夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566 |*67 | 68697071727374757677787980
81828384858687888990919293949596979899100101102103104105106
マモー
元気をもらっています
いつも楽しみに見ています。そして毎週元気をもらっています。人のために一生懸命になっている人達をみていると自分の悩みなど小さいな〜と思います。明日の力をもらっている気がします。これからも勇気とやさしさを伝え続けてください。ありがとう。
2007年7月29日 18時58分32秒
いくと
取り上げて!
はじめまして。いつも拝見させてもらっています。
今回は取り上げて貰いたい方がいるためメールさせて頂きました。

取り上げて貰いたい方は
中学二年生の『松田功己』君?と言うかたです。
私は彼のホームページを通じて知り合いました。
彼のサイトは『なんジャグ??(蔗?痕???繽竕?纉?隴?蝠謇裃膀)』といいます。
彼は大道芸と言うものをしていて、将来?ぢ大道芸人になりたいと言う夢をもっています。是非彼の努力や、奮闘ぶりを取材してもらいたいと思います。
検討よろしくお願いします。返事まってます。
2007年7月26日 14時23分13秒
医者
藤田保健衛生大学病院、脳神経外科教授 佐野公俊先生を紹介して頂きたいです。この先生の活躍を是非一回放送をお願いいたします
2007年7月22日 17時4分44秒
ベーチェット
難病
私は難病であるベーチェット病です。そこでこの病気はどこまで解明された放送してほしいです。
2007年7月16日 23時57分39秒
一期一会・禅
僕の夢
はじめまして、僕は愛知県で日本料理を営む31歳です。いつも夢の扉をみて励まされています。この道に入った当初の気持ちがだんだん薄れていきます。最近は、末期がんの方の最後の晩餐を作ったりしています。
料理人の夢の扉も放送してください。
2007年7月16日 19時24分17秒
zetto
素晴らしい
毎日気分が暗くなるようなニュースばかりですが、まだまだ日本は捨てたモノではない。
こんなにも素晴らしい人達がいるんだと思うと勇気づけられる。
この番組を世界の人に見て欲しい。DVDとか発売される予定はありますか?この番組を知らない人や海外の友人に分けてあげたいのです。
2007年7月16日 11時47分7秒
52歳
夢の扉というブログを立ち上げました。
いつも見ています。
番組の内容も良いです。
でも一番いいのは宮沢りえさんのナレーションです。
「私の祖父はいつも言ってました。今日を頑張ったご褒美に明日がやって来ると」
私もささやかな夢を持ち日々生活をしている中で一週間が終わり日曜日にグウタラして夕方6時30分にいつもの音楽、まぁNTTドコモのコマーシャルとナレーション、この番組を見ていると「又一週間マイゴールめざして頑張らないとな〜」なんて勇気がわきます。
それにしても、うちのカミサン&娘、判ってんのか?やれちびまるこちゃんを出せだの、サザエさんだの、せがれは部活か。
ブログをアップしました。が、今は内緒です。
少し変な投稿になりましたが、夢の扉ファンのおっさんという事で。
2007年7月16日 10時25分31秒
Kotobuki-kanagawa
福祉機器について
7月15日「夢の扉」石松隆和教授の番組を見逃しました。息子(31歳)が両上下肢の機能を失い、階段の昇降に苦労しています。石松教授の研究された階段昇降機について紹介してください。
2007年7月15日 19時45分36秒
茨城の母sekko
階段を登れたら・・!
息子が8年前に突然病気になり、後遺症で、高次脳・体幹・下半身麻痺となり、今に至っています。今日の階段を登るなど、一生懸命障害者の立場になって、ものつくりをしている石松先生に感動しました。息子の部屋も2階だったので、『もう、僕の部屋に行けない!』と涙を流した時の事を思い出しました。障害を持って痛切に感じるのは、何もかも信じられないほど、高額だということです。あんな先生が茨城県にもいないか?と羨ましいです。
2007年7月15日 19時32分56秒
かまち
感動しました
先ほど、福祉に注がれている石松先生の放送を拝見しました。
すばらしい能力をお持ちでありながら、お金儲けを目的とせず福祉に力を注がれるお姿に大変感動致しました。
先生の作ってくださったシステムのおかげで、自宅の鍵を自分で開閉できるようになったあの方の笑顔、自分の意思を伝えるシステムを作ってもらい、お互いの信頼関係がますます深まったであろうあのご夫婦のお顔・・・
無意識に涙があふれました。久しぶりに感動を覚えました。
知識と能力をもった方が、先生の背中を見ながら次世代に向け育ってくれたらとても喜ばしいことだ、と思わず願ってしまいました。あの笑顔を、幸せをもっとあふれさせてもらいたい・・・私も私なりにできることを探したい、そう思いました。
石松先生、今は何もできない私ですが応援しております。先生のご活躍が、福祉の重要性を更に高めると確信しております。
これからもがんばってください!!
2007年7月15日 19時18分56秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.