峠田Pの“生まれたてほやほや成長記録!”|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
【16】忘れられない出来事…
2015.12.2 Wed.
今週は8話です。
12月に入り、撮影も大事なシーンがたくさん残っているものの、あと一週間を切りました。
今、BABYのライブ会場で撮影中に、これを書いているんですが、
隣で準備をするキャストやスタッフの笑い声が聞こえて、これが聞けなくなるんだと思うと、正直、さびしいです…。

9話、10話に向けては、前半戦でもやりましたダイジェストの放送も2週連続で予定しています。
今ちょうど横で、「うーん、うーん」という声も聞こえますが、
そのダイジェストの構成をAPのまっちゃんが、絶賛考え中です。
フェイスブックも担当しているので、見たいシーンがあれば、リクエストしてあげてください。
ツイッターでのリクエストもお願いします。

8話は、原作にもある無脳症と口唇口蓋裂がテーマです。
脚本は、7話に続き、坪田文さんです。
演出は1、2話に続き、5話の「14歳の母」を担当した土井裕泰監督です。
もちろん全部思い入れのある回なのですが、この回に向けては、忘れられない出来事がありました。
難しいテーマで、正直、台本作りも、坪田さんと制作チームのみんなでとても悩んでいました。
どう描けばいいのか…。
そんなとき、私たちのもとに「コウノドリのドラマ化を知り、送りました」と書かれた一通の手紙が届いたんです。
口唇口蓋裂のお子さんがいるお母さんからのお手紙でした。
そこには、お母さんや家族の色々な心の葛藤が書かれていました。
そして、何よりお子さんへの深い愛情が書かれていました。
その手紙は、私たちの背中を押してくれました。
そのお子さんも、今回出演してくれるんです。
すごくかわいいです!!
本当に感謝しています。

8話については、もうひとつどうしても書きたいことがありますので、またすぐにアップします。
今週金曜日、夜10時から8話をぜひご覧ください!!

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.