(写真)

撮影日記

【vol.24】前に進むために必要なこと

2012.06.20

太助さんは旅立ってしまったけれど。演じる小野寺さんはおっしゃっていました。
「親が子より先に逝くのは当たり前のことなんですよ。そして、波留と可南子さんがその現実を見て、前に進むきっかけになってくれるなら、それが一番嬉しいことなんですよ」と…
穏やかな、そして深い愛情を注いでくれた太助さん。一足先にクランクアップを迎えてしまったのですが、とてもいい笑顔でした!

(写真)

後悔はないんじゃないかな

そして、最終回を目前に控え、キャストの皆さんも次々にオールアップを迎えました。
万里子さん、裕樹くん、桂ちゃん、ミズシマオートの皆さん…この作品を深く愛してくれていました。改めて皆さんのインタビューを読むと、最初の暖かな気持ちで最後まで丁寧に演じてくださったんだな、というのが本当によく分かります。
山本さんは「自分にとって、とても難しい役で、最後まで緊張したままでした。」とおっしゃっていましたが、すっかりスーツの着こなしもサマになっていましたよね!守ること、守られることを知った裕樹くんの成長を一番喜んでいたのは、演じていた山本さんかも知れないな、と思ったHPスタッフです。

(写真)

一番成長した役でしたよね

倉科カナさんのオールアップはミズシマオートでした。「この赤いつなぎともお別れで寂しいですね…。」と寂しそうにおっしゃっていた倉科さん。カナちゃん、本当にステキな女性になりましたよね!次は本当の恋をして、さらにステキな女性になってくれることを願ってやみません。

(写真)

修理のシーン、楽しかった!

そしてそんな桂ちゃんのことが大好きな進藤くん、果たして実るときは来るのでしょうか(笑)。裕樹くんがやってきたとき、対抗心むき出しでいい感じ!うーん、次はここで三角関係が発生!?最終回では一緒に飲むことになりそうだけど、どんな飲み会になるのでしょうか…

(写真)

桂に気があるのか!?

(写真)

合コンよろしくね☆

みんなみんな、本当にあたたかくて、それぞれが誰かのことを考えているドラマです。水嶋社長、万里子さん、大橋館長…悩んでいる人たちをきちんと導いてくれる、親子ではなくても「家族」という大切な存在、導いてくれる優しい手です。そうして教えてもらったことを、波留さんたちはまた桂ちゃんたち、後輩に引き継いでいって…大切なこと、優しい気持ちは途切れることなく続いていくものなんだと思っていただけると嬉しいです。

(写真)
(写真)
(写真)

あさっていよいよ最終回、たくさんの人たちに守られ、導かれ、そして自分の足で進んできた波留さんと可南子さん、どんな未来がそこにあるのでしょうか。
未来に繋がる道、それはきっと目の前に。二人の未来、そして大切な家族たちの未来を、22日金曜日の夜10時、どうか一緒に歩いてください。

(写真)