(写真)

ファンメッセージ

ファンメッセージの受付は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 |32*| 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142

感謝

ドラマ終了後も毎日みなさんのメッセージを拝見するのが習慣でした。

ココに来ると新しい発見がいくつもありこのドラマを何倍も楽しむためのガイドブックのような存在でした。

閉鎖されることは残念ですが、スタッフさんのことを考えたら当然ですよね。
ありがとうございました。

このドラマで私は、親のありかたをとても考えされまして。どんな親でありたいか、太助さんや万里子さんのようにどんな時も子どもを信じて、そっと見守れる親になりたいと強く思いました。
他のこともたくさん学びましたが、書ききれませんね。

どなたかも書かれていましたが、やはり震災へのメッセージも含まれているように思います。 

竹野内さんは去年被災地へいかれボランティア活動をされ何かこのドラマとつながるものがあったのでは。(勝手な妄想ですが)
そして、先日とある会場でのVTRで竹野内さんが、このドラマのあるセリフを引用してお話をされていました。とてもすてきなメッセージでした。

きっと色々な想いをこめて、そして視聴者と同じようにたくさんの何かを感じとって演じてらっしゃったのだなと改めて感じた瞬間でした。

素敵な作品に出会えたことに感謝です。

クローバー/女性 (33)  2012.7.27 (Fri) 23:17

本当にありがとう☆ミ

TBSのスタッフさん。
撮影日記更新本当にありがとうございます。
みんなの言葉に答えてくれて…
普通1ヶ月経ってからの更新はなかなかめずらしい!
今さっきいろんな方の書き込みを見て、
「ぇ、え〜〜なんで〜〜」って感じでした。
それくらいうれしかったです。
ドラマが終わってから1ヶ月経つのに本当にいつまで経っても忘れられません。
「もう一度君にプロポーズ」は、私がこの春中学校を卒業し、高校に入学しました。
今までずっと小学校から同じ人だったのに急に知らない人と出会って、一緒に3年間を過ごすということに少し不安がありました。
「今日もぜんぜん話しかけられなかったな〜」とか
「今週もまた先輩に怒られぱなしだ。」とか
本当に毎日いろいろな思いを抱えてても、
金曜日、「もう一度君に、プロポーズ」がやる!!
っと思うとなんだか力がわいてきたり、いつの間にか金曜日が私の目標日になっていました。
このドラマがなかったら今の私はいなかったと言っても過言ではないくらいに!!
もうここに書き込めないのは寂しいけど、いつまでも私の中に、波留さんと可南子さんはあり続けると思います。
今すぐにとは言いません。
いつまでも待ちます。
だからどんなに先になってもいいからまた、波留さんと可南子さんに会いたいです。
いつの日か会える日を信じています。
本当にありがとうございました。

まだ4日あるので、もう一度くらいは書き込みます。

みかんぼうや/女性 (15)  2012.7.27 (Fri) 22:53

感動した!

華麗なるロマンを想定していたが、荘厳なオラトリオに情熱がコンビネーションされた怒涛ロマンのメリーゴーランドのドラマだった。
ドリーミーな希望とアーティカルな興奮を呼び起こされ、衝撃のセンセーショナルなときめきのハーモニーを感じた。
それは、思い出のコンチェルトと永遠のシンフォニーが光と影のエトランゼを形作り、幸せの百花繚乱に繋がるハピネスな完全燃焼によって、エネルギッシュな感動が生まれたからだと思う。
30年若かったら、和久井映見演じる可南子にプロポーズしたい。

元首相/男性 (71)  2012.7.27 (Fri) 22:48

またまたありがとうございます

撮影日記の更新、感激です。日常生活にずーうっと「もうプロ」が繋がっているんだなあーと、また改めて感じました。スッタフさん有難う。

竹野内さん、タオルを頭に巻いてもバイクに乗っても格好良すぎ、でもそれがとても自然なのは竹野内さんの人間そのものだからですか。

和久井さんの控えめだけど、なんとも可愛らしい表情や仕草は印象深く、また、ハンデキャップのある役をなさると特に素晴らしいのは、心のゆたかさですか。

素敵なお二人の競演をまた是非にと願っています。 

残り少ない書き込みの日数ですが、まだまだ皆さんと繋がっていたいなー
本当に素敵な時を有難うございました。

もう一度/女性 (55)  2012.7.27 (Fri) 22:46

また、書いちゃいました…

味わってますさんのメッセージを読んで、ついつい…。そうそう!と何度も頷きながら、メッセージ読みました。記憶をなくしてからの可南子は波留に他人行儀で冷たいようにも捉えられていたようですが、どうしても相手に気を遣ってしまう、敬語がすぐにはやめられない、そんな可南子が波留は好きなんですよね!そして、一度決めたら、そこからは迷わない。そんな強さも可南子にはあると思います。

私はなぜ可南子が一哉さんとは結婚せず、波留とは割と短期間で結ばれたか、それを考えてました。二人ともタイプは違うけど、優しくて誠実な男性ですよね。どちらも可南子を愛し、大切にしてくれそう。でも可南子にとっては、愛したい、大切にしたいという気持ちの方が、より重要だったのではないかなと思います。支えてあげたい、幸せにしてあげたい、そういう想いを強く感じたのが、のんびり屋で甘えん坊(可南子に対しては)の波留だったのかなあと…。そんな風に勝手に思ってます。

それから、お味噌汁といえば、私は人参が気になってました!9話で煮物を食べる時、波留も太助さんも人参ばかり食べていたような…。宮本親子の好物なのかなあと思ってました。
それにしても10話の食事は質素だけど、本当に美味しそう!

たびたびお邪魔して、すみません。でも、また来ます!
更新ありがとうございます。

藍色/女性  2012.7.27 (Fri) 22:02

撮影日記の更新

とっても、うれしかったです。ファンメッセージの更新だけでもありがたかったのに、撮影日記まで・・。もう少しで、書き込みが終了してしまうのはさびしいですが、終了しても何度も覗いてしまうと思います。

まだまだもうプロ症候群から抜け出せないままで、新しいドラマが始まっても、なかなか見る気にもなれず・・。最近は、何度もリピして見たせいか、波留や可南子のセリフを普段の会話に自然に使ってしまったり。よく出てくるのが「これか・・。」です。2話で可南子が波留のポケットの包みを指差して「それ何ですか?」と聞いて、波留が「これか。」と答えるシーンは何度も見ました。というより、2話のリピ率が高いんです。二人の海辺のデートも何度見てもにんまりしてしまいます。波留が可南子に「そういう一面もあるんだね。仕事に熱い・・みたいな。」と言うと、可南子が横を向いてちょっと怒る顔がまた可愛くて。ほんとにずっとずっと見ていたい二人ですよね。

どうかTBS様、SPが叶わないのであれば、お二人の再共演強く強く望みます。ファンの願いをどうぞ聞いてください。

竹様ファン/女性  2012.7.27 (Fri) 21:53

二人の距離

いろいろと二人の距離感について書かれていましたので,一つ思い出した事を書かせてください。

最終回のチャペルで、少しずつ波留が可南子に近づき、二人の距離が縮まりますが、鳩時計の回想シーンでは、可南子が波留に近づいていってましたよね。

最初はテーブルを挟んで波留と反対側に立っていたけれど、時計が壊れて悲しそうにしているのを見てたまらなくなり(和久井さんの一瞬の表情、お見事!)、波留のそばに回り込んでしゃがみます。ここまででも「夫に寄り添ういい妻だ〜、しゃがんだのもいいっ!」とか「始めにわざわざ可南子を反対側に動かしておいて、それから波留の方に移動させる演出か〜」とか感心してたのですが、さらにさらに波留の膝にちょこんとのっかってピタッとくっつきましたよね。この距離を縮めるシーンも良かったです。

それを和久井さんがやるから小鳥のように可愛いんだな、これが。

今まで映画ばかりでドラマに嵌る事など皆無に等しかったのですが、本当に素晴らしいものを見せていただいたので、このドラマを作られたスタッフ、キャストの皆さんをこれからも応援し鯛・・・じゃなくて、応援し鱒。

応援し鯛/女性 (50)  2012.7.27 (Fri) 21:23

大好きです

もう一度君に、プロポーズ
大好き!!

再放送お願いします!
こんなにハマッたドラマ初めてでした!感動をありがとうございました!!!

ゆー&あー/女性 (15)  2012.7.27 (Fri) 21:20

竹野内さん 和久井さん

大好きです!
実年齢40代のお二人の爽やかさ、透明感、可愛らしさ、もう奇跡だと思います。元々演技力には定評のあるお二人ですが、一緒に演じることで、さらにその魅力を深く引き出し合っていたように思います。ぜひぜひ、お二人の再共演をお願いします!

スペシャルや映画化は難しいかと思いますが…波留と可南子は心の中にしっかり生きていて、10話の後の2人も勝手にいろいろ想像できたりしちゃいます。それくらい波留と可南子は生き生きと自然に、存在しています。

今度は違う作品で、でも恋愛ドラマが見たいです。
(もちろん、スペシャルがあったら凄く嬉しいです)
よろしくお願いします!

撮影日記の更新、ありがとうございます!他にもフォトギャラリー、あらすじ、インタビュー、どれも繰り返し何度も見ています。

10話のフォトギャラリーは、波留と可南子の最初の出会いから順に写真が並べられていて、あの写真を見るだけでも、切なくなったり、ほんわかしたり、こうやって月日を重ねて来たんだなあと、感動します。
フォトブックがほしいなあ。絶対買いますよ!

公式サイトも本当に丁寧に創られていて、このドラマへの愛情を感じます。

ありがとうございます。

藍色/女性  2012.7.27 (Fri) 21:03

可南子×万里子 のハルカナさん同感です!

日本に戻ってきました。毎日このサイトを読むのが楽しみだったのでびっくり!まだ全部読めていないんです・・読むだけで幸せだったんですが残り少ないので和久井ファンなので母と娘編のシーンを。

和久井さんの万里子ママに対する「おかあさん」の声、本当に娘ですよね。ちょっと甘えた何の緊張感もなく出てくる声が上手い!!いくつになっても母親にはこーだよなーと。実家では起きた後もパジャマみたいな部屋着だし、ごはん作らないし手伝いもあんまりしないし(笑) 実家でだけは甘えてもいいはず的なダラダラ感(笑)。

7話、万里子ママが「今まで誰が来てたと思う?!」・・・「裕樹のかーのーじょ!」「へえ、そうなんだ」の一連の母と娘の会話は、ウキウキしてるママと、離婚を波留に告げられこの世の終わりみたいな気分の可南子が好対照。こういう演技、自然にやってのけるから和久井さんがますます大好きになっちゃいます。
どなたかも仰ってましたが、その夜眠れずにすっぴんでリビングに来て、「おかあさん」「わたし離婚する・・・」「離婚しようって言われて、、わかりましたっ、て答えた」の場面。この「わかりましたって答えた」の「答えた」のところで両膝が左右にガクンと揺れるとこ、凄い!!思わず力が入って動いた両膝が、本当はそんなこと言いたくなかったのに言ってしまった、を表してるようで、上手いんだな〜これが!

8話お墓参りに行く前の母娘会話で「孫の顔見たかった?」「見たかったって、どうして過去形なの?」「そりゃ見れるものなら見たかった」の後の可南子の「ふうん」は、4話バス停のシーンと同じ「ふうん」で、何気ない言葉のトーンに魅了されっぱなしです。

なんていうか、女優さんは普通は自分を綺麗に見せようとするものだと思うのですが、和久井さんは「ピュア」「殴る女」他、主演作目白押しの時からそういう作為的な感じがなく全身で役になりきることしか頭にない感じで・・だから脇役もお母さん役も拒否するどころか楽しんでやってきたのかなと。
でも!和久井さんにはやっぱりヒロインが似合います。謙虚なのはわかりますが、実年齢より上の役ばかりやらず、実年齢より若い役ももっとやってほしい!そしてお相手にはやっぱり竹野内さんがお似合いです!本当に本当に素敵な夫婦でした。

深夜3時のリビング/女性  2012.7.27 (Fri) 20:52

PAGE NO.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 |32*| 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142