峠田Pの“生まれたてほやほや成長記録!”|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
【3】我が子の誕生
2015.10.9 Fri.
なんと10月に入って一度も更新していないという恐ろしい状況のこの日記。
さぼっていたわけではありませんが、大変申し訳ありません。
誰も更新を待っていないという噂もありますが…笑
先日、六本木ヒルズのTOHOシネマズで試写会と制作発表がありました。
招待したのは、産科や新生児科の医療従事者や医学生の方々。
試写会というだけで緊張するのに、その道の専門家に見せるなんて、
自分で企画をしておきながら、実際近づいてくると不安で不安でたまりませんでした。
いざ上映が始まり、生まれたての我が子をみなさまがどう受け止めてくれるのか、
そんなことを考えながら裏手でソワソワして意味なく歩き回っていた私は、
ソファーで話しをしている綾野さんと大森さんを発見。
お二人もこの日、初めて1話を見たので、感想を聞きたいと思い、話に割り込みました。
しかし、感想を話すまでもなく、始まったのは、
1話を“さらに”良くするにはどうしたらいいのかという話。
「手術のシーンに、呼吸を入れよう」「あの電話のシーンは、変えて良かった」などなど。
雰囲気がかなりいい感じのBARでオレンジジュースとジンジャエールとコーラを片手に
お二人と話し込んでいると、いつのまにか試写会の上映終了していました。
試写会後の制作発表には綾野さん、松岡さん、吉田羊さん、星野さん、大森さんが登壇。
キャストの熱い思いも語りながら、笑いも絶えない良い制作発表になったと思っています。
この模様はHPでも見られますし、来週半ばには、コウノドリの“新情報”発表ととともにテレビでも放送します。
ちなみに新情報というのは…って、早く言いたくてウズウズしています 笑
ぜひぜひお楽しみに。
制作発表も終わり、来場されたみなさまのお見送り。
その際、私たちの思っている以上に、ありがたい言葉をかけていただきました。
「私たちの仕事(産科医)って、良い仕事なんだって再認識しました」
「このペルソナ病院の一員になりたいです」
「我が子の出産を思い出して泣きました。早く帰って抱きしめたいです」
ご来場いただいたみなさま本当にありがとうございました。
みなさまのご感想は、すぐにキャストに伝えしました。

来週のこの時間は、初回直前でもっとソワソワしているんだろうなと思います。
手前味噌になるので、ここからは独り言ですが、
「本当に良い作品ができたと思うので、ぜひぜひ見てください」
初回は10月16日金曜日10時です。初回は10月16日金曜日10時です。
お忘れなきようよろしくお願いいたします。

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.