ごめんね青春高校!新聞部

2014年10月7日 (火)

脅威的なスピードで!

りさ平助の出会いのシーンは、ほんと一瞬の出来事ではあるのですが(つむじ風のごとく)それでも内容はギュギュっと濃縮されているシーンになりました。なによりも2人を困らせたのは、宮藤さんが書かれた台本のト書き。写真のとおり “驚異的なスピードで” という一言でした。クランクイン前からこの一言にプレッシャーを感じていたというお2人。満島さんは演じながらその台詞の速さに自分で言って自分で笑ってしまう…というハプニングも。それにしても、この1シーンは本当に蜂矢りさ原平助を一瞬で説明してくれる、キャラクターが明確に出ているシーンだと思うので、つむじ風のように通り過ぎていきますが、瞬きせずに見逃さずにいてくださいね!

  • 過去の記事へ
  • 新しい記事へ

↑このページの一番上へ