
興味深い。。。
山でトラフグを育成するという地方活性の糸口になりそうで面白かったです。また、もっと現在のお話を聞きたかったです。過去のエピソードが少し長かったと思います。
2010年3月7日 21時8分44秒
プチ
実現して欲しい。
興味のある内容が多く
番組をよく拝見させて頂いております。

白木社長の回で紹介された医療機器を
家族が現在利用しております。
機器の小型化は本人はもちろん
家族にとっても負担は軽くなります。
話が前向きに検討される事を願うばかりです。
ぜひ今後の経過を番組で追って頂きたいです。
2010年3月5日 8時31分47秒
路地裏の少年
30年後の姿
番組への意見等でないことをお許しください。
実は今、1982年に友人たち7人と行った音楽コンサートを30年経った今年、また集まってやろう!と企画しました。それこそ30年前はCDやDVD、ビデオもなかった?買えなかった時代でしたので今残っている当時のものは伸びたカセットテープと色褪せた写真だけです。幸い当時のメンバーは全員生きていますが、ピアノ担当の先生はあのコンサート以来音信不通で連絡を取ることができませんでしたが、奇跡的に30年ぶりに再会できることになりました。今回のコンサートの目的は3つあります。1つ目はみんなの年齢が50歳〜56歳ということから、ただ懐かしい想いからだけではなく、この不況下でも、オヤジになっても忘れてならないことは「友達を大切に」という現代の子供たちへのメッセージです。一緒に何かをやり遂げた時の想いは永遠消えることのない友情を芽生えさせてくれるはずです。2つ目はメンバーみんな仕事はバラバラです。社長をやっているひともいればリストラにあった人、自分の店を閉めた人、普通のサラリーマンなどです。そんな人たちが一つの目標に向かって進んでいく姿を見てもらい、どんな状況でも「夢」があれば頑張れるんだという勇気を全国のオヤジ達に感じてもらいたい。3つ目は幸い全員ではありませんが、自分たちの両親に息子、娘たちは「こんな友達と元気にやっています」というメッセージを届けたいという想いです。今回のコンセプトは「感動・感激・感謝をこめて」で考えています。
ぜひ、このような取り組みに興味を感じて取り上げていただけましたらと思い意見として投稿しました。よろしくお願いいたします。
2010年3月4日 14時1分31秒
ひろ
3月14日
3月14日放送の夢の扉は脳梗塞で半身麻痺の家族のおられる方には是非見ていただきたい番組です。昨年ガイアの夜明けで、磁気治療の事が放送されて大反響でしたが、東京慈恵医科大だけでは間に合わず西日本の拠点として、鳥取県倉吉市の清水病院での治療が今年2月20日から始まりました。15日間の治療です。男性3人女性2人の5人です。遠くの方は海外のバンコクからも治療に来られていました。鹿児島からも女性が1人。実はその女性こそ私の母です。6日の日に治療が終わりその日に飛行機で東京に行き、浅草見学をして7日に鹿児島に帰る予定です。
2010年3月4日 24時41分15秒
みかん
モーターの神様素晴らしい
常に先をみて開発に取り組まれている姿に感動致しました。これがあると良いな・・と言うちょっとした会話です。主人が「体温計のピッピッが聞こえない・・これにもバイブ付けてくれないかな」・・高齢者には嬉しいかも・・どうでしょうか?
2010年3月2日 20時41分11秒
NoName
DVD
毎週放送されるのを楽しみにしています。

唐突ですが、DVD等でバックナンバーを販売されてみてはどうでしょうか。
学校関係者(特に工学系)等で私と同じことを希望している方は、少なくないと思われます(根拠はありません)。
よろしくおねがいします。
2010年2月25日 18時2分0秒
プゥチ
ぜひ再放送を!
たまたまつけたテレビで拝見しました。とても面白かったです!ですが最後のほうしか見られなかったので、過去のベストセレクションだけでも再放送をお願いします。
素晴らしい番組だと思うので、もっと宣伝したらいいのに。
2010年2月15日 22時35分10秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.