(写真)

ファンメッセージ

ファンメッセージの受付は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |31*| 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142

素敵なドラマをありがとうございます。

毎週金曜日が寂しくて仕方ありません。ハルとカナコに逢いたいです・・・。このドラマを見てから、夫婦の過ごし方が変わった気がします。お互いが相手の事を思いやれる様になった気がします。このドラマやスタッフの皆さんに感謝です。本当にありがとうございます。また逢える日を楽しみにしています。

☆♪TINK♪☆/女性 (35)  2012.7.28 (Sat) 01:33

一緒に食べよう

本当にこれで最後のメッセージにしようと思います。
ちょっと気になるシーン、どなたも書いていなかったので、ちょこっと書きたくなりました。
太助パパの病気が分かり、波留が実家で生活し食事の材料を買って帰った所と、可南子にいわれて、「皮をむくやつ」といって探している所。そして、お茶を何時も出している所。
世の中には、家事のできない男性、特に中高年の方は多いと思います。
でも、波留は太助パパにちゃんと作って食べさせようとしていたし、野菜の皮を包丁ではできなかった様ですが、皮むきを使ったりして作っていたのでしょうね。波留、この時も頑張っていたんだね。
可南子の家にも時々行って、一緒に食事していたんですね。万理子ママがいつもの席と言っていたから。可南子がお父さんと食事をするってことを太助パパと食べて思ったように、もしかして親子3人での育てのお母さんとの一緒の食事を思い出すこともあったのかな・・・
家族で、親子で夫婦で、一緒に食事をして、何気ない会話をしあうって本当に大事だと思います。
朝ごはんを食べてない子供、家族で食事をしていない子供、夫婦で一緒に一日の間で1回でも、お早うのあいさつをしたりできない家庭もあると思います。
このドラマではそんな、いろいろなメッセージをくださいました。感謝します。
新着情報で、SPや続編期待しています。HPがなくなっても、見逃さないように事前に番宣をしっかりお願いいたします。ファンメッセージのみなさん、お元気で。

カナン/女性  2012.7.28 (Sat) 01:25

可南子の日記

 放送された日記のさわりだけを整理してみました。参考までにアップしておきます。

◆第1期 1989年1月1日〜2000年7月12日
・1989年 1月 1日 今年から、日記を始めてみようと思います。
・1992年 8月10日 まゆ子と幹恵江とボーリング!! 美緒は部活
・2000年 7年12日 仕事帰りに病院へ。
         〜〜〜 ユリの花粉は落ちにくい。お父さんのバカ

◆第2期 2007年4月7日〜2012年3月5日
・2007年 4月 7日 ヘンな男に会った。優しい人なのかな。
・2007年 9月16日 初めて車でおでかけ。久々の運転だったのに、隣にはいちいち口うるさい教官。
・2007年11月 2日 初めて、波留のお父さんに会った。
・2008年 1月10日 知らないうちに、波留がお父さんのお墓参りをしてくれたらしい。
・2008年 1月11日 プロポーズされた!! びっくりした!! すごい嬉しい!!
・2008年10月12日 今日から二人で暮らすのだ。
         〜〜〜 「ただいま」と「おかえりなさい」を波留と二人で言い合うのだ。
・2009年 2月18日 小さな反乱。だけど波留には、全然通じず。
・2009年 6月21日 今日も雨、そして今日も、波留は、ずぶぬれで帰宅。
・2009年 8月16日 お盆の集まりで実家へ。家の中は幼稚園状態。
         〜〜〜 もう少し、待ってみることにしよう。
・2010年11月 9日 久しぶりに手の込んだ料理を作ろうとしたら失敗。
・2011年 5月14日 小さなケンカ。波留のマイペースさには慣れたつもりだったのに。
・2011年 8月20日 そういえば、しばらく波留とは子供の話をしていない。
・2011年12月24日 波留が大事にしていた時計が壊れてしまった。
・2012年 3月 5日 映画をドタキャンされた。作戦失敗。

以上

f/男性 (56)  2012.7.28 (Sat) 01:21

本当に感激。嬉しかったです。

撮影日記#26の更新、本当に嬉しかったです。

色んなTVや映画etc..見るものはあるんだけど、何故かやっぱり時間があると波留さん、可南子さんに会いたくなって録画した分を見返す日々。
本当にこんなに好きで、心にじわぁ〜っと温かくて、心に響くドラマは久しぶりです。

太助さんが亡くなられた後の居間での波留さんと可南子さんの会話が特に最近は好きですね。
波留さんが何回か言う『ありがとう』の言葉でも一つ一つが違う表情で、一つ一つが心に響きますし、可南子さんのちょっとしたしぐさが正直で真っすぐで
素敵です。

波留さんと可南子さんの姿をもっと、もっと見守っていたいなぁ〜。
二人でどんな会話してるのかな?
お子さんとはどんな事しゃべってるのかな?

いろんな事勝手に考えるだけで幸せになります(笑)

撮影日記にもありましたが、普通の何気ない日々を大切に、幸せをちゃんと迎えにいかなくちゃいけませんね。

人生、楽しい事ばかりでは決してありませんが、その気持ちを忘れずに、大切に過ごしていきたいです。

波留さん、可南子さん、大好きです!

スタッフの皆さんの温かい心遣いが本当に嬉しかったです。
沢山の感謝を込めて。
有難うございました。

ひかる/女性 (35)  2012.7.28 (Sat) 00:48

桐野さんへ

「もう一度君に、プロポーズ」をありがとうございました。ありきたりな言葉では言い尽くせないほどの感動をいただき、ただただ感謝しています。

放送開始から全話拝見いたしましたが、昨今のテレビドラマではけっして得ることのできない刺激が満載で、放送終了後もこの物語についてふと考え込むことが多々あります。「刺激」というのは「自分の心や頭の中、理性、感性、感情のあちらこちらを揺さぶるもの」という意味で、よくある表面的なインパクトの強さとはまったくの別物です。

たぶん物語の骨格は最初から完成されていたのでしょうが、登場人物それぞれの台詞をはじめ、各話ごとの肉付けが大変丁寧で、細部に至るまで神経が行き届いた演出と相まって、ドラマに深い奥行きを与えているように感じました。このような脚本を書かれた桐野さんとはいったいどのよう方なのか、謎めいているだけにとても興味があります。

連続ドラマは監督を初めとするスタッフや役者さんの力量が試されるのはもちろんですが、何と言っても脚本に魅力がなければ台無しで、簡単に途中で見るのをやめてしまうでしょう。「役者を生かすも殺すも脚本次第」という側面が一番強く出るのが連続ドラマだと思います。

竹野内さんや和久井さんの俳優としての魅力をここまで引き出せたのは、やはり桐野さんの脚本のチカラなのではないかと思っています。

このドラマのホームページには、主な役者さんや担当スタッフさんのメッセージは掲載されていますが、(そしてもちろん熱いファンの皆さんメッセージも膨大にあって楽しいのですが)、プロデューサー、監督、脚本家といった制作者サイドのメッセージは見あたらないようです。どんな形でもいいですから、このドラマに関して何か語ってはもらえないものでしょうか。できましたら是非お願いしたいものです。

皆さんの感想とはやや毛色の違った書き込みになってしまいました。私のような素人がこのような生意気な感想や図々しい要望を書き込めるのも、このメッセージ欄のありがたいところですね。長々と失礼いたしました。

H・K/男性 (47)  2012.7.28 (Sat) 00:32

好きなシーン

毎晩ここに来て、皆さんのメッセージ読むのが楽しかったです。
気づかなかったこといっぱい教えてもらいました。ありがとうございました。
書き込みも後わずか、とても淋しいです。

今更?ですが、私の好きなシーン。
9話の太助さん波留さん可南子さん3人の食事シーン。「ボケたんじゃないの!」と太助さんに突っ込みを入れながら可南子さんをチラッ、チラッと見る波留さん大好きです。一回は可南子さんと瞳合っていますよね?
他にもいっぱい書きたいのですが、今日はひとつだけに。

書き込み終了まで、皆さんの好きなシーン。気がついた細かいところ。まだまだいろいろ教えて下さい。

チョコマロン/女性  2012.7.28 (Sat) 00:09

この日課も

後少しです。寂しいなぁ。
本当にすべてが大好きなドラマでした。
そしてファンメッセージの皆さんとの一体感も心地よかったです。と思っていたらスタッフの方までファンの為に日記更新〜ありがとうございました!
丁寧さ温かさを感じられる最高のドラマでした。

くまりん/女性 (35)  2012.7.27 (Fri) 23:43

寂しさの中、最っ高にうれしかった。

ドラマが終わって5週間。ここへくるのが私の幸せでした。顔も見えない方々との数々の共感は、ドラマにどっぷり嵌り病になった私には本当に嬉しい癒される幸せな場所でした。

書き込み終了を知り、ほんと〜に寂しくて泣けちゃいました。本当に最終回を再び迎えた時のようなせつない気持ちです。

そんな中、一方通行だとばかり思っていたホームページスタッフさんからの撮影日記の更新は、物凄く嬉しくてまた涙でした。
ドラマの放送が終了して1カ月以上も経つのに・・・キセキのような出来事で本当に感謝します。

何よりミズシマオートの写真は、今もこの暑いなか仕事してるよ!みたいな今の新着情報のようにリアリティー抜群で「あ〜波留も可南子もこの今を、あの場所で平凡な毎日を迎えているんだ」と嬉しくなりました。

私も今日で金曜22時のリピを卒業しました。
あっでも、毎日のリピはまだまだ続けます、けど。

31日までにまた来ます!
それまでたっぷりここへきて楽しみます。

教会から6年後までの波留と可南子が観たい。
ただそれだけなんです。

みちゃえる/女性 (42)  2012.7.27 (Fri) 23:32

竹野内豊さん和久井映見さんが、また観たいです。

竹野内豊さんの顔の表情、言葉の言い方、歩き方、すべてが素敵です。目がキラキラしていて綺麗です。
竹野内豊さんは、すごい俳優さんだと思います。
和久井映見さんとの共演、とても嬉しかったです。
好きなお二人が夫婦役で、私にとって最高のドラマです。
最終回の、抱きしめるシーンで、和久井映見さんの手の位置が、少し上なのが可愛くて好きです。息子くんと三人で浜辺にいるシーンで、和久井映見さんの笑う声も好きです。

竹野内豊さん和久井映見さんの共演が、また観たいです。
また絶対観れますように、お願いします。
願いが届きますように。

大好きです。/女性 (37)  2012.7.27 (Fri) 23:31

最後の金曜日

ドラマが終わって5度目の金曜日を迎えました。6度目の金曜日ですね。と、書き込むことは出来ないのですね(涙)・・・・・・・・・

6年ぶりの金曜日ですね。と書き込める日が来る事を期待したいなあ〜(涙)


スタッフの方が呼んでいるなら、和久井さんもよんでるかな???
西武のピッチャーは涌井です。と聞こえただけでも手が止まってしまいますよ。(笑)

meshi/男性 (48)  2012.7.27 (Fri) 23:27

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |31*| 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142