banner_AD

現場レポ〜一筆書かせて頂きます〜

木曜ドラマ劇場『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』#10・最終回 6月18日 よる9時〜放送
【29】ムルキンチョ!
みなさん、こんにちは。
本日のチーム@ヤメゴクはロケ。第7話をモリモリ撮影中です。
そして……本日より、『ヤメゴク』オリジナルのLINEスタンプの発売が始まりました(パチパチ)。
LINEを使用している方は、よければダウンロードしてください。(Webスタッフは早速ダウンロードしました!)

さて、第5話ですが……佐野のキャラクターが炸裂していましたね(笑)
さばこうとしていたムルキンチョとは何!?
口調が急に変わる理由とは!?
佐野の虜になった方もいるのではないでしょうか?(笑)

そんな佐野が舟盛りにしようとしていたもの……。
その名も「ムルキンチョ」!
正式名は、グリプトドン科ドエディクルス属ムルキンチョ です。
節足動物で、肺呼吸、硬い甲羅と長い尻尾が特徴、“ぴゅ〜るるる〜ぴゅ〜”と独特の鳴き声を上げます。(という設定な。水原風)。

尻尾がチラリ。
そんなムルキンチョと佐野の格闘シーンの撮影はというと……。
翔さん、室長、東条さんの3名様は、刺身が待ち遠しくてたまらない感じにお願いします」と堤監督から。そして、勝地さんには……「なるべく“ムルキンチョ”を連呼してください」「甲羅を外すのに手間取る動きもください」「できるだけ激しくお願いします」と堤監督から説明があり、ほぼアドリブでお芝居をしていた勝地さん。カメラ位置を変えて、何度も何度も行うため、本番後には汗だくで、「今ので大丈夫なんでしょうか?」とちょっと心配そうにしていた勝地さんでしたが、その熱演にスタッフはもちろん、大島さんも北村さんも田中さんも庄野崎さんも大笑い。

さばくために用意されたのは包丁、とんかち……などなど。

撮影中。「これ、お静かに!」

堤監督の要望に次々と答える勝地さんに、「いいね〜もっと激しく〜」と満面の笑みだった堤監督。
勝地さんの“ムルキンチョ”の言い方が……なんとも印象的で、連呼したくなるんですよね〜。
逃げたムルキンチョに対しては、“ムル〜”と落ち着いた口調!?で話しかけていて……勝地さんの引き出し多すぎです(笑)。(佐野の口調に関しては、あぶくま病院レポと合わせて後日紹介します)

そんなこんなで、現場は、ムルキンチョブーム到来!(笑)。
その姿は、佐野以外に足抜けコールのメンバーしか見ていないので、Webスタッフは写真に収める事ができませんでしたが……もしかしたら、今後、登場するかもしれないので、ぜひオンエアでチェックしてくださいね(笑)

バックナンバー


番組公式Twitter
終了しました
TBSの人気番組を動画配信!『TBSオンデマンド』
関連リンク
連ドラ・シナリオ大賞
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop