はじめに|金曜ドラマ『恋する母たち』

毎週金曜よる10時〜

INTRO/はじめに

なぜ、母になっても女は恋に落ちるのか…
原作・柴門ふみ × 脚本・大石静
新時代を生き抜く
すべての人に送るラブストーリー!
19年ぶりTBS連続ドラマ
主演・木村佳乃
共演に吉田羊仲里依紗
秘密と悩みを抱える美しい母たちの
三者三様の運命を描く!

左から:仲里依紗、木村佳乃、吉田羊

10月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で『恋する母たち』を放送することが決定した。
恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみと恋愛ドラマの名手・大石静という、数々の名作を生み出してきた2人がタッグを組み、TBSの金曜ドラマにふさわしい極上のラブストーリーをお送りする。
原作は、柴門ふみによる同名の人気作品。迷える母たちの恋愛と友情を描き、「女性セブン」(小学館)で2017年から2020年7月まで連載された。柴門の友人たちの話をもとに10年以上温めて描いたと言われており、共感性が高く女性からの支持が高い作品だ。
脚本を担当する大石静は、若年性アルツハイマー病に冒されたヒロインと小説家の恋愛を描いた2018年放送の金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』をオリジナル脚本でヒットさせたことが記憶に新しいが、TBSのみならず各局の歴代の恋愛ドラマ、そしてそれぞれの時代を生きる女性の物語を描いてきた名手である。
物語の主人公・石渡杏(いしわたり・あん)役には、『嫁はミツボシ。』(2001年)以来、19年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務める木村佳乃。杏は旅行代理店で働く夫と一人息子の3人で何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然、夫が失踪し生活が一変。その後、息子をシングルマザーとして育て、この春有名進学高校に入学させたという役どころだ。
そして、杏と同じく名門校に通う息子を持つ林優子(はやし・ゆうこ)を演じるのは、吉田羊。「理想のオトナ女子」として女性たちから支持を得ている彼女が演じるのは、売れない小説家で主夫の夫と高校生の息子を養うバリバリのキャリアウーマン。家庭は順風満帆に見えるが、実は息子が長らく引きこもり生活をしていることを悩んでいる。
さらに、2人と同じ名門校に通う長男を持つ蒲原まり(かんばら・まり)を演じるのは、メインからクセのある脇役と、その演技力に定評のある仲里依紗。まりは、長男のほかに二人の娘を持つ3児の母。夫は法律事務所の代表。キラキラしたセレブ暮らしを送っているが、夫が不倫をしていることに気づいていながらも、問い詰めることが出来ずにいる。
三者三様の家庭環境を持つ3人の美しい母たちには、一見幸せそうな生活を送りながらも、誰にも言えない秘密と悩みがあった。ギリギリで平穏を保っている母親たちの心の隙間に入り込む、別の男性との“恋愛”の行末は如何に──。
木村佳乃・吉田羊・仲里依紗が演じる
3人の母を魅了する
3人の男性が決定! まりを強引に誘惑する
人気落語家役に阿部サダヲ
杏の夫が駆け落ちをした
相手の夫役に小泉孝太郎
そして、優子の心を揺さぶる
後輩社員役に磯村勇斗

左から:磯村勇斗、阿部サダヲ、小泉孝太郎

チャリティイベントで出会ったまりに一目惚れし、強引に誘いをかける人気落語家・今昔亭丸太郎(こんじゃくてい・まるたろう)役には、様々な役柄を縦横無尽に演じ、ドラマや映画、舞台とあらゆるジャンルで存在感を発揮している阿部サダヲ。杏の前に現れる、夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧(さいき・たくみ)を演じるのは、俳優としてのみならず、バラエティ番組でも爽やかな人柄で幅広い世代の女性の心を掴んでいる小泉孝太郎。そして、優子と同じ会社で働く優秀なイマドキ部下・赤坂剛(あかさか・ごう)役には、映画やドラマに引っ張りだこの、いま最も旬な俳優のひとりである磯村勇斗が決定した。
この3人の男性が、傷つき、もがきながら生きる女心をどう解きほぐし、心の隙間に入り込むのか…。「私の目の前にこんな人が現れたらどうしよう…」と妄想、共感しながらドラマをお楽しみください。
木村佳乃・吉田羊・仲里依紗が演じる
3人の母たちの息子が解禁! 優子の息子には映画に大抜擢され
ドラマ初出演となる
まりの息子には
CMでも大注目の新星
杏の息子には
初出演ドラマで話題沸騰中の
次世代を担う俳優たちの出演が決定!
さらに豪華共演陣も発表!

左から:藤原大祐、奥平大兼、宮世琉弥

吉田演じるキャリアウーマンの優子の息子で長らく引きこもり生活を送る大介(だいすけ)を演じるのは、今年7月に公開された映画「MOTHER マザー」で、初演技にしてメインキャストに大抜擢され、その類稀なる表現力が話題となっている奥平大兼。仲演じるまりの息子で何不自由ない生活を送りながらも両親に反抗を繰り返す繁秋(しげあき)を演じるのは、若手俳優の登竜門ともいわれるCMに抜擢され、ドラマや映画への出演経験も多く、その端正なルックスから同年代からの支持も厚い宮世琉弥。そして、木村が演じる杏の息子で、女手ひとつで育ててくれた母を常に思いやる優しい高校生・研(けん)を演じるのは、現在放送中の初出演ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(YTV)で、その瑞々しい存在感で視聴者を魅了している藤原大祐が決定した。彼らは同じ名門校に通う息子3人の役柄と同年代。彼らの等身大の芝居も見どころのひとつだ。
そして、母たちを悩ます夫たちも決定した。失踪した杏の夫・慎吾(しんご)役には、ひと癖もふた癖もある難役もその演技力で存在感を示し、名バイプレイヤーとして名高い渋川清彦。自身の弁護士事務所の部下と不倫をしているまりの夫・繁樹(しげき)役には、舞台を中心に活躍し、その独特な存在感と演技力で多くの人の心を掴んできた玉置玲央。また、優子の夫で売れない小説家のシゲオ役には、お笑いコンビとして不動の人気を誇る一方、TBSドラマ『うぬぼれ刑事』(2010年)、『空飛ぶ広報室』(2013年)での好演が光った、おぎやはぎ・矢作兼が決定した。3人の夫は物語のキーパーソンであり、それぞれが妻と息子にどう向き合っていくかも見どころとなる。
さらに、母たちと深く関わっていく女性キャストたちも解禁。
杏の夫・慎吾の母の綾子(あやこ)を演じるのは、大石静の脚本で2018年に放送したTBSドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』で、息子を溺愛する母を演じた夏樹陽子。まりの夫・繁樹の弁護士事務所に所属する新人弁護士で、繁樹が妻帯者と知りながらも男女の関係となり、まりへの嫉妬のあまり思いもよらない行動をとる山下のり子役には、Netflixオリジナルドラマ『全裸監督』での体当たりな演技で一躍話題の女優となった森田望智。さらに、小泉孝太郎演じる斉木巧の妻で、杏の夫と駆け落ちをした女性・由香(ゆか)は、昨年公開された主演映画「火口のふたり」でヨコハマ映画祭最優秀新人賞、キネマ旬報ベスト・テンで主演女優賞に輝いた瀧内公美が演じる。

OFFICIAL SNS

* 外部サイトへ移動します *
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.