banner_AD

あらすじ

木曜ドラマ劇場『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』#10・最終回 6月18日 よる9時〜放送

バックナンバー

次回の放送

#5 2015.05.14 onair

予告動画


「孫を暴力団から抜けさせてほしい」とその祖父・野口清(田村泰二郎)が足抜けコールにやって来た。
 麦秋(大島優子)らが話を聞くと、孫の大輝(落合モトキ)は、未成年にも関わらず暴力団と個人的に取引をしている様子。清の話を聞く博文(田中哲司)は、過去のある事件を思い出し、胸騒ぎを覚える。実は、清の息子で大輝の父親である隆(手塚とおる)の会社を倒産に追い込み、大輝が大学を中退せざるを得なかった背景には、麦秋ら足抜けコールが関係していたのだ。しかも、麦秋は4年前に大輝を補導した過去があるという。

 一方、翔(北村一輝)が密かに麦秋へ足抜けを依頼している藤田(坂田聡)は、覚せい剤の一斉摘発で解体した九瀬組から関東貴船組の構成員になったばかり。組長の橘(遠藤憲一)から、貴船組では薬物は一切禁止と命じられ、これまで薬物の売買でシノギを立ててきた藤田は、薬物以外の上納金の目処が立たず、途方に暮れていた。
 そんなある日、藤田の前に大輝が現われた。薬物売買のシノギができる暴力団を紹介するからその引き換えに、今、藤田が持っている覚せい剤を安価で引き渡してほしいと言うのだが……。
 そんな中、麦秋は橘の元を訪れ、逮捕しようとするのだが、思わぬ邪魔が入る。

番組公式Twitter
終了しました
TBSの人気番組を動画配信!『TBSオンデマンド』
関連リンク
連ドラ・シナリオ大賞
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop