撮影日記

03   【第1夜】終戦直後の蒲田駅

2012.02.26 up

まだ寒い日もありますが、だいぶ春めいてきた気がしますね。「ブラックボード」第1夜は、戦争中に教壇に立っていた、櫻井翔さん演じる白濱先生が、戦後、復員して蒲田駅に戻ってきたところからクランクインしました。

(写真)

終戦直後の混沌とした闇市、毎日を必死で生きていこうとする人々の息遣いが聞こえてくるようなマーケットは、オープンセットと言いまして、町並みから全て作ってしまいました!

(写真)

子どもたち、みんな元気です!汚れた服なんて着たことがないし、こんな風景も知らない世界で、寒さも感じずに楽しんでます☆

(写真)

みんな、自分の顔は見えないけれど、相手の顔をさして「すごい汚れてる!」とか言っていますが。キミも充分汚れているんだよ。

(写真)

「何その顔!」「そっちこそ!」

メイクさんのお仕事は、キレイにするだけではないんです。こうして汚れた顔にするのも、メイクさんのお仕事なんです。

(写真)

「じっとしててね」

笑顔溢れる撮影現場ですが、混沌としたこのとき、子どもたちはどんな思いで生きていたのか…学校に行きたくても行けなかった子どもたちも多かったでしょう。この第1夜では、そんな子どもたちの生活、先生の葛藤など、さまざまなことが描かれます。大人も子どもも、目をそらさずに見て欲しいと思います。出演者も、熱く演じてます!現場の様子など、またご報告しますので、どうぞお楽しみに!

バックナンバー

ページトップへ