INTRODUCTION/はじめに

INTRODUCTION/はじめに

大倉忠義民放連ドラ初主演決定!『Dr.DMAT』(ドクター・ディーマット)災害派遣医療チーム=通称「DMAT」のドクターとして命懸けの現場に挑む!

TBSでは、1月の木曜9時に、災害医療をテーマにした連続ドラマ『Dr.DMAT(ドクターディーマット)』を放送する。

この10年間、衝撃的な映像を以って報道された大災害や大事故。これらの現場に急行し、“瓦礫の下の医療”に従事した医療組織がある──。その名は、「災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team)」、通称「DMAT(ディーマット)」。彼らの使命は災害現場で被災者の“命を繋ぐ”こと。
満足な医療器具や環境が整っていない限られた条件下で、時には救命の優先順位をつけ、時には即興医療を施す(※詳細はこちら)。このドラマでは彼らが極限の状況で命と向き合う様を描いていく。

主人公のDMAT隊員・八雲響を演じるのは、関ジャニ∞の大倉忠義。今回が記念すべき民放連続ドラマ初主演作となり、大倉自身初のドクター役となる。一瞬の迷いが人命救助の可否を分ける究極の現場。その圧倒的な緊迫感の中で、恐怖と歓喜が背中合わせで混在する、まさに命懸けの現場に挑む。

共演者も多彩なキャスト陣が決定した。響と同じ有栖川総合病院で働くスタッフとして、加藤あい市川実日子佐藤二朗麻生祐未(以上はDMAT隊員)・ほっしゃん。國村隼。響の妹役を瀧本美織。東京消防庁ハイパーレスキュー隊員を、髙木雄也(Hey! Say! JUMP石黒賢が演じる。

原作は「Dr.DMAT〜瓦礫の下のヒポクラテス〜」(作・髙野洋/画・菊地昭夫 集英社刊)で、「グランドジャンプPREMIUM」にて連載されていた話題作だが、11月20日から「グランドジャンプ」に移して連載をリスタートしている。

2011年に東日本大震災という未曾有の大災害を経験した日本では、今なお関東での直下型地震をはじめ、各地で大地震をいつ迎えてもおかしくない状況で人々が生活している。だからこそ、この作品に描かれるDMATのリアルな戦いは、フィクションでありエンターテインメントでありながらも、日本のどこかで明日にも起こりうる災害直前の“今”を切り取った作品となることだろう。

ドラマでは、東京直下型大地震をはじめ、トンネル事故、毒ガス発生事故、土砂崩れ災害などの極限の状況で“命”と向き合う響の成長を軸に、様々な災害下で行われる災害派遣医療チーム=DMATの活躍・挑戦を、「東京DMAT」「東京消防庁」の協力のもと描いていく。

生か、死か…10秒の迷いでひとつの命が消えてしまう──。
災害現場の限られた条件下で“命を繋ぐ”究極の人間ドラマに是非ご注目下さい!

主演・大倉忠義コメント

─民放連ドラ初主演への意気込みは?

たくさんの俳優さんがいらっしゃる中で、僕を選んでいただけたというのは大変ありがたいことですし、災害医療をテーマにしたドラマに参加させていただく上で、僕なりの使命感を持って撮影に臨みたいと思っています。
主演という責任感を背負って前に立つということも一から学んでいき、今回のドラマをきっかけに、僕自身もひと回り成長できるよう頑張っていきたいと思います。

─災害医療をテーマにした今回のドラマに関しての思いは?

DMATという災害派遣医療チームの存在は、このドラマのお話を聞いて初めて知りました。
僕自身、小学生の時に阪神・淡路大震災を経験し、地震の揺れが何年もトラウマにもなりました。
当時は、いきなり災害が起きることなど正直考えたこともなかったので、DMATのようなチームが存在する、ということを知っているだけでも、何かあった時の心のよりどころにもなるかもしれないな、と感じました。
「10秒迷えば1つの命が消えていく」という判断力の必要性と緊張感をドラマを通じて表現出来ればと思います。

番組グッズ
PAGETOP