ファンメッセージ

ファンメッセージへの投稿受付は終了しました。
たくさんのメッセージありがとうございました!

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |20*| 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87

明後日は最終回ですね。(^-^)

明後日が「運命の人」の最終回かと思うと、さびしいです。

1月〜今まで見慣れた弓さん、山さん、三木昭子さんたちともお別れなんだなあと思うと寂しいです。

山さんは、山崎豊子さんの作品でどの登場人物に近いのだろうと考えていたら、「白い巨塔」の里見助教授かなと思いました。弓さんは、同じく「白い巨塔」の財前五郎です。(野心的なところ、傲岸不遜な態度が最も近いです。)三木さんは、最初のころは、「華麗なる一族」の万俵家の家庭教師兼執事の高須相子です。

4月以降の楽しみがなくなるのはさびしいです。また、いつかDVD化され、同時に未来に向けた「運命の人」を再放送してほしいです。

また、短編でも山崎豊子さんの作品には、素晴らしいものがあります。同じ新聞記者を扱った作品としては、「ムッシュ・クラタ」と「死亡記事」です。

この2つで弓さんと山さんが再度共演してくれることを祈ります。弓さんと山さんはいい意味でライバルだなと思いました。

御室 みやじ/女性 (37)  2012.3.16 (Fri) 14:20

いよいよ最終回!

今週末は、いよいよ最終回ですね。

どんな結末になるのか?
楽しみというよりも、何かもっと深い感覚で・・・その当時の沖縄のこと・・亮太のこと・・由里子のこと・・由里子と亮太のこと・・昭子のその後など・・いろいろと知りたいし、感じたいし、見届けたい。。。

由里子には、最後まで亮太に寄り添って生きてほしいと願う。
昭子には、夫や過去にとらわれず、前向きに新しい人生に向かって、歩んで行ってほしい。
亮太には、現実をしっかりと受け止め、今後の人生の生きがいを見つけ、前向きに生きてほしい・・由里子と一緒に。。。
そして、HAPPY ENDで、終わってほしい。。。

と、原作を読んでいない私の切なる想いです。
最終回を味わうために、あえてこの結末を知ろうとせずに、この一週間を過ごすつもりです。
ただ、前回の放送後に、ちょこっと映った最終回予告は見てしまったので、亮太が単に自殺では死なないことはわかりました。それは、よかったと思う。
2時間、どのように時が過ぎていくのか・・怖いような・・でも楽しみなような・・やっぱり複雑な想いですね。

第9回も見ごたえありましたね。
すぐに感想を書きたかったのですが、いろんな想いが渦巻き、うまく書けず、断念しました。その日は、震災後一周忌でもありましたし・・・。
人生って、大変な時に大変なことが重なることって、確かにありますが、亮太にはお気の毒でした。
由里子は複雑な想いを抱えながら、玲のプロポーズには応えず、昭子に対しては、自分を犠牲にしてまで、亮太を守りたいという亮太への強い想いを表現した。
昭子は何を確認するために由里子に会ったのか?
結果は、由里子のまっすぐな強い亮太への想いを感じ、自分の弱さ、醜さ、愚かさなどを感じ、さらに由里子への嫉妬も相まって、あのような暴言を吐いてしまい、もう元には戻れなくなってしまった。
真木さんがその役、その場面を演じるに当たり、“涙”を耐えた・・とのことだったが、その気持ちがよくわかる。
本当に、由里子と昭子は二人とも亮太を心から愛していたのに、性格や佇まい、表現の仕方が正反対だったと思う。

長くなってしまいました。それでは、最終回を楽しみに・・・。

ゆんた/女性 (48)  2012.3.16 (Fri) 11:10

日曜日楽しみに拝見します。

初回の放送を見てからすっかり嵌まり今まで欠かさず観てきましたが、いよいよ最終回を迎えることになりましたね。私にとっては早い3か月間でした。
沖縄にて弓成亮太は生きる希望を見出すのか、家族の再生はあるのか、一見酷い女性のように観えたけど、本当は孤独で寂しい女性に観えてしまう三木昭子さんにも救いはあっても良いと思うのですがどうなってしまうのか。。。
あさっての2時間SP楽しみにしています。

ブルーサルビア/女性  2012.3.16 (Fri) 10:43

弓成亮太

第9話、拝見させていただきました。
毎週日曜9時をすごく楽しみにしていたのに、
次週で最終回だと思うと、とても寂しいです。
色々と考えさせられますが、
素敵なドラマに出会えたことを嬉しく思います。
最終回はどのような結末になるのか、正直予想できませんが、
最後までしっかり見届けたいと思います。

あい/女性 (20)  2012.3.16 (Fri) 08:51

最終回近しですね

今日、一話から又観なおしてました。
昭子が今まで何もときめく事も無く、淡々と仕事をこなして来た日々に弓成という記者と出会い、好きになってしまった。

食事の帰りに昭子がもう少し飲みませんか?と雨の中走って来た時から弓成の心にも少し野心が芽生えたかも・・・。
昭子が自分に好意をもっている事で機密文書を手に入れたけど、続けてるうちに罪悪感も有ったと思います。元来の弓成の取材の仕方には無い事をしてしまった。だから、昭子が嘘の証言をしても甘んじて反論しなかった。
本当に悩み苦しんだと思います。が、記者としての
生命を絶たれる覚悟は有ったのでしょうか。
国家と検察はスキャンダルで追い込んでくる。
弓成はあくまで密約を問題にして佐橋を追い込みたい。やはり、国家の権力には勝てない。
国民もスキャンダルにどんどん目が行く。
なんか、今でも有る事なので、やるせない気持ちになります。黒を白にする国家権力。恐ろしい事だと思いました。

定期的にこういうドラマを制作してください。
よしろくお願いします。

ぺぺ/女性  2012.3.15 (Thu) 22:09

運命の人

今回のドラマである「運命の人」。テーマは、沖縄返還についてですが、私は詳しいことはわかりません。しかし、出演されてる演者の皆さん最高です。

Aki/男性 (25)  2012.3.15 (Thu) 21:45

大森南朋さん、ご結婚おめでとうございます。(*^-^*)

昨日の読売新聞の夕刊で、読日の山さん役の大森南朋さんがご結婚することを知りました。(*^-^*)

読日の山さんが独身だったこと、今まで知りませんでした。(;☆

ご結婚おめでとうございます。そして、奥さんと末長くお幸せに!!(*^-^*)

御室 みやじ/女性 (37)  2012.3.15 (Thu) 14:22

色々な人の謝罪

この物語は、事実を元にしたフィクションだとはわかっていますが、核心部分は事実です。
若気の至りで機密文書をかざして、その内容よりも、ばらした人間を断罪するという具合に、物事の方向をゆがめることになった議員。三木の偽りの手記を記載し、世論を誘導した週刊誌。
女性運動のさきがけとして、時の政府の世論操作を鵜呑みにし、三木を支援しようと騒ぎ立てた、進歩的女性たち。
ドラマを見ると、あの日の自分の過ちに気付き、じくじたる思いになる方が多いのではないでしょうか。
あちこちに、このドラマのスレッドが立ち上がっています。大変な反響だと思いますよ。原作と、作品に命を吹き込んだ俳優陣、そしてテレビスタッフの力です。今や視聴率と言うのが信憑性の無いものになっているのかもしれませんね。ドラマのTBSといわれた頃を思い出す、渾身の作品です。あの頃はシアンに振った色調も他とは一線を記していました。そんなことも思い出します。久し振りに大人の鑑賞に堪える作品に出会い、充実した3ヶ月でした。心より御礼申し上げます。
番宣も、切り口を考え最後まで頑張って! 視聴者も口コミ頑張ります。

感謝/男性  2012.3.15 (Thu) 07:46

本木さんと松重さんのシーンに感動しました

通勤時間と昼休みに、スマホでやっと9話を見ました。
見逃し配信助かります。
ありがとうございます。

日曜には重いとの声もありますが、私は運命の人を見ると闘志が涌くので、通勤に見てよかったですd(・∀<)


今回一番感動したのは、


弓成さん退職の司部長とのシーンでした。


電車で見ていたので、必死で涙をこらえました。

松重さんって少し強面でもの静かな役のイメージでしたが、今回は部下思いの司部長を見事に演じていらっしゃいますよね。



松重さんの

『君を尊敬する』


という言葉に対する 本木さんの


『勿体無いお言葉です』


には、かなりジーンとこみ上げるものがありました。
司部長は上司の鏡ですね。




由里子と昭子のシーンも原作にはありませんが、感動しました。
松さんは由里子に、真木さんは昭子になりきってらっしゃいますね。


そして本木さん、今回も迫真の演技でした。
洋一くんとのシーン、鯉沼さんに頭を下げるシーンは切なくも男らしかったです。
由里子に向ける切ない眼差しがたまりません。

あまり特定の俳優さんや芸能人にハマッたことのない私ですが、本木さんにはめちゃめちゃ魅了されてます。
本木さんが主演されたおかげで、弓成亮太が大好きになりました。

原作が山崎豊子さんなので、素晴らしいのは当たり前ですが、抜群のキャスティングで、キャラクターに命が吹き込まれ、ますますこの作品が大好きになりました。



最終回寂しいです。。。週一番の楽しみといっても過言ではないぐらい、この作品が好きです

でも、沖縄編、とーーーーーっても楽しみにしています。

ぐりんぴーす/女性 (29)  2012.3.14 (Wed) 21:08

時代の変遷

ファンメッセージを読み返してみました。
「沖縄問題のドラマだと思ったのに、男女の泥沼関係で期待外れ」というご意見がありました。
それこそが、この沖縄機密漏えい事件の本質なのだと思います。政府の嘘を「密かに情を通じ」という言葉で、男女の痴情問題にすりかえたのです。
その後、新聞は官房長官の談話を無批判に掲載するように段々なっていきました。
数年前、元検事で当時国会議員だった某氏が「あの『密かに情を通じ』という言葉を入れたのは私なんですよ」とTVのワイドショーで自慢げに言っていました。さすがのキャスターたちも唖然呆然として、返す言葉を失っていました。
由里子さんだって、現代だったら、子供が「エロ記者の父ちゃん」とかいじめられるから、旧姓に戻って転校をさせたでしょう。
昭子は嫌な女です。あのような女性はいつでも存在するでしょう。しかし、彼女の寂しさを利用した権力こそが罪深いのです。
ノーベル平和賞も「妥当」と思えるのは数年に一度で、あとは「内政干渉ではないの?」とか「なぜ、この人に?」と思うことが多いです。
現実生活では、若い女性の方は昭子タイプに負けないで下さい。
深夜のドキュメンタリー(録画)とワールドニュースしか見ない私が、「運命の人」には録画してのめりこんでいます。こうしたドラマ離れ、TV離れをした視聴者のために、見ごたえのあるドラマをこれからも製作してください。スタッフの意気込みと同時に、すべてのキャストの方々が自分の役を十分に消化して演じていらっしゃるのには敬服します。

dreamy goldfish/女性 (62)  2012.3.14 (Wed) 19:14

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |20*| 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87

ページトップへ