吉田 羊さん(林優子役)インタビュー|金曜ドラマ『恋する母たち』

毎週金曜よる10時〜

INTERVIEW/インタビュー


Q. 『恋する母たち』にかける意気込みをお願いします。
原作が柴門ふみさんということで、私の周りにいる人たちのドラマに対する期待値が本当に高いんです。個性的で魅力的な俳優陣もそろっていますし、面白くならないわけがないという気持ちでいっぱいです。大石さんの台本もとにかく面白いので、俳優としては良い意味でプレッシャーを感じています。
「原作の持ち味をいかしたい」という大石さんの言葉通り、女性たちの夢と現実が絶妙に入り混じった脚本だと思いました。女性という生き物が持つ本能や強さをテレビで表現できるギリギリまで攻め込んで表現しているなと。それでいて、いくつになっても必要とされたい女性の心の叫びのようなものも描かれています。この作品をご覧になって、胸がすく思いをする人もいれば、怖いと感じる人もいるかもしれません。とても振れ幅のある作品ですので、きっと3人の母たちの誰かに共感していただけると思います。
----------

Q. 吉田さんが演じる林優子は、どのような女性ですか?
優子さんはバリバリのキャリアウーマンです。小説家志望の夫・シゲオさんと引きこもりの息子・大介を養う一家の大黒柱。でも、優子さんは息子との向き合い方で悩んでいるので、家にいるよりも会社にいるほうが落ち着いてしまうんです。そこで自分の母親としての適性に疑問を持ってしまう。そんな揺らいでしまう彼女の懐にすっと入り込んでくるのが磯村勇斗さん演じる優子の部下・赤坂くんです。まさに予想外の恋に足を踏み入れていくお母さんですね。
優子はシゲオさんに不満はないし、シゲオさんも心から優子を愛してくれている。息子のことで悩んではいるけれど、決して家庭に不満はないんですよね。ただ、妻になり母になり嫁になって、女性として役割が増えていく中で、ふいにただの女性として求められてしまうと、フラっとそちらへ行ってしまうのかもしれないですね。
----------

Q. 優子を演じるにあたり、心がけているところは?
彼女はバリキャリですけど、決してとっつきにくい女性ではありません。むしろチームワークを大事にして、部下に対しても常に気にかけ、懐の深いリーダーシップを持っている女性です。人間的な成熟度が彼女の魅力だとも思っていて。なのでお芝居をするときは表情や言葉がきつくなりすぎないよう気を付け、共演者の皆さんとコミュニケーションを大切にすることも心がけていますね。
優子は家庭と仕事、恋という女性の三大欲と言えるものをすべて手にしようとしている女性の理想が詰まったキャラクターですよね。下手をするとねたまれがちなのですが、原作の彼女を見ると1つとして嫌味なところはなくて、むしろ愛らしいキャラクターです。社員証をぶら下げたまま電車に乗ったりする抜けたところがあって、それが彼女の人間っぽさであり、男性からするとなんかほっとけないのかなと思います。
----------

Q. そして優子の旦那、シゲオを演じるのはお笑い芸人の矢作兼さんです。
実は矢作さんの説得力のあるお芝居に驚かされています。おぎやはぎさんの芸風にも通じる「引き算」というか、演じにいくのではなく、ただそこに立つ佇まいがとてもリアルで。矢作さんが一瞬、セリフのとんだシーンがあったんです。でも、まるで「これは自然の間」というように一呼吸おいて、セリフを思い出してから次のセリフにいったときがあって。あの動じなさは、長年お笑いライブで鍛えられた強さなのかなぁと思いました。すごかったですね。
お芝居で無理に優子さんを動かそうとしないし、原作のシゲオさんが持つ優しさ、穏やかさ、切なさみたいなものすべてを体現されています。原作を読み返してみると、もはやシゲオさんが矢作さんにしか見えなくなってきました(笑)。
----------

Q. 木村佳乃さん、仲里依紗さんと共演してみていかがでしょうか?
現場の雰囲気がとても良いですね。座長の佳乃ちゃんの明るさもあって、皆さん明るくて穏やかでいつも笑わせてもらっています。恋愛ドラマって、現場もキュンキュンするから平和なんです。母たち3人の恋愛模様が描かれていきますが、お互いの恋愛模様に絡むことがないので、3人のシーンはどこか気が楽なんですよね。
物語全体でいうと、3人の母たちの友情も大きな柱になっていると思います。同じ悩み、苦しみを抱えた者同士がお互い、大きな支えになっていくのかなと。このドラマを見てくださる方にも母たちの友情がもたらす救いや希望を感じていただけると思います。
----------

Q. 最後にドラマをご覧になる視聴者に向けてメッセージをお願いします。
昨今の風潮に挑むようなテーマではありますが、このドラマはただの不倫ドラマではないと思っています。母たちが、真剣に恋をして、なおかつその恋をきっかけに幸せに生きるとはどういうことなのか模索していく、たくましい女性たちの物語なんです。家庭がありながらも恋に落ちてしまう母たちの姿を「いっちゃダメ、いけない! いけない!」と思いながら、ドキドキ、キュンキュンしていただけたらうれしいです。
----------

ARCHIVES


  • »

  • »

OFFICIAL SNS

* 外部サイトへ移動します *
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.