〜現場レポート〜

vol. 33 恋を守るためなら鬼にも邪にも8.20 Sat.
海里を守るためにとっさについた「宮沢さんとの婚約」。どれだけ泥にまみれようと、誰を利用することになろうと、未亜は海里のことだけは守りたかったんだと思います。
社長に呼び出された未亜の目にまず飛び込んできたのは海里の姿。まさかバレたとは思っていないから、写真をつきつけられたときの驚きは大変なものでした。でも受けた衝撃の大きさはきっと海里のほうが上だったと思います。海里役の滝沢さん、目が離せないとばかりに写真を見たまま、握りしめていた手に力が加わっていく様子が衝撃の大きさを物語っています。
PHOTO. 1
隠し撮りって怖いよね
隠し撮り写真、撮ったのは陽太、撮らせたのは遥香。遥香の真意は一体どこに?
橋本マナミさんは遥香を演じるにあたり、海里に対してどう接するか、最初はちょっと悩んでらしたようです。
未亜からは「あれが奥さん?」と見えるような仲睦まじさから始まって、病院では優しい義姉さん…だけどその笑顔の裏にはまた別の笑顔が。
以前、わざわざ社長に挨拶に来ていた遥香さんを見た未亜、まだ遥香が奥さんだと思っていたのでとっさに隠れましたけど、そこで見た遥香はとても恐ろしげな人でした。「仕事で自分の代わりはいない」と言った海里に
マナミさん『(笑って)俺の代わりはいない、ですって?』
監督「社長がいるのを意識して、高笑いをしたいのをこらえて。ものすごいイヤミっぽく海里のモノマネして。海里にだけ見せる裏の顔をにおわせてください。」
PHOTO. 2
後ろの部屋に社長います
社長に未亜と海里のことを吹き込み、優香と共に二人を追いつめていく遥香。遥香の思惑は別としても、未亜と海里がプライベートで会っていたことは事実。社長として、親戚としても黙っているわけにはいかない社長、未亜をじっと見たまま宮沢さんに連絡を、と秘書に告げます。まさか電話ではなく直接話せるマイクがあるとは!松平さんも電話だと思っていたので、松平さん「これ?押すと話せるの?すごいね!」と感心しきりです★
ティファニーの社長直々の呼び出しとはいえ、忙しい中駆けつけてくれた宮沢さん。何事かわからないまま、果たして未亜の望む答えをくれるのか。咲ちゃんの大きな目が懇願するように宮沢さんを見つめ…
監督「宮沢は何のことか分からずに来て、そこに未亜と海里がいることに驚きを隠さずに。」
PHOTO. 3
え、なにこの席
「海里とのことはただの誤解」と言う未亜、ためらったら負けだと言わんばかりに武井さんは社長役・松平さんをぐっと見つめます。
だけど、「仕事以上の付き合いは一切ありません」と言ったとき、このときだけは目を伏せた咲ちゃん。そこでぱっと未亜の顔を見た海里、きっと肯定して欲しかったんだろうなと思います。よく、女性はロマンチストのような言われ方をしますが、その美しいロマンを守るためにはどこまでもどこまでも鬼にも邪にもなれるんだと思います。こんな写真のためにこの愛を壊すわけにはいかない、海里の未来を崩してはいけない。何の説明も出来ずに名前を出してしまった宮沢さんが、この場でどう対応するか。海里以上に未亜はひやひやです。
PHOTO. 4
緊迫の4者面談…だけど現場はちょっと楽しそう
遥香の目的とは、そしてその策略にまんまとはまった未亜、海里、そして宮沢さんはどうするか。それぞれの思惑、それぞれの覚悟が絡み合った第6話、親まで出てきて事態はさらに混乱必至!23日(火)よる10時からどうぞお楽しみに!!
PHOTO. 5
PHOTO. 6
TBS FREE/配信は終了しました
TBSオンデマンド/配信は終了しました
このドラマはフィクションです。登場する企業やブランドの実際の活動とは一部異なる部分がございます。
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.