ファンメッセージ

ファンメッセージへの投稿受付は終了しました。
たくさんのメッセージありがとうございました!

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |15*| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87

お疲れさまでした

 第一話から最終話まで毎回あっという間と感じるほど、このドラマに惹き込まれました。主演の本木さんをはじめ、キャスティングも素晴らしく、役者の方々の演技は見ものでした。音楽もよかったですね〜 
 運命の人を通じ沖縄についてクローズアップされ、考える契機にもなったと思いますが、現状は厳しいものがありますね・・・このようなドラマ制作に携わった方々に心より感謝いたします。ありがとうございました!

WR/男性 (30)  2012.3.18 (Sun) 23:46

本木さんの衣装

本木さんのスーツ姿、当然全てオーダーメイドだと思うのですが、毎度惚れ惚れしてしまいました。

Goody/男性 (44)  2012.3.18 (Sun) 23:43

お疲れ様でした。

こういう重厚で素晴らしいドラマが視聴率が低いというのは、残念な限りですね。
今後もそういったものに負けず、太い作品を提供してください。お疲れ様でした。

にんじん/男性 (40)  2012.3.18 (Sun) 23:38

沖縄の問題

沖縄に赴任した友人が、沖縄の人の本音はわからない。基地に反対の人が本当にそう思っているかといえば、反対と言いつつ、基地が移転して仕事が無くなるのは困ると内心で思っていたり、基地を容認している人が、逆に、本当は反対だけれど、経済の為には仕方がないと思っていたり、何処まで言っても、その繰り返しだと、複雑な事情を話していました。でも、この作品を見て、本土の人たちが、沖縄に色々な問題を押付けてきたことだけは実感しました。
最終回はあっという間でしたね。
ただ、今回で、内地版の俳優さんの実力を実感しました。大森さんや松さんが出ると、人物の複雑な感情を感じて、物語が一気に本格的になります。文芸作品と言うか…。凄いの一言!
三木は、もしこんな風に思うのだったら、今度こそ、そんな手記を出して欲しい。まあ、この辺りはフィクションだから、実際は違うということでしょう。最後まで、三木に対して贖罪の気持ちを持った弓成。そんな弓成と山部の友情が素敵でした。素敵な日曜日の夜を有難うございます。来週から、どうしよう?

K.K/女性  2012.3.18 (Sun) 23:31

闇を光にかえる人たち

というフレーズが好きでした。とうとう終わってしまいました。すべてのキャストの人が素敵でした! 

 このドラマでずいぶんジャーナリズムや沖縄返還後の70年代から今2012年に至るまで一度として途切れることのない米軍基地問題を学びました。ありがとう!!運命の人!

 興味本位で”知りたい”と思う側のニーズにあわせかかれるスキャンダル記事やワイドショーが、女性の守られるべき自尊心を壊していること、傷口を広げていることを強く憤りを感じました。人として恥じる行為だと思う。沖縄の真実を見えなくしてしまったのは国家はもちろんスキャンダルをかく週刊誌の記者ではないか。 ・・・・そしてその視聴者や購読者である以上は加担していることも決して忘れてはならないと。

 沖縄の地元新聞がデリケートな事件を“暴行”とはかかずに”乱暴”と言葉を選んだことに、被害者側の立場で報道しようというところに誠実さを感じました。原作にはその葛藤が詳細に書かれています。また引っ掻きまわされるかもしれない自分の過去を乗り越え、ペンをもった弓成さんの姿には涙が止まらなかったです。 
  
 上質のドラマでした。これで文庫を読む方が増えて
2時間では伝えきれなかった”沖縄戦”や”米軍による不条理な災難の数々”を伝えることができたらもっといいですね。このドラマが視聴率関係なく注目されていたことは事実、一石投じた意味を日本人が追いかけていくと信じたいです。

 今も署名記事で自分たちマスコミの責任を背負い書き続けるM新聞社に、由里子さんが弓成記者に救いを求め続けた”ジャーナリズムの良心”をみつめていたいです。


 

syo/女性 (40)  2012.3.18 (Sun) 23:29

このドラマはフィクションです。

この話はフィクションであるはずだが、ネットでは、不都合な真実は国民に明かされてはいないという所に共感した多くの人が、政府やマスコミは反省すべきという意見をアップしている。最期のナレーションで震災にも触れており、政府批判の世論を誘導していると言わざるをえない。フィクションだからといって何をどう描いてもいいというわけではない。

やま/男性 (42)  2012.3.18 (Sun) 23:28

最後まで

密約の重大さと主人公の敏腕さが全然伝わりませんでした。

高千穂/女性 (17)  2012.3.18 (Sun) 23:28

 毎週楽しみに見ておりました。
最終回、心に刺さりました。以前から山崎豊子さんの
映画やドラマを見てきましたが、沖縄問題・政府の隠蔽...いろいろな問題を、ドラマとしてすごくいい表現出来た作品だったと思います。
今年沖縄に行っていますが、また秋に行こうと思っていますが、また違った視点で行ってみようと、思います。

宮崎のひとり/男性 (38)  2012.3.18 (Sun) 23:28

最終回良かったです。

自分は沖縄の過去、現在をあまりにも知らなさすぎた事に心が痛いです。戦時中、本土決戦を遅らせる為、日本国は沖縄を楯にした事は一人の先生に教えられ、何となく知りました。でも、以降学校で近現代の歴史は余り深く教えてもらわなかったです。

最後に広島、長崎に原爆投下された事は結構記載されていた様に思います。

私の父も戦争に南方戦線出兵しましたが、何も語ってくれませんでした。

修学旅行で長崎に行き原爆資料館を見学して、涙しました。校外学習で映画のひめゆりの塔を観た時も皆で泣きました。私達と同じ年の女学生が必死で兵隊さんの看護をし、泣く事も忘れるくらいの衝撃の日々の中、しばし皆で歌を歌う事で少しの間、両親の事、兄弟姉妹の事、子供の時の楽しかった事を個々に思い出していたのが印象的でした。

先生が映画が終わってから、皆さん、この映画は沖縄戦下で実際に有った事です。貴方達は今平和な時代に生き、自由に笑い、遊べる事を幸せと思ってください。そして、沖縄の方々に鎮魂の気持ちを持ってください。と言われました。

今も沖縄基地問題が有ります。これからは、心して状況を見守りたいと思います。

ぺぺ/女性  2012.3.18 (Sun) 23:27

いいドラマでした。

今も何も変わらない沖縄・・・真っ青な海と空が本当に心に痛っかたです。本当に、本当に辛い過去がある沖縄。この番組を観てもっともっと沖縄を知らなければと思いました。キャスト、スタッフの方々、お疲れ様でした、そしてありがとうございました!!!

モカママ/女性 (50)  2012.3.18 (Sun) 23:27

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |15*| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87

ページトップへ