現場レポート:日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』

REPORT 現場レポート

[19] 羽村と深冬が知った真実

5話の放送が終わりました。

ついに…自らの病状に気付いた深冬先生
深冬を愛している人々皆がやるせない気持ちで終わった5話。

PHOTO1

深冬先生以外に5話では恩師を信じていた羽村先生の目の前にも真実が突きつけられました。
事故調査委員に選ばれた羽村先生は恩師の医療ミスを指摘することになり、恩師は権威として居続けることで、医者として優先すべきことを見失ってしまったと去ってしまいました。

どこにもぶつけようのない憤りを持った羽村先生は、今までに見たことないほどの感情を沖田先生にぶつけていましたよね。
このシーンは、手術シーンのときの緊張感とはまた違い、リハーサルから今までに感じたことのないほどの静かだけど激しい熱量もある撮影になりました。
壮大さんのようにグーではなく、平手で沖田先生に殴りかかるのは羽村先生らしいですよね。この平手で殴る動作もリハーサルまではフリで行い、本番直前に木村さんから「(リアルな熱量が欲しいから)本気でかかってきてくださいね」と力強い言葉が。それに応えるように及川さんも「はい!」と力強く返事をして行われた撮影でした。
その本番の気迫たるや!
監督は「このシーンでは二人の男の怒りと怒りがぶつかりあう感じが欲しい」とお話していたのですが、その言葉どおりに二人の男が全力でぶつかり合うその気迫は皆さんにも画面で伝わったかと思いますが、撮影現場でも本当にすさまじいオーラでした。
本番を終え「カット!」がかかると、思わず二人とも笑いあい「ホントにたっくんとはケンカしたくないなぁ」と、沖田先生のあまりの気迫にポロっとこぼしていた及川さん。モニターチェックも一瞬の瞬きもせず真剣なまなざしでチェックをして、小さく頷いていらっしゃいました。
本番後の木村さん及川さんお二人の姿は、信頼関係で結ばれている姿でしたが、この一件を終えた羽村先生も今後、どう変化していくのでしょうか…

PHOTO2

一方で、この二人のぶつかりをみていた第一外科医局メンバーの皆さま。赤木・黒谷・白川の3人衆(ド○ンジョ一味みたいだねと現場ではしばしば…)と井川先生
ソワソワしながらも動きを観察し、それぞれの動線を細かく確認。黒谷さんが「井川先生、(止めるの)バシっとお願いしますよ!」と頼んでいたのですが、まさかの井川先生「由紀ちゃんも止めてよね!」と由紀に頼み込み…確かに由紀さんは頼りがいはありますが…。
対して深冬先生「どうしていいかわからなくて、ドンドン萩原先生を前に押し出しちゃった(笑)」とキュートに笑っていたり^^、緊張感の中でも、いつもどおりに賑やかな医局でした。

PHOTO3

さて、ついに自分の病状を知ってしまった深冬先生
刻一刻と迫るその時間。沖田先生と壮大さんは可能性を見つけることが出来るでしょうか。

そして、来週の6話は顧問弁護士の実梨にスポットが当たります。
彼女の隠された過去、壮大への本当の想いは…?

物語もついに核心に迫る『A LIFE〜愛しき人〜』第6話は、2月19日(日)よる9時から。お見逃しなく!!

2017.2.12 Sun.

最新4件の記事

- OFFICIAL SNS -

※ 外部サイトへ移動します

Instagram
@a_life_tbs
»

Twitter
@A_LIFE_tbs
»

Facebook
alife.tbs
»

LINE
@alife
»
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.