撮影日記

12   【第3夜】学級崩壊とコミュニケーション

2012.04.03 up

第3夜は、松下奈緒さん演じる滝沢桃子先生が担任をする3年2組の物語です。
現代の学校は、ささいなことから一気に崩れてきてしまいます。先日、各話の出演者の皆さんのインタビューをUPしましたが、こういう学級崩壊、無関心など、そうなってしまった原因の一端が皆さんのお話の中から伺うことが出来るかと思います。まずは5日の放送前に、皆さんのドラマに対する熱い想いを読んでくださいね!

神木隆之介さん演じる大宮正樹くんは、転校生です。これまでなんでもなかったクラスが、たった一人の反抗で崩壊していく…目の当たりにする桃子先生は本当につらいです。現代の、身近な問題だけに、見ていて本当に苦しくなってしまうくらいです。誰も耳を傾けてくれない授業、先生はどうしていいかわからなくなってしまいますよね…

(写真)

「授業を聞いて!」

(写真)

カメラのないところではちゃんと聞いてるよ☆

しかし、そんな大宮くんを演じる神木くん、カメラの回っていないところではとても優しく、そして楽しい少年(青年?)です。松下さんともすっかり打ち解けて、とても仲が良さそうに見えるのですが
神木さん「ぼくと松下さんは張り合っているんです!」
すごい、役者同士熱い演技がぶつかっている!松下さんが、スタジオ前の、前室という控え室で何か、メモを手にとります。

(写真)

「こうきたか…」

前室には、役用の小道具、靴など役ごとの棚のようなものがあるのですが、そこにメモがたくさん貼ってあるんです。
松下さん「わたしたち、これで会話しているんです。」

(写真)

お二人、ちょっとしたメッセージだったり、面白いことだったり。小さなことですけれど、ステキなコミュニケーションが取れているんですね!
そんなお二人、ドラマの中では激しい魂のぶつかり合い、息をのむ展開に目が離せません。第3夜は7日(土)よる9時放送です!

(写真)

バックナンバー

ページトップへ