STORY/あらすじ

STORY/あらすじ

第8話2014.2.27 ON AIR

写真 ある日、繁華街の飲食店でガス爆発事故が発生した。出動要請を受け響(大倉忠義)たちDMAT隊は現場に向かう。要救護者を処置していた響のもとに重症のホームレス・桑野(竹下宏太郎)が運ばれてきた。脳挫傷の疑いがあり響は早急に救急車で搬送するよう指示を出すが、小曽根(佐藤二朗)は自分が処置していた老人を割り込ませて救急車に乗せてしまう。その老人は大手商社の会長・重松(浜田晃)で国益を左右するほど影響力のある人物だった。響は重篤なのは桑野の方だと抵抗するが誰も味方になってくれない。「助けられる人から助ける」というのがDMATの鉄則のはず。原則も富や名声の前には曲がってしまうという現実に直面した響は病院に戻ると重松優先の指示を出した伊勢崎院長(國村隼)に食って掛かる。しかし、伊勢崎は原則には例外もありその現実の中で医者は働いていると突き放す。

写真翌日、春子(瀧本美織)の病室に祖父・雷蔵(左とん平)が見舞いに来た。響は昨日の事件について話し雷蔵に意見を求めるが、何もわかっていないと笑われてしまう。そしてハイパーレスキュー隊隊長の桜庭(石黒賢)から自分と仲間の安全をまず守ることで多くの命を救えると聞かされ驚く。
数日後、都内で地震が起こった。そして地下水道施設で崩落事故が起きたとDMATの出動要請が。事故現場では次期総理候補と目される政治家・一之瀬(国広富之)と彼の第二秘書・山口(佐野泰臣)が崩れた資材の下敷きになっていた。崩落の直撃を逃れた第一秘書の森田(デビット伊東)は山口を見殺しにしてでも一之瀬を最優先で救出するよう響に詰め寄るが…。

バックナンバー
番組グッズ
PAGETOP