banner_AD

あらすじ

木曜ドラマ劇場『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』#10・最終回 6月18日 よる9時〜放送

バックナンバー

次回の放送

#6 2015.05.21 onair

予告動画


 幼少期の麦秋(大島優子)を知る交番勤務の岩井田(金田明夫)が足抜けコールにやって来た。元暴力団構成員・小牧(山本浩司)の就職先を斡旋して欲しいと言うのだが、本人は人生に疲れきった様子で、まったく生気がない。
 情に厚い“町のおまわりさん”気質の岩井田は、関東貴船組の若頭・水田千一(金すんら)が組長をつとめる水千組の構成員だった小牧を一年前に暴行で逮捕。その後、組から絶縁され自殺未遂を図ったときも助けに駆けつけるなど何かと気にかけているが、麦秋はすでに足抜け済みの小牧の就職に興味を示さない。
 翔(北村一輝)佐野(勝地涼)は、麦秋に変わって小牧の世話に精を出すが、面接で一言も話さず精気に欠ける小牧の就職活動は難航。小牧が精神的に働ける状態ではなく経済的にも困窮している状態だと判断した佐野は、一時的に生活保護を受給することを提案する。ところが麦秋は「労働可能な身体能力があるのに、一般市民の税金を使うことは許せません!」と反発し、まさかの行動に……。

 麦秋の、暴力団への異常なまでの憎しみを以前から不審に思っていた翔は、岩井田に麦秋一家とヤクザとの関係を聞き出す。そこで明かされたのは、麦秋も知らない、母・由美子(名取裕子)と関東貴船組の組長・橘(遠藤憲一)の驚くべき関係だった。
 その頃、福祉事務所から提出を求められた“絶縁状”が手に入らず、小牧の生活保護への道が断たれた足抜けコールへ、橘から電話が入った!橘の目的とは一体なになのか……!?

番組公式Twitter
終了しました
TBSの人気番組を動画配信!『TBSオンデマンド』
関連リンク
連ドラ・シナリオ大賞
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop