現場レポート|金曜ドラマ『恋する母たち』

毎週金曜よる10時〜

INTRO/現場レポート

《7》食事会の裏側は?
2020.11.13 Fri.
第4話ご視聴ありがとうございました!
杏は新しい恋が動き出したと思いきや、息子の研について悩みを抱えることになってしまいました。
そんな杏が研と斉木を対面させたレストランのシーン。

研が斉木の一番好きなMr.Childrenの曲「Tomorrow never knows」を当てて、同時に曲名を言ってしまう場面では、リハーサルから小泉孝太郎さんと藤原大祐くんの息がぴったり!
練習もしていないのにあまりにも息があっていたため、木村さんは思わず「恋人みたい(笑)」と話す一幕も。
合間には小泉さんがこの曲の良さを熱弁していて、木村さんもそれには納得の様子でした。
無事に斉木と研を合わせた杏でしたが、研が斉木と杏のことである誤解をしてしまい、杏が優子とまりに相談することに。
お酒を飲みながら食事をしている設定でした。

テーブルにはもちろん本物のアルコールは置いてありませんでしたが、木村さんは持っていたグラスに鼻を近づけて、「ウイスキーのにおいがする!」とビックリ。
羊さんも「(においが)する。酔っぱらえる」と言ったもののスタッフは「偽物です」と断言。仲さんも「すごーい!」と驚いていました。
さらに木村さんが味見をすると本当にウイスキーの味がしたらしくまたビックリ。
「本物のウイスキーはあまり飲まないけれど、これは飲める」とお気に入りのようでした。

息子について3人が話すシーンだったこともあり、男の子の反抗期について話し合ったりとリアルなママ会のようでした。
そして母親たちと同様に集まっていたのが3人の息子たち。

3人で集まるシーンは初めてで、奥平大兼くん、宮世琉弥くん、藤原大祐くんは、リハーサル前にセリフを合わせるなど和気あいあいとした雰囲気。
監督からそれぞれが悩みを打ち明けるシーンでの心情を説明され、話を聞く3人表情は真剣そのもの。
その後始まったリハーサルでは、宮世くん演じる繁秋の「学校辞めてー」に、「マジかよ!」と返す研役の藤原くんでしたが、タイミングがズレると漫才のようになってしまうとのことで、間を確認する場面も。そんな中、宮世くんは「学校辞めてー」をラップのように繰り返して笑いを取り、周囲を和ませていました。
杏、優子、まり、3人の恋は着実に進んでいるものの、まだまだ波乱が起きそうな予感…。
第5話は次週11月20日よる10時からです。
3人にどんなことが待ち受けているのか? ぜひご覧ください!

ARCHIVES

OFFICIAL SNS

* 外部サイトへ移動します *
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.