banner_AD

現場レポ〜一筆書かせて頂きます〜

木曜ドラマ劇場『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』#10・最終回 6月18日 よる9時〜放送
【36】朝食は、流しそうめん
みなさん、こんにちは。
本日のチーム@ヤメゴクは第9話の撮影。
強面の方がたくさんマキマキモードで進め、夜からは9話の中盤と後半の撮影。ドライ(リハーサル)では、あの人と、あの人のいつもとは少し違う面が現れたり、あの人はいつもと変わらぬ姿だったり、麦秋も何だか……!?な、怒涛の展開を見せてくれますので、楽しみにしていてください。
とはいえ、まずは、今週4日木曜日放送の第8話!!みなさん、よる9時にはテレビの前に集合ですよ!

さて、みなさん。
第7話の「流しそうめん」を覚えていますか?
石山室長、佐野、東条の3人はノリノリ、翔も「待ってくれ〜」と髪をセットしつつ懇願していたし……どれだけ仲いいんですか〜って感じですよね(笑)

「待ってくれや〜」の翔さん。
撮影当日、流しそうめんのセット(水路と竹脚)を見た大島さんは「わ!!すっご〜い!楽しそう」と興味津々。北村さんは、「いいなあ。楽しそうやなあ〜」と羨ましそうに見つめ、「(勝地さん)流してみていいですか?」「(田中さん)こんな大きい竹、すごいよね!」「(庄野崎さん)すごいですよね〜」となんだかうれしそうな3人。

流しそうめんセット!

裏側はこんな感じ!
まずは、練習としてそうめんを流してみることになったのですが……「(田中さん)意外と難しい」「(庄野崎さん)取れない……」「(勝地さん)意外とスピードでますね。速い!」「(田中さん)コツをつかめばいけそう!」などと、盛り上がる一同。ご自宅でこれだけの流しそうめんセットを用意するのは大変ですが……風情があって大人も楽しめちゃうんですよね。田中さんも庄野崎さんも、子供のようにはしゃいでいましたから(笑)

薬味も用意されていました。哲司さんはお椀に何度も薬味を追加投入!

トマトときゅうり。丸い物を流すなんて……不思議な発想!
そして、撮影はスタート!!
坪井監督から「流しそうめんチームは、基本的に盛り上がっていてください」とあり、アドリブを加えながら、そうめんを流していく勝地さん。徐々に上手くなっていく田中さんと庄野崎さん。

そうめんを流す佐野を撮影中。

ムルキンチョの罠にも、そうめんが!!
そうそう、「待ってや〜」と必死で髪をセットする翔のリーゼントを、麦秋がグシュっと潰すのは、北村さんのアイデアなんです。坪井監督から「(台本に、手鏡や櫛を弾き飛ばすと書かれていました。)鞄で鏡を落とすこと、出来る?何かアクションはしたいなと」と相談があり、「鞄を翔さんにぶつけてしまいそうなので、くしを奪うとか?」と大島さん、「あ、それなら、(リーゼントの)先をぐちゃってやるのはどう?」と北村さん。すると、「え〜〜〜いいんですか?やっちゃっていいですか〜?」と大島さんは嬉しそうに満面の笑み。(大島さんと北村さん、本当に仲がいい♪)もちろん本番では、躊躇することなく思いっきりつかみあげ……その時の麦秋は、めちゃくちゃいい表情をしていたので録画している方は是非チェックしてみてください(笑)。

バクちゃん、容赦ない……(笑)
話をもどして、“流しそうめんチーム”。きゅうりとトマトも流すことになり、「これは手で流しますか?」とコロコロコロ〜っと流す?転がす?勝地さん。そこで、抜群のチャッチを見せてくださったのが田中さんです!
北村さん「哲司さん、きゅうり取るのうま!」
田中さん「コツをつかんじゃった!」
庄野崎さん「僕も取りたいなあ」
北村さん「きゅうり、そのまま食べておいしい?」
田中さん「おいしいよ!」
庄野崎さん「僕にも流してください〜」
田中さん「えへへ」
北村さん「いいなあ。おいしそうに食べるんでしょ。まだそうめんを!」
田中さん「うん(にこ)」
などと盛り上がっていて……その後も、田中さんは撮影中に奇跡的なチャッチを繰り返していました。(奇跡!とスタッフから絶賛されていました。)

こんなにたくさんスタッフがいます。

撮影の合間……ではありません。テストから、全力の3人。

「やった!やった!とれた!」のアピールはアドリブ!

とってもおいしそうに召し上がっていました〜。
そんな姿に、「いいなあ。いいなあ。めっちゃ、そうめん食べたくなる」と、熱視線を送っていたのは……実は、勝地さん!!!
佐野はそうめん流す役目だったので、勝地さんも北村さん同様に、一口も食べていないんですよね。ということで、撮影後には田中哲司さんと共に、「うんま〜〜!」とそうめんを堪能していた勝地さんでした。
そして、もうひとり……麦秋も足抜けコールを出て行ってしまうため、不参加。
撮影の合間には、勝地さんが佐野の口調で、
勝地さん「そうめん、いきま〜〜〜す」
大島さん「うんま〜い!」
勝地さん「続いて、トマトもいきます!」
大島さん「うわ!取るの難しい〜〜」
勝地さん「室長はとってもお上手ですよ〜」
大島さん「跳ねるタイミングが……」
勝地さん「では、もう一度行きます〜」
と、そうめん、トマト、キュウリを流し……体を動かしておいしさを表現しながら食べていた大島さんでした。

夏の風物詩、流しそうめん。
キャストはもちろん、スタッフも憧れのまなざし?で見つめていましたので、みなさん機会があればやってみてくださいね(笑)

こんな和やかな足抜けコールですが……第7話では麦秋の衝撃的な過去が明らからに!?
放送から4日明けましたが、未だに麦秋の過去を想って切ない気持ちになってしまう方もいるのでは?
第8話では、橘麦蒔の足抜け依頼により、少しずつ変化が起こりますので、見逃さずにご覧くださいね!

ではでは。

バックナンバー


番組公式Twitter
終了しました
TBSの人気番組を動画配信!『TBSオンデマンド』
関連リンク
連ドラ・シナリオ大賞
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop