現場レポート

Vol.41 ご視聴ありがとうございました!

2012.03.18

日曜劇場『運命の人』 最終回 沖縄編 はいかがでしたか?

沖縄の人々の支えにより、絶望の淵から脱した弓成。
夫と支え続け、向き合うことの出来た由里子。
「 未来を変える 」ために、沖縄で奮闘する弓成のこと知り、正直な気持ちを第三者である山部に伝えることが出来た昭子。
弓成を支え続けた山部。

ハッピーエンドとは言い切れない結末でしたが、それこそが日曜劇場 『 運命の人 』 が伝えたかったことのひとつ。今、この瞬間も沖縄の人々の苦しみは続いているのです。
日曜劇場 『 運命の人 』 全体のご意見も含めて、感想は ファンメッセージ までお願いしますね。

さて、最後のレポートでは最終回撮影の様子をお届けしたいと思います。

まずは、由里子と昭子が空港ですれ違うシーン。
このシーンで本州ロケはクランクアップ。松さんと真木さんは、すれ違うタイミングを何度も合わせており… 「 (松さん)今のよかったですよね 」 「 (真木さん)ですよね! 」 などと、終始和やかなムードで行われており、由里子と昭子が違う出会い方をしていたら…とWebスタッフは少し想像してしまいました。
そんな空港シーン撮影後、 「 撮影前は、このシーンの撮影が終わったらスッキリした気持ちで沖縄へ行けると思っていたんです。けれど、撮り終わったらグズグズした気持ちになってしまいました。 “ 由里子はどんな気持ちで沖縄へ行くんだろう。 ” “ 沖縄へ行っても弓成に会えるという保障はないし… ”と、不安になってしまいました。そんな感情をいただけたのは、真木さんのおかげ 」 と松さん。シーンとしてはほんの一瞬でしたが、印象に残った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

(写真)

会話はなく、互いにお辞儀をするだけ。2人のラスト…。

続いては、沖縄ロケより。
「 沖縄県民総決起大会 」 では、沖縄在住のたくさんの方々にエキストラ参加していただきました。撮影前には本木さんより、撮影するシーン、水分補給など暑さ対策、体調不良の際の連絡、長時間の撮影となることなど、細やかな説明と挨拶が。 「 『運命の人』を沖縄のみなさんと一緒に作り上げたい! 」 という本木さんの言葉には、とても大きな拍手が起こりました。

(写真)

エキストラさんの前で挨拶する本木さん。

そんな 「 沖縄県民総決起大会 」 シーン撮影は…とにかく暑かった!!
1月末の沖縄は、やっぱり寒いんだね〜 」 などと、キャスト&スタッフで話すことが多かったのですが、この日のお天気には 「 晴れて欲しいときに晴れてくれた! 」 と本木さんも大喜びでした。
そんな中、行われた撮影は、キャストのみなさんはもちろん、エキストラの皆々様にも様々な演技をお願いしなければならず…。スタッフだけでは伝えきれない演技指導を、 「ここは怒りの表情で 」 「 カメラはコチラから撮影していますから、カメラを見ずに、前を向いて話を聞いている体勢で 」 などと、エキストラの皆々様にも分かりやすい説明役を本木さんは自ら進んで行ってくださいました。また、本木さんは緊張した様子の方を見つけると、気さくに声をかけたり、ご自身が映らないカットもその場で見守っていたりしておられ…撮影の合間にエキストラの方に感想をうがかうと、 「 撮影ってこんなにも時間がかかるんですね。けれど、本木さんが優しくて大好きになりました! 」 というようなお言葉をたくさんいただきました。

エキストラ参加してくださった皆々様、ありがとうございました。

(写真)

たくさんのエキストラのみなさん。朝から日暮れまでありがとうございました!

米粒よりも小さいですが…現場で撮影した写真は コチラ に掲載しています。


最後は、弓成が由里子のために、三線を弾くシーン。

(写真)

ドライリハーサル中!砂浜にキャスト&スタッフがいます。

由里子のために歌った沖縄民謡は、 「 伊良部トーガニ 」 という曲です。沖縄県宮古島の西にある伊良部島の伝統民謡で、男女の純愛の歌。
哀愁たっぷりに歌う弓成さん( “ゆみなりさん”という沖縄の発音、Webスタッフは好きです )が、とても素敵だったと思いませんか!?
 本木さんは撮影直前まで練習されており、 「 何度も練習しちゃってごめんなさい。聞き飽きた? 」 と松さんに気を遣われていましたが、 「 素敵ですよー 」 と松さんは海を見ながら本木さんの歌声に耳を傾けていました。

(写真)

こちらもドライリハーサル中!

弓成と由里子、ミチと照屋、渡久山と儀保。青く澄んだ海を前に三線の音がなり響く中、 “ 極秘ファイルの発見 ” という嬉しい便りが届く…という物語終盤の印象的なシーンは、お天気の神様が味方してくださり、とっても心地よい気候の中行われたのでした。

(写真)

撮影中のひとこま。

そして、最後の最後にひとネタ。
第1話から最終回まで、様々なところで、弓成の書いた文字が登場しましたが…。
実は、全て本木さんの直筆なんです!
空き時間や撮影終了後など、本木さんは時間を見繕ってはノート、手紙、メモなどなどに文字を書き込んでらっしゃいました。急いで書いたのか、丁寧に書いたのか、弓成の心境や文字を綴った状況を思い浮かべ、文字を綴られたそうです。

(写真)

台本の表紙の題字も本木さんの直筆です!!

さて、視聴者の皆様。
日曜劇場『運命の人』を最後まで応援してくださり、本当にありがとうございました!!
最後に、本木さん、松さん、真木さん、大森さん、北大路さんのオールアップの写真をお届けします。

(写真)

北大路欣也さん(佐橋慶作)。一足先に失礼します。それぞれのポジションでベストを尽くしてください。すばらしい作品に出演させていただき、ありがとうございました。

(写真)

大森南朋さん(山部一雄)お世話になりました。僕的には、山部の横分けが過ぎないかと気になっています、笑。楽しい現場でした。

(写真)

オールアップ記念。弓成と山部の2人のシーンをまた見たい!と思った方も多いのでは?!

(写真)

真木よう子さん(三木昭子)「あっという間の3ヶ月間でした。最初は不安もありましたが、とても温かい現場でいいお仕事をさせいただいたなと嬉しく思っています」

(写真)

ドラマでは見られなかった!!由里子と昭子の抱擁シーン♪

(写真)

松たか子さん(弓成由里子)「お世話になりました。私自身、役目が果たせたかどうか分かりませんが、非常に楽しい撮影でした」

(写真)

「最後まで主人のことをよろしくお願い致します〜」と松さん

(写真)

本木雅弘さん(弓成亮太)。本木さんは2012年現代の特殊メイクでオールアップ!「スタッフも含めて、スタッフのみなさんの努力がひしひしと感じられる現場でした。ありがとうございました」

では、みなさん !!
最終回までご視聴いただき、本当に本当にありがとうございました !!

ページトップへ