〜現場レポート〜

vol. 15 愛情が狂気に変わるとき7.14 Thu.
第1話の感想、たくさん送っていただきありがとうございます!見逃してしまった方、HPのトップから無料見逃し配信にいけますし、一部地域では日曜深夜に再放送もありますのでどうぞ見てくださいね。
走り出した海里への恋、留め金を外したのは、一度は愛したはずだった陽太の変貌でした。
親友同士三人で暮らす家。家というのは最も安心できる自分のテリトリーです。自分以外誰も帰ってきていないはずなのに、思いもよらない人が突然姿を現わしたら。それは恐怖以外の何ものでもありません。
PHOTO. 1
知らないうちに飾られてた花
別れを受け入れてくれたはずの陽太。その笑顔、その口調は以前と変わらなく見えるのに、好きではなくなった相手の微笑は昨日までとはまったく違って見えるもの。
監督「カーテンがふわりと開いて、そこから陽太が出てきます。」
咲ちゃん「結構見えないですね…あ、居た。いらっしゃいませー♪」

いやいや咲ちゃん、そんなかわいくお出迎えしないで…
PHOTO. 2
こわいから!!
ゆっくりと近づく陽太、これまでも勝手に家にあがりこみ花を飾ったり、会社に花を送りつけたり…未亜にとって自宅は安心な場所ではなくなってしまったということ?
監督「抱きしめたときに髪を梳いて。できるだけ優しい手つきで。」
PHOTO. 3
その手に優しさがあればあるほど、執着が見えて怖い…
この後、千明が帰ってきてくれて難を逃れましたが、その登場シーンまで玲奈ちゃんは外のモニターを見て待ってます。
玲奈ちゃん「さっき近くで演技見てるときは気づかなかったけど、モニター越しに見てるとこの息遣いとか本当に怖い!きっと未亜は早く誰か帰って来て!って思ってますよね。」
高橋さん「ぼくも自分でやってるときは分からなかったんですが、モニター見てびっくりしました!ホント怖いですね…」
PHOTO. 4
まじこわ
演じている自分でもびっくり。テレビだからこそ感じる怖さというのがあるんですね。
PHOTO. 5
千明帰ってきてくれてよかった…
そして会社にもやってきた陽太。ダメだよ未亜、こういう時は人のたくさん居るほうに行かなきゃ!密室はダメ!!
高橋さん「エレベーターに向かっていくまでが勝負です!」
PHOTO. 6
ここから一直線に走って
監督からエレベーターの扉をこじ開けるときに顔を伏せずにいるよう指示を受けていた高橋さん、ロビーの反対側から走り寄るときもまっすぐに未亜を見ているので、独特の走り方になっているのがまた怖かった…
PHOTO. 7
たったかたったか走る高橋さん
PHOTO. 8
リハーサルでは咲ちゃんたちもつい笑顔
だけどエレベーターの中は本当に怖くて、降りたところで走って逃げていく未亜。
監督「こらこら、走り抜けちゃダメ!ここで海里がエレベーター待ってて居るから!」
咲ちゃん「あ、そうだ、怖くて周り見えてなかった!」

置いてけぼりになってちょっと困った滝沢さんです。
PHOTO. 9
あそこで二人の世界になってるから
呆然と二人のキスを見送るしかなかった陽太。高橋さんが「この去り方、本当にさびしそうですよね…」とおっしゃってましたが、さびしそうというか何というか…
PHOTO. 10
ただただ呆然
これで陽太は諦めてくれるのか。自分のものと思っていた未亜が目の前でほかの男からのキスを受け入れている姿を見てどう思うのか。
さまざまな思いが交錯する「せいせいするほど、愛してる」、次回もどうぞご期待ください!
PHOTO. 11
TBS FREE/配信は終了しました
TBSオンデマンド/配信は終了しました
このドラマはフィクションです。登場する企業やブランドの実際の活動とは一部異なる部分がございます。
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.