〜現場レポート〜

vol. 7 女子会はうっとり6.25 Sat.
未亜、千明、あかりの三人は小学校からの親友です。ルームシェアしていますけど、生活時間帯も違ったり、ごはんも別、ということも多いです。でもたまには3人揃ってお気に入りのお店に行ったりしたいですよね!
PHOTO. 1
焼き鳥「うっとり」
意外と渋いか!?と思いきや、まったく渋くなかった。マスターのナオキさん、こりゃいろいろ相談したりおしゃべりしたくなっちゃうのもわかるわかる!
お店の名前からしていい感じ。焼き鳥「うっとり」ですよ!
そんな「うっとり」の店主・ナオキさんを演じてくださっているのはうっとりするようなGENKINGさん!ドラマは初めてとのことでそれはそれは緊張していたようです!
監督「はい、ハードル高いよ、焼き鳥屋だからちゃんと焼き鳥焼いてね!」
GENKINGさん「えっと、どれくらいで返せば…あー、焼き加減見てるだけじゃなくてセリフも言わなきゃ!」
←ドラマなんですから…
PHOTO. 2
タイミング難しい…
緊張していても、女の子たちの集まるお店の店主ということで、
GENKINGさん「僕自身も恋愛主義者なので、台本を読みながら共感することばかりで、今後の展開が楽しみで仕方ありません。ふだんからよく相談とかされてますから、そういうのを活かして頑張ります!」
確かに相談しやすそう(笑)
PHOTO. 3
何でも相談して!
そう、ここは未亜たちが愚痴を言ったり恋愛相談をしに来るお店。
監督「千明とあかりは、未亜の話に対して全く違う意見だから、言いかたとかも意識してね。」
PHOTO. 4
それぞれの個性をきちんと出していこう!
女子会のシーンは、演じている武井さん、水沢さん、玲奈ちゃんたちも楽しそう♪監督はじめスタッフは外に置いているモニターで皆さんのお芝居をチェックしているのですが、自分たちの演技を「どうだったかな?」と見に来た三人、椅子の数が少なくても一つの椅子に一緒に座って見てます☆こんなところもかわいくって仕方ない!
PHOTO. 5
椅子足りなかったんだもん
焼き鳥「うっとり」で交わされる女の子トークをどうぞお楽しみに!
TBS FREE/配信は終了しました
TBSオンデマンド/配信は終了しました
このドラマはフィクションです。登場する企業やブランドの実際の活動とは一部異なる部分がございます。
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.