2016年4月12日スタート

現場レポート

春、河さんとの出会い

2016.4.7

季節は
街中にはフレッシュな新社会人の皆さんの希望に満ちた笑顔で溢れています^^『重版出来!』は漫画編集部を舞台にした、黒沢心ちゃんという新社会人の奮闘記でもあります。
バイブス編集部員やバイブスで連載している個性的な漫画家さんたちに囲まれて日々成長していく心ちゃん…

写真

その個性的なキャラクターを演じているのも個性豊かな出演者の皆さんなのですが…相関図をご覧になってもおわかりになるように、それぞれのキャラがとっても濃ゆい(笑)!
連日の編集部での撮影でも、スタッフ・キャスト関係なく笑い声がまったく絶えない撮影現場なのです。それは先日アップした完成披露試写会の質疑応答編のレポートでも、その楽しそうな様子がうかがえると思います^^

バイブスメンバーだけではなく、小料理屋の重版の女将・ミサトさんや、心の日体大時代のチームメイトなどなど…会社の外でもたくさんのキャラクターが登場。
そんな中、心たちが一生懸命につくりあげた作品たちを売る本屋さんに登場するのは濱田マリさん演じる書店員の河さん。

写真

河さん演じる濱田さんと黒木華さんはお2人とも関西出身!「華ちゃんは関西弁がでないのねぇ」と関西トークに花を咲かせていたり、つら〜い花粉症の話題で盛り上がったりと、和気あいあいとした撮影になりました!
そして、この書店のシーンには坂口健太郎さん演じる小泉くんも営業マンとして来店するのですが、小泉のキャラクターがどんなキャラクターなのか、よぉ〜くわかるような登場シーン。

写真

坂口さんは出演が決まる前から原作「重版出来!」を読んでいたそうで「小泉役と聞いて、アレ?どんなキャラだっけ?と僕自身も考えてしまいました(笑)」とおっしゃるほどのユーレイっぷりの小泉くん(笑)。
いつも笑顔が素敵な坂口さん演じるユーレイ小泉くんが、ドラマ「重版出来!」で、どんな表情をみせてくれるのか…1話をお楽しみにしていてくださいね!

写真

さて…そんな書店員・河さんにはこぼれ話がありまして、原作者である松田先生が河さんのモデルにした書店員さんが実際に働いていらっしゃる本屋さんでドラマ撮影が行われました。
営業終了後にお借りしたので、残念ながらお会い出来なかったのですが、なんだか素敵な縁を感じた撮影になりました♪

写真

書店のシーンは、心が“あること”に気付くきっかけになるシーン。
夜遅くの撮影にも関わらず、全速力で元気に書店を駆け抜ける心ちゃんにも注目してくださいね!

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
/ © 松田奈緒子 / 小学館

トップへ