2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

今週の逸品

ドラマで登場する篤蔵が出会ったお料理や、実際に作ったお料理の作り方を、公式サイトをご覧のみなさまだけにこっそりお届けするコーナーです。

明治〜大正時代の時代背景を考慮した、昔なつかしく、ときどき本格的なお料理のレシピを、料理監修を務めている料理研究家の脇雅世さんが詳しく教えてくださいます。

ドラマを見たら、きっと食べたくなる料理たち… ぜひお試しください!

紹介しているレシピはドラマに出てくる料理をベースにしていますが、現代でも作りやすいように材料や作り方を工夫してあります

第12回「鴨の瓦焼き、和風ソース2種」

材料 (4人分)使用量
味噌ダレ
白ごま50g
砂糖大さじ2
味りん50g
50g
みそ100g
醤油大さじ1
出汁100〜150ml
醤油ダレ
出汁150ml
醤油大さじ3
たまり醤油大さじ1
30g
味りん30g

〜味噌ダレ〜

  1. 味りんと酒は合わせて鍋に入れ火にかけ煮立てアルコール分を飛ばしておく
  2. 白ごまは鍋で炒ってすり鉢に入れ、少し油が出るまで良くする
  3. みそを加えすり合わせ、砂糖を加えて更に擦り混ぜる
  4. (1)、ごま油、出汁を少しづつ加えて溶きのばす

〜醤油ダレ〜

  1. 味りんと酒は合わせて鍋に入れ火にかけて煮立て、アルコール分を飛ばしておく。だしは濃いめにとる
  2. 残りの材料を加え混ぜ合わせる

当時宮内省の鴨場は越谷 (埼玉県) と新浜 (千葉県) にありました。鴨場に GHQ のアメリカ軍人とその家族を案内したことは秋山徳蔵さんの自伝記 「味」 の中にも書かれていて当時の実際の映像にも残っています。大きな網を使って捕まえた鴨をさばき、鉄板の上で焼いて出したそうです。ドラマでは篤蔵が真心を込め手間をかけて鴨料理を準備したという設定にし、あらかじめ加熱調理された鴨肉を温めた瓦にのせて出すようにしました。鴨肉は焼きすぎると肉も固くなり、においも強くなります。上手に火を通した鴨の胸肉の薄切りを温めた瓦の上に乗せれば冷めずにおいしく食べてもらえます。篤蔵特製、2種の和風ソースも添えました。

家で作るなら合鴨などの胸肉を薄くスライスし、ホットプレートの上にのせ、両面を焼いたらタレをつけて食べるのが手軽でしょう。ステーキのように中がピンク色になるよう、焼きすぎないように気を付け、焼き上げた肉は1〜2分皿の上に置いて熱が落ち着くのを待ってから食べたほうがおいしいですよ。篤蔵特製のタレと一緒に、是非試してください。

鴨のお狩場焼き以外にも宇佐美さんが担当していたバーベキューやサンドイッチ、サラダ、アップルパイやピカンナッツパイ、パンチボウルに入ったフルーツパンチなどアメリカらしい料理もたくさん並んでいましたね。
飲み物にカクテルグラスがあったのがわかりましたか?この時代はアメリカでもカクテルが大流行、マティーニなどが人気だったようです。
実は1924年、大正13年に日本で初めてのカクテルの本 「カクテル (混合酒調合法)」 という本を出版したのは秋山徳蔵さんなんですよ。


バックナンバー


↑このページの一番上へ