奥平大兼さん(林大介役)インタビュー|金曜ドラマ『恋する母たち』

毎週金曜よる10時〜

INTERVIEW/インタビュー


Q. 奥平さんは初めてのドラマ出演。撮影はいかがですか?
初めてのドラマ撮影だったので、どういう流れで、どういうスピード感で撮影が進んでいくのかが最初は分かりませんでした。以前出演させていただいた映画撮影のときは、カメラ映りやテンポを全然気にしなくていい撮影方法だったのですが、ドラマ撮影はそういうわけにはいかず。自分がどういう風に映っているのか? 顔が映っていないときはどうするか、そういったことを気にしながら撮らなければいけないので、最初は少し意識しながら動くようにしていました。この現場でいろいろ経験させていただいて、今は流れや、やり方が少しずつ身についてきているので、日々成長できるように頑張っています。現場の雰囲気も、前回の映画の現場がすごく明るくて、こんなに明るいのはなかなかないかなと思ったら、今回の現場はそれ以上に明るくて!(笑) 勉強になることばかりです。
----------

Q. 林大介はどんな役ですか?
すごく頭が良い子なんですけど、とあることをきっかけに引きこもりになってしまいます。家族との関係も複雑で、思春期真っ只中です。自分が本当に思っていることをうまく表現できなかったり、何をしたいのか分からない上に、自分の中に秘めている秘密もあるとても複雑なキャラクターです。学校生活も私生活も複雑な気持ちのまま過ごしていきます。そんないろいろなことを抱えているキャラクターなんですけど、そこが物語として面白い部分でもあると思います。
----------

Q. 両親役の吉田羊さんと矢作兼さんとの共演はいかがですか?
自分が吉田さんと矢作さんの息子役をできると思っていなかったので、とても嬉しいです。カメラが回っていないところでも家族としてフラットに話せるように、お二人ともたくさんお話をしてくださって。そういう環境を作ってくださるのがありがたかったです。
----------

Q. そんな吉田さんと矢作さんになにか聞いてみたいことはありますか?
俳優の大先輩として、吉田さんには演技に対してのアドバイスや、台本の覚え方を聞いてみたいです! ちゃんと頭に台本を入れる、という作業を今回初めてやって、今のところはできていると思っているんですけど、これからやっていくうちに長いセリフとかもあると思うので。どうやったら自然に自分の気持ちを乗せてできるんだろう? というのが気になります。矢作さんには、「話を面白くする方法」とかを聞いてみたいです(笑)。やっぱり友達と話してても、面白い方がいいじゃないですか。だから、どうやったら話を面白くできるのかをお聞きしたいです!
----------

Q. それでは最後に、視聴者の方にメッセージをお願いします。
3人のお母さん達がメインのお話ですけど、その息子たちのエピソードもすごく面白いものになっています。僕も複雑な役柄で悩むこともありますが、頑張って演じているので見ていただけると嬉しいです! あとは、林家にも注目して下さい!
----------

ARCHIVES


  • »

  • »

  • »

  • »

  • »

  • »

  • »

  • »

  • »

  • »

  • »

OFFICIAL SNS

* 外部サイトへ移動します *
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.