峠田Pの“生まれたてほやほや成長記録!”|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
【6】カウントダウン「3」
2015.10.13 Tue.
あっ、iphone6の充電器が無い。ロケ先に置いてきたもようです。
せめて、誰かに大事に使っていただきたいなと思います。

今日は、星野源さんが演じる「四宮春樹」について、書きます。
四宮は原作ファンの方々の中でも大人気の人物です。

原作をお読みの方には言わずもがなですが、
四宮は、研修医時代から、よく笑い、爽やかな医師でした。
しかし、ある出来事を経験してから、患者や同僚に冷淡とも見える今の姿になったんです。

そんな四宮ですが、鴻鳥サクラのモデルとなった荻田先生も、
「自分の中に、サクラと四宮がいる」と、おっしゃっているように、
取材した産科医の多くの方が、四宮にどこか共感する部分があると話してくれました。

ちなみに、脚本家の山本むつみさんや監督、プロデューサーにもそれぞれの“四宮像”があり、今でも、いろんなところで、各々の主張がよく衝突します 笑

この四宮について、星野さんは、「一番人間くさい」と感じると話してくれました。
「全ての責任を背負い、それでも医師であるために“冷たさ”という鎧を着ている」と。
(もし私が聞き間違えていたら、星野さん本当にすみません!!すぐ訂正します!!)
すごく大好きな表現でした。
私の言葉にしたいくらいでした 笑

四宮は、今回のドラマ「コウノドリ」の中で、その鎧を脱ぐことができるのか?
このドラマの大きなテーマの一つです。
ぜひご注目ください!!

明日は・・・(まもなく今日だ!やばい!)、コウノドリについて、新たな情報も出ます!!
そちらも、楽しみにしていてください。
カウントダウン「3」はこれでおしまいです。
ギリギリ間に合ったー!!

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.