SFS連絡帳

バナー広告

メニュー

スペシャルコンテンツ



たくさんの感想ありがとうございます!
2012年3月21日(水)
最終回を迎えた「ステップファザー・ステップ」、たくさんの感想を書き込んでいただいて嬉しいです!プレゼントクイズもラストチャンス、たくさんの書き込み、ご応募お待ちしています!
さてさて、放送直後は多くを連絡しませんでしたが、最終回の撮影時もいろいろありました。最後になって圧倒的な存在感を示してくださった画聖=ピカソこと平泉成さん!第9話からの登場でしたが、すっかり柳瀬ファミリーです。もともと柳瀬さんや怪盗キングとは知り合いだったようですし、ナオちゃんともすっかり仲良しです。

自信作を一緒に鑑賞
市長の秘書の溝口さん、画聖とも怪盗キングとも知らずにセバスチャンの絵の話を進めていました。贋作を描いた画聖はすべてを知っています。緊迫したやりとりをする怪盗キングと溝口さん、それを見つめる画聖たち…
平泉さん「ここ、後ろの3人手をつないでいようか。目の前で緊迫していればしているだけ、ギャップがあって面白いよね!ナオちゃんとも、もうすっかり仲良しなんだもん。」
…えーと。皆さん仲良しなのはとても素敵なことだと思います。見ているほうにも伝わってきています。でも、ほほえましくなりすぎちゃうから、ふつうに(?)シリアスに演じてくださいました☆

「手、つないでいたかったな」
そして「似顔絵が完成した!」と大喜びする脇坂夫妻。怪盗キング「当分捕まりそうにないな」と言っていましたが、まさに大丈夫そうですね!
須藤さん「これ、誰が描いたのかしら(笑)。」
いっけいさん「ある意味、似てるよね。」
須藤さん「失礼な!」

似てませんよ!!
早苗ちゃん「これってほうれい線?」
須藤さん、いっけいさん「よく知ってるね…」

小さくても女優さん、気になるところなんですね…

イヤな言葉知ってるね
そんな早苗ちゃん、授業参観では大好きなお母さんのことについて書いた作文を読みました。本編では「お母さんの芳江さんみたいになりたい」というところでカットされてしまっていましたが、実は撮影ではえんえん読み上げています。

「お母さんみたいになりたいです」
「お母さんは近所の人がみんなお友だちで、歌もうまくて、お話上手で、この前山梨のおばあちゃんの家に行ったときも」
須藤さん「なんか恥ずかしいから、早くとめて!絶対こんなに使わないでしょ!!」
はい、そこまで使いませんでした。でも、淡々と読み上げる早苗ちゃんと、感極まって喜ぶ脇坂夫妻がとても幸せそうでしたよね!
「ステップファザー・ステップ」、撮影中はいろんなことがありました。出来る限りお伝えしてきたつもりですが、もちろんこれがすべてだったわけではありません。出演者、スタッフのたゆまぬ努力、熱意、そして遊び心と笑顔に溢れた、本当に温かい撮影現場でした。ここで一つ現場でのお話を。ところどころでお伝えしていましたが、上川さん、双子役の龍生くん樹生くんはそれぞれ犬を飼っています。上川さんは時々撮影現場に犬を連れてきてくれて、スタッフ一同のなごみとなっておりました。そして、島添監督も犬を飼っていて、ときどき連れてきていたんです。同じ髪型がチャームポイント(笑)。みんな、まったくと言って吠えない子たちでお利口さん☆島添監督の飼っている犬は「コテツ」と言う男の子で、大人しいのですが、キレイな女優さんが大好き!HPスタッフは全く近寄ってももらえませんでしたよ!!最終話では平山あやさん、溝口秘書役・小沢真珠さんにまず近寄っていくという…誰に似たの!?

男なら当たり前!?
パパが来てくれたことに気づいた二人、そして礼子先生。演じているみんなも本当にいい笑顔でした。この先の毎日もきっと笑顔笑顔!

パパが来てくれたんだよ!
メッセージはまだまだ受け付けていますので、たくさんの書き込みお待ちしています。皆さま「ステップファザー・ステップ」を応援してくださって本当にありがとうございました!!

バックナンバー


Twitter・Facebook

@step_tbs
『twitter』でフォローしてください! ※Twitter社のサイトに移動します
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.