夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

予告

書き込みの受付は
終了しました
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455 |*56 | 575859606162636465666768697071727374757677787980
81828384858687888990919293949596979899100101102103104105106
HIDEY702
佐喜眞 保様 へ
2008年1月10日放送「軽量間接装具で関節症を矯正していきたい」をみました。
 今右ひざが「変形性ひざ関節症」で治療暦6年です。悪化しないようには、いくつかリハビリ的療法を含めてやっていますが、良化はしません。
 佐喜眞さんにぜひ相談申し上げたいのですが、お願い出来る連絡方法を教えて頂きたいので、投稿いたしました。
            女性(69歳)
2008年2月11日 13時26分2秒
考えないロダン
関節症矯正
診察や矯正装具の、申し込み方法を教えて下さい。
長年患い外出もままならない母に、最後の孝行をしたいと思います。
2008年2月11日 10時31分3秒
t−キョウコ
膝が痛い
膝が痛いから、どのようにすればいいのですか。沖縄まで行くのですか
2008年2月11日 9時52分26秒
マンジ
母の夢の扉が開くかも
母は76歳で、一人暮らしをしています。だんだん元気がなくなる母に、生きる希望を持たせたいと思い、ハワイ旅行を提案しました。昔から好きな古い洋画を見る度に「一度でいいから外国に行ってみたかったねえ」といっていたからです。母は、初めは躊躇していましたが、生まれて初めてパスポートを手にしたり、ガイドブックを見るうちにどんどん元気になって来ました。ところがこの一年、月2回のマッサージ治療の甲斐もなく膝の具合がだんだん悪くなり、昨年予行練習のつもりで出かけた伊勢参りも、すぐに車椅子を借りることになってしまい、そしてついに10日前、トイレでつまずいて倒れてしまい、一人では立ち上がれず、18時間後に母の様子を見に行った妻が発見するまで、倒れていました。そのまま入院した母は「ハワイはとても無理、諦めるよ」とハワイどころか生きる元気すら無くし、すっかり落胆していました。
ところが偶然、母の病室で昨夜の放送を二人で観、その瞬間諦めかけていた母の夢に光明が射した思いがしました。

「お袋、これでハワイに行けるよ!」

母はまだ、疑心安危のようですが、私は何とかこのチャンスを掴み、母にもう一度生きがいを持たせ、長年の夢の扉を開かせたいと思います。
ところが、佐喜真 保氏の連絡先や、おおよその費用が調べきれません。お手数をかけて恐縮ですが、差し支えない情報で結構ですので、是非お教え願えませんでしょうか。
2008年2月11日 6時30分50秒
コーちゃん
教えて
2/10放送の「佐喜眞 保」さんに実際に装具を作ってもらうにはどうしたらよいのですか?
2008年2月11日 24時0分11秒
アグネス
膝関節症
2月10日の夢の扉を見ました。亡くなった父もそうでしたが、健在の母も膝の痛みを抱えています。そして、二つ年上の姉も。お医者さんには「老化によって軟骨が擦り減ってしまっているので直すことができない。痛みがひどくなったら手術しるしかない。」と言われています。でも、今日の放送を見て、効果的な対処方法がある(装置)ことを知り、とても勇気付けられました。今後、もっと手軽にそのような装置を作ることができるように大きな期待をしています。
2008年2月10日 23時36分56秒
ひざ小僧
『軽量間接装具で関節症を矯正していきたい』
2月10日放送の膝痛矯正特集、ぜひ再放送日を教えてください。ますます高齢化する社会で、誰しもが抱える痛み、不安に答えてくれた番組に感謝します。
2008年2月10日 22時36分55秒
warabi262
my mother
私の母は、膝関節が曲がり歩くこともままならない状態です。何度か本土の病院にも行きましたが結果は同じでした。
今では、出歩くこともほとんどなくなりました。そんなとき、佐喜眞保さんの開発している器具のテレビを見ました。これだと思いました。
私の母にぜひ紹介したいと思います。
連絡方法を頂けると幸いです。
2008年2月10日 22時1分4秒
usagi39
夢の装具
素晴らしい番組でした!

膝が痛くて歩けない人には朗報でした。
知り合いにいるので左喜眞さんのこと知らせたらきっと大喜びするでしょう! 
左喜眞さんではないが喜びの顔を見たいです。

浅香光代さんも20年間も痛いのを我慢して
舞台に出ていたのですね。感動しました。
2008年2月10日 21時56分48秒
夢見る夢子
手術を躊躇しています。
今、お医者さんから、骨切りという手術を勧められている63歳の女性です。両方の膝が、変形性関節炎で、特に、左足は軟骨が磨り減っていて隙間がありません。手術に、2ヵ月半の入院が必要ですが、現在89歳と、91歳の両親がいて、その間のことと、勤めの問題で、躊躇しております。私の場合でも、それが可能であれば、自分の足で、これからの長いであろう人生を、生きて行きたいと思っています。どうか、先生をご紹介くださいますようお願い申し上げます。 
2008年2月10日 21時20分33秒
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.