banner_AD

現場レポ〜一筆書かせて頂きます〜

木曜ドラマ劇場『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』#10・最終回 6月18日 よる9時〜放送
【41】明日は9話の放送!
みなさん、こんにちは。
いよいよ、明日は第9話の放送!
チーム@ヤメゴクは、本日はロケ。めちゃくちゃ景色のいいところで撮影したあと、室内に移動して撮影です。

さて、第8話でのほっこりアドリブを紹介します。
テレビ局の廊下を歩く、麦秋と翔のシーン。東条から畠山弁護士の娘が監禁されている場所を聞いた麦秋は、翔の話を最後まで聞かず……無視して行ってしまいましたね(苦笑)“マル暴のデカを集めたる!”と麦秋のために電話をかけようとした翔。オンエアでは翔から発せられた“お母さん”の言葉に思わず笑ってしまった方もいるのでは?
テストでは、マル暴に電話をかけるも、「あ、切れたやん。なんでや?」とお芝居していた北村さん(この部分はアドリブです)。すると気になったのか、北村さんは本番直前「 “切れた”っておかしいですか?」と白石監督に確認。「いえ、おかしくないですよ」と白石監督の言葉を受けての本番では……電話をかけて切れたあと、「もしもし、お母さん?!」「もしもし、頼みがあるんやけど、え?お父さん?」とアドリブでお芝居を続ける北村さん。突然の北村さんのアドリブに、大島さんもスタッフも声を殺して大笑い。
本番後、北村さんは白石監督のもとへやってきて……「(北村さん)カットしていただいても……」「(白石監督)爆笑させていただきました。」「(北村さん)バックボーンが見えたかな?(笑)」と照れながら話していました。北村さんのほんわかアドリブに現場は癒され……「使わせていただきます」と白石監督は満面の笑みでした。

撮影はTBS局内の廊下にて行われました。スタッフで廊下はパンパン。

撮影の合間、廊下にある鏡(2つ)を見て、「何だかサングラスみたいですね」と大島さんがポツリ。「銀蝿?」と北村さんは横浜銀蝿の歌を歌い……大盛り上がりの一同。
そして、いよいよ明日の9話は……。
麦秋のかっこいいアクションシーンが2度!見られます。
公式HPの予告動画でも見られるのですが、貴船組でのアクションシーンは……雨が降ったり止んだりヤキモキする天気で、撮影は時折中断。しかしながら、太陽が出ている間に撮影を終えたいため……雨待ち中は室内の撮影を行ったり、立ち回りの確認を行ったり、撮影を進めていました。そんな中のアクションシーン!アクション指導の諸鍛冶さんらスタッフがアクションの動きを3回ほど実演し、大島さんは指導を受けながらゆ〜〜〜っくりとしたスピードで一手一手を覚えていく。一通りやったところでカメラを使ってテストを行うことになったのですが……「成功したら勿体ないから、本番のつもりでやってみますか」と諸鍛冶さんが提案。

大島さん、お稽古中。

テストなし!の本番撮影中!
そして、実際に撮影しながらテストと含めた本番を行うことになったのですが……なんと見事OKに!!
諸鍛冶さん「すげえ!我ながら関心するよ。5分も練習してないのに」
大島さん「キレイに出来ていました?」
スタッフ「すっごくキレイだったよ〜」
とキャスト、スタッフ、堤監督から大きな拍手が!
麦秋の華麗なアクションシーンを楽しみにしていてくださいね。

バックナンバー


番組公式Twitter
終了しました
TBSの人気番組を動画配信!『TBSオンデマンド』
関連リンク
連ドラ・シナリオ大賞
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop