〜現場レポート〜

vol. 21 どんなお客様にも心を開いて7.24 Sun.
ティファニーは高級すぎて、プレゼントとして買いたいけれど大学生にはちょっと敷居が高くて…そう思っている男の子は多いです(たぶん)。
きらきらしたお店、ドアを開けることすらとまどってしまう男の子が今日もここに。
PHOTO. 1
何かお求めですか?
大学生だという石岡くん。未亜のつけているネックレスを見て「それ!」と声をあげてしまいますが…
PHOTO. 2
人を指差しちゃダメ!
石岡くんが未亜を指差した理由、それは未亜のつけているオープンハートペンダントが欲しかったから。未亜にとって大切な思い出のオープンハート、これを大好きな人に贈りたいというその気持ちがとても嬉しい!
本来、お客様の応対をするのは店舗スタッフなのですが、直接声をかけられた未亜、とことんお客様のお話を聞いて、満足できるものをお買い求めいただくのが一番の喜び!広報部は一般に「ティファニー」を知ってもらうことが大切ですけれど、その上で実際に手にとって身につけたい、大切な人に贈りたいと思っていただければそれは最大の幸せ!
PHOTO. 3
うまくいって欲しいなあ
…そういえば。以前、副社長を店舗に案内したとき、お客様に声をかけていただきましたが。「こっちのほうが高いから」という理由で決めていたような…どちらもお似合いで、本当に迷っていたから何か決め手が欲しかったお客様だったから納得されていらっしゃいましたが、それではいけないんですよ、副社長!
PHOTO. 4
こちらの品をお求めなんです!
大学生の石岡くんを演じてくれているのは吉沢亮くん。本当にまだ「少年」の空気を残していて、実際のティファニーのお店にちょっと気後れしている様子。
吉沢くん「好きな女の子にプレゼントしたい!と最初に思うのって、やっぱりネックレスやペンダントですよね。どういうのが好きなのかな、とぼくも探した記憶があるので、そういう甘酸っぱさを思い出しました。」
PHOTO. 5
想いが伝わればいいな
好きな女の子へのプレゼントという健斗くん。その話を聞いた未亜を演じる咲ちゃん、すごい前のめりです!やっぱり女の子、未亜が恋してるとか関係なくそういう話好きだよね!
対する副社長役・滝沢さんは「だったらもっと高級品を!」と、あたかも「それが男の甲斐性ってもんだろ!」と言わんばかりのものすごい力強さ!
滝沢さんの商売人っぽさに現場は笑いがこぼれるのですが、未亜に対するざっくばらんな態度も、二人の距離感ちょっと変わった?と思えますので、注目です!
PHOTO. 6
そうなんだ!
お客様が商品をご購入の際には、プレゼントですしお店の方がきちんと包装してくれます。ああ、あのティファニーブルーの箱にかかった白いリボンをほどく瞬間、憧れるなあ…
ということは、リボンをかけてくださるわけですが。これがものすごく難しい!らしい!店員さんは本当の店員さんではなく、ドラマの店員さんとして演じてくださっている方なので、実際のお店の方にリボンのかけ方を教えてもらうのですが…
PHOTO. 7
目にもとまらぬ早業
神業。目にも留まらぬ早業で美しいリボン結びが出来上がっていて、よくこういう包装を用意する美術さんにも「これは一朝一夕では無理です!!」と、最後、きゅっと結ぶところだけにしてもらいました…★

果たして悩める青年の恋は実るのか。そして未亜の恋は実を結ぶのか。心を開いて、そして繋いで、この想いがどうか届きますように。
TBS FREE/配信は終了しました
TBSオンデマンド/配信は終了しました
このドラマはフィクションです。登場する企業やブランドの実際の活動とは一部異なる部分がございます。
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.