金曜ドラマ『恋する母たち』

2020年10月スタート
毎週金曜よる10時〜



ORIGINAL/原作紹介

柴門ふみ『恋する母たち 1』(小学館)
名門中学に息子を通わせている
三人の母たちの物語。
互いの心中を
少しずつさらけ出し合いながら、
三様の人生はやがて交錯し始める。
母であり、妻であり、
現役の"女"である彼女たちは、
それぞれの岐路に立ったとき、
どんな行動をとるのか?
心に芽生えた思いは叶えられるのか?
子供は、夫は、
出会った新たな男たちは
どんな反応を見せるのか?
恋する母たちの行方はいかに…

STORY/あらすじ


»
#1.
石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子どもを中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿もある。杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて、驚く。
杏たち3人の母親には、人に言えない悩みや心の傷があった。杏の夫・慎吾(渋川清彦)は11年前に人妻と失踪。杏はそのことを相手の女の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされた。キャリアウーマンの優子は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養っていて、家庭よりも職場を自分の居場所と感じている母親だ。セレブ主婦のまりの悩みは、弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)の不倫。そのまりが、チャリティー・パーティーで出会った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から猛アプローチを受ける。
ある日、再び斉木が杏を訪ねてきた。そして思いもよらない事実を告げられる…。
“あらすじ”を詳しく見る

REPORT/現場レポート


vol.1
公式サイトオープン
9.25 up
»
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.