イントロダクション

どこにでもある学校、どこにでもある教室──。
そこにはたくさんの子供たちがいた。
そして、傷だらけの先生がいた。
3つの劇的な時代、
3人の魅力的な教師、
ひとつのブラックボード(黒板)に書かれた
言葉をめぐる、
時代を超えた物語──。
子どもたちは何を学んできたのか?
大人たちは何を伝えてきたのか?
終戦直後、高度経済成長期、そして、震災後の現代──。
日本にとって変革の節目に生きた3人の「問題教師」の姿を通して、
教育とは何か、日本人とは何か、人間の希望とは何かを探る物語
あなたには、忘れられない先生がいますか?

ページトップへ