banner_AD

あらすじ

木曜ドラマ劇場『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』#10・最終回 6月18日 よる9時〜放送

バックナンバー

次回の放送

#10・最終回 2015.06.18 onair

予告動画


 関東貴船組の若頭で二次団体・水千組の組長・水田千一(金すんら)が企てた、組ごとの足抜け劇は、同じ二次団体の怒りを買って大乱闘に発展。離脱希望者を守ろうとする麦秋(大島優子)翔(北村一輝)の前で、組長の橘(遠藤憲一)が水田を庇い銃弾に倒れる事態となった。
 そんな折、橘が自分の実の父親ではなく命の恩人だったことを知った麦秋は、橘とヤクザを恨む理由が無くなり混乱する。翔は、今度は麦秋が憎しみの呪縛から足抜けする番だと背中を押すが……。

 一方、医師の有留(山口紗弥加)のオペが成功し、橘は意識を取り戻す。水田は改めて橘に忠誠を誓い離脱希望を取り消すが、大乱闘を仕掛けた二次団体の組長は逮捕され、関東貴船組は危機的状況だ。
 さらに、水千組でファンドマネージャーとして資金を稼いでいた佐野(勝地涼)が「私はバクちゃんさんの共犯者」と意味深な言葉を残し、ある手段に出る……。
 果たして関東一の暴力団の足抜け劇の結末は!?
そして、麦秋は憎しみの呪縛から足抜けできるのか!?

関連リンク
連ドラ・シナリオ大賞
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop