banner_AD

現場レポ〜一筆書かせて頂きます〜

木曜ドラマ劇場『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』#10・最終回 6月18日 よる9時〜放送
【30】麦秋のお尻歩き。
みなさん、こんにちは。
いよいよ明日は『ヤメゴク』第6話の放送!
Webスタッフはまだ見ていないのですが……笑って涙する展開になっているそうなので、楽しみにしていてください。(Webスタッフも楽しみです!)
そして、本日のチーム@ヤメゴクはスタジオにて撮影。
現在は足抜けコールで撮影しているのですが、翔が麦秋に○○を○○する8話なうです。
(まだ少し先なので、詳細は後日。)

さてさて、話は変わりまして……お届けしていなかった第5話撮影の様子をお届けします。
翔が麦秋に、“少年係”にいた頃の写真を見せるくだり。
お尻歩きをしていた麦秋が、なんだかとってもキュートでしたが、同時に切なくもありましたね。
撮影では、「麩菓子を食べに行く際、ダンボールハウスのまま動けるかな?」と堤監督。「う、あ。なんか苦しいです……」と大島さんの言葉を受け、堤監督が見本を見せることに!すると、「あ、これ、壊れちゃいそうだね。企画倒れ〜」とちょっぴり悔しそうな堤監督でしたが、すぐさま「これは辞めて、裸足で歩きましょう。ガッっと起き上がって、パタパタと歩いていって」と提案。
堤監督は、事前に様々なアイデアを提案されるのですが、キャストの動きを実際にみて、その場で新たに提案することも多く……それがさらに印象的にしています。

ファンメッセージなどに「麦秋のお尻歩きが可愛かった」と書き込んでくださった方がたくさんいらっしゃいましたが、これも現場で作り上げたもの。「体育座りで麩菓子食べて」と堤監督が提案すると、「話を聞きたいので、隣に座ってもいいですか?」と北村さんからもアイデアがあり、リハーサル。

「激しく食べて」と堤監督の要望に、無言無表情で食べ続ける大島さん。
すると「目線を合わせたくないので横を向いていいですか?」と大島さん。それを見ていた堤監督は「背を向けたまま逃げるとどうなりますか?」と要望し、座ったまま移動する大島さん。「なんか面白すぎちゃうかな?」と少し悩んでいた堤監督でしたが、「翔さんはその場にいたまま追いかけず、麦秋だけ逃げてください」と堤監督は本番で動きを採用することに。

麦秋の過去が気になる翔。

翔を避ける麦秋。隠し続ける過去とは?!
台本では2ページ強の短いシーンですが、実際に動きながら話し合いながら、丁寧に撮影は進められたので、録画している方は録画で、公式サイトでは第5話を明日よる20時59分まで無料で配信していますので、改めて見ていただけると面白いかも!?

では、みなさん。
明日は第6話の放送ですので、ぜひご覧くださいね。

バックナンバー


番組公式Twitter
終了しました
TBSの人気番組を動画配信!『TBSオンデマンド』
関連リンク
連ドラ・シナリオ大賞
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop