(写真)

ファンメッセージ

ファンメッセージの受付は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 |103*| 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142

不思議だな〜

ドラマ的な設定は「妻の記憶喪失」という1点だけで、あとはごく当たり前の日常生活を描いているような物語なのに、どうしてこうも見ている人の気持ちを揺さぶってくるのだろう?
一度見始めてしまうと、もうダメですよね。いつまでも物語から抜け出せません。まるで何か魔法にでもかかったかのようです。繰り返し見ても全然飽きることがない。こんなドラマを見たのは初めてです。

あらためて、どの回を見ても凄いなあと思います。
何度でも泣けるし、微笑ましいし、切ないし、暖かいし。胸がキュンキュンするのに、でもなぜか爽やかで。自然に見る人の心に訴えかけてくるメッセージが穏やかな優しさにくるまれていて、「じんまり」します。

最終回の素晴らしさは、もう言うこと無いですね。どのシーンもとてもステキですが、あえて穴馬をねらうとすれば(笑)、一晩中日記を呼んで朝を迎えた可南子さんと万里子お母さんとのやりとりがすごくいいです。万里子さんの語る台詞は、この物語の主題を端的に表しているようですし、この場面の可南子さんは、何か少し吹っ切れたような表情じゃないですか?
それに、この時可南子さんが口にするのが「サクランボ」!もちろん初回からのサクラつながりですよね。何かスタッフの皆さんのこだわりというか執念みたいなものを感じちゃいます。
それにしてもサクランボって、綺麗に食べるのがなかなか難しいのに、和久井さんの食べ方がまた、可愛いんだな〜、これが。

可南子・ラブ/男性 (20)  2012.7.4 (Wed) 01:26

また桜の咲く頃に

今更ですが…最終回、素敵でした。
なによりやっぱり、パパな波留さん、ママな可南子さんを見られたこと、それがすごく幸せです。
波留さん、子供を持つことへの葛藤を超えて、息子さんに眩しい笑顔を向けるのがなにより印象的でした。しかも隣には可南子さん。可南子さん、忘れてしまってはいるけど、ずっと願っていた「子供がほしい」という願いが叶って、しかも隣には記憶をなくしたことさえ受け入れてくれた優しい波留さん。
自分の日記を読むのが怖かった可南子さんだけど、きっとその分説得力も大きかったのでしょうか。日記の中の自分が今の自分に教えてくれる波留さんの存在と、そして目の前にいる波留さんが、ズレていなかった。波留さんといる自分が、確かに幸せを感じながら生きていた。そう確信が持てた時、過去の自分と今の自分が一緒になったような気持ちになって、だから「幸せでした。すごく幸せ」って、断言できたのかもしれませんね。

「平凡な幸せを一緒に迎えにいきたい」
なんて素敵な言葉なんだろうって思いました。
二人が手に入れたのは、普通の幸せ。大切な家族がいる、そんなまあごく平凡な幸せ。私たちはその中にいても、その「平凡」がどれほど眩しく輝いているのか、分からないのものなのだと思います。でも二人は、その「平凡な幸せ」がどれほど眩しくて、大事なものなのか、特に波留さんはより一層分かったのかもしれませんね。そして、二人が幸せそうにしている姿を見て幸せだと感じる視聴者に、「平凡な幸せを大事にしませんか」と教えてくれているのだと思います。
敬語だった可南子さんが、波留さんとじゃれ合えるほどになった、6年間の平凡な幸せの積み重ねを想います。この物語を、竹野内さんと和久井さんで描いて下さったことに感謝します。ほんとに、ほんとに素敵なお二人でした。

一つだけ欲を言えば、ラストの親子3人のシーンは、お子さんがもう少し小さい頃がよかったな、なんて思います。
可南子さんがだっこしてるくらいの「ママ」な姿が見たかったです。2人が新しい一歩を歩み始めた瞬間、であったり、確実に近づいたふたりの距離、が感じられたような気がするのです。
また、このお話のような繊細なこころの動きを感じられるドラマがみたいです。
ほんとうにお疲れさまでした。ありがとうございました。

さら/女性 (23)  2012.7.4 (Wed) 01:21

もうプロ病です....

皆さんと同じく何度もリピしております
もう当分どうにもなりそうにないです
画面見ると.....波留と可南子さんの会話見ると
心が落ち着きます(私の”よりどころ”になりました) 何度も見て色々な事が見えてきたり....
(奥の深いドラマです)今日はなぜ朗読会がハ-メルンの笛吹き男なのか考えてました.....(子供たちの旅立ちのメツセ-ジかな???)
竹野内さん.和久井さん.全出演者.関係者の皆さん
すばらしいドラマありがとうございました.
波留と可南子さんの幸せそうな姿が目に浮かびます
(竹野内さんと和久井さんには私生活でも共に幸せになつて欲しいです・・・和久井さんは色々苦労なされてるので・・波留さんが一番お似合いだと思います)

たけお/男性 (45)  2012.7.4 (Wed) 01:10

ONLY ONE

視聴率を見ていたらnaviconニュースのコメントがあり、「もうプロ」の評価がありました。

視聴率には反映されなかったものの「大切に長く記憶にとどめていたい」と思わせるドラマがあり、
本作には、奇をてらった演出もなければ、失礼ながら話題を巻き起こすようなキャスティングもない。ごく地味な、ドラマとしてはやや使い古された感のあるストーリー、演出ながら、作り手と演じ手の真心が感じられる素晴らしい作品。
本作の公式サイトやファンメッセージに「途中から観た」や「たまたま見たら…」というような書き込みが多いことに驚いていたと・・・
そしてあらすじをホームページで見られるとお勧めの紹介もありました。
専門家にもちゃんと評価してくださっている方がおられて、ファンとしては、「うんうん、そうです!!」嬉しかったです。
本当に視聴率では高くなくても、見るものに長く、あるいは一生心に残る唯一無二の作品であり、一時期のただのドラマではありませんでした。

もうプロ大好き/女性  2012.7.4 (Wed) 01:09

子供の名前は

二人の宝物であろう息子くんの名前はなんだろう?と気になって、勝手に妄想しまして(*^^*)二人の出逢いのシーンの象徴の桜と、太助じーちゃんから一文字頂いて《桜太》君なんてどうです?(^-^)/ああ…(--;)まだまだ妄想の日々が続きそうです(;´д`)

まい/女性 (31)  2012.7.4 (Wed) 01:05

特典映像に入れて下さい!!

TBS様、お願いがあります!
DVDやブルーレイの特典映像に入れて欲しいシーンがあります。

撮影日記でもお話されていた、
6話、波留の『離婚しよう…うっそー!』
2話かな?3話かな?ミズシマオートで、桂と波留とでデート本を取り合うシーンでの、
桂『40手前の男がこんなの見ちゃダメです』
波留『40手前じゃなくて、40過ぎてるっつーの!』
文面だけでも想像できますが、こんなお茶目な竹野内さんのアドリブを、どうしても映像で見たいのです!!
どうかどうかお願いします。。。

カノン/女性  2012.7.4 (Wed) 00:33

改めて、好きです

最終回までハマって見ていましたが、8話までの録画が見られなくなってしまいました!
10月3日までおあずけなのです(涙)
虚しく、録画が残っている9、10話を繰り返し見ていますが、2話分をじっくり見ていて、改めて波留さんに惚れ直しました。
可南子に指輪をはめた波留、直後の真顔から、可南子が微笑むのを見て微笑み返す顔が、すごーっく無垢というか邪気がないというか、(大人の男性の表現には合わないかもしれませんが)本当に自然なお芝居で。
波留さん、やっぱり好きだ〜
溢れ出る優しさ、滲み出る穏やかさ、包容力、絶対に裏切らないであろう誠実さ。
竹野内さんの演技はいつも超自然で引き込まれますが、この時の波留の真顔から微笑みは、格別です。

改めて、バイクシーンも、とっても素敵でした。
カオスにリッキーの結婚式のマグカップらしきものが飾ってありますよね?小道具もステキです。
また今夜も9話と10話を繰り返して見ることにしよう(虚)

桐野様、最高の脚本でした。
これで終わりにしないでください。続きを待っています。
TBS様、よろしくお願いします!

momo/女性 (39)  2012.7.3 (Tue) 23:54

これぞ日本のドラマです!!

こんなに素晴らしいドラマを見ていなかった人がいるのかと思うと…
今すぐに見てもらいたい!!

流れのあるストーリーで、1話完結じゃないから、最初を見逃して脱落した人なんかも多いと思うんです。
本当は見たかったけど、見逃したしな〜的な。

なので、TBSさんお願いします!!
再放送は早めに…
再放送の時間的に見やすい主婦層はどっぷりはまれるドラマだし、再放送で話題になりそうな予感多々ありです☆

そして、韓流ドラマにはまっている人も帰ってきてぇー!!
って声を大にして言いたい!!
まだまだ日本のドラマに俳優陣、キラキラ輝いていますよ。

もっともっとたくさんの人に見てもらいたいなぁ。

/女性  2012.7.3 (Tue) 23:08

またきてしまいました

皆さん、もう番組は、二週間前に終わってるんですよ。
でもまたきてしまった・・・。
皆さんのカキコを読んで、なんかほっとします。

最近、取引先の修理工場のおじさんが、つなぎですが、 妙に気になります。つなぎ姿にだけですが。

ブルーレイ、予約したので、再放送はいいんですが、SPを希望します。
でも番組が終わってもきのファンメッセージコーナーの賑わいが話題になって、再放送されたらうれしいな。
皆さん、じゃんじゃん書き込みましょう。

KOUGA/女性 (55)  2012.7.3 (Tue) 23:04

大好きな竹野内豊さん☆

「もう一度君に、プロポーズ」最高でした!!
波留さん、めちゃカッコよかったです☆
でも、可南子さんのことを想って悲しんでいる波留さんを見ると、心が締め付けられました・・・
それでも可南子さんのことを一途に想っている波留さんを見ると、もっともっと竹野内さんのことが好きになってしまいました///

竹野内さんのことはずっと好きで、「BOSS」の野立さんも大好きでした。(今もですが(笑))
「Tomorrow」もカッコよかったですね☆
そんな竹野内さんだから今回のドラマを見ようと思ったのですが、本当に見ることができて良かったです!!
この『宮本波留』という役は、竹野内さんだからできた役であり、他の誰かでは絶対に務まらないと思います。

最後に、無事に可南子さんと結ばれて本当に良かったです。波留さんが二度目のプロポーズをしたあとに抱き合っていたときは、微笑ましかったです。
でもその反面、とても苦しかったです・・・
ごめんなさい、竹野内さんが大好きです。
私にもプロポーズして下さい!!
今回のドラマで、より一層竹野内さんのことが好きになりました。
竹野内さんの活躍が、私に元気を、勇気を与えてくれます。
これからも大好きな竹野内さんのことを、応援し続けていきます!
体調に気を付けて、頑張って下さい!!

hika/女性 (13)  2012.7.3 (Tue) 22:19

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 |103*| 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142