2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

今週の逸品

ドラマで登場する篤蔵が出会ったお料理や、実際に作ったお料理の作り方を、公式サイトをご覧のみなさまだけにこっそりお届けするコーナーです。

明治〜大正時代の時代背景を考慮した、昔なつかしく、ときどき本格的なお料理のレシピを、料理監修を務めている料理研究家の脇雅世さんが詳しく教えてくださいます。

ドラマを見たら、きっと食べたくなる料理たち… ぜひお試しください!

紹介しているレシピはドラマに出てくる料理をベースにしていますが、現代でも作りやすいように材料や作り方を工夫してあります

第8回「パン粥」

材料 (1人分)使用量
フランスパン1/3本
牛乳200ml
チキンスープ (または固形スープの素)(1/2個を湯で溶いて) 200ml
適量
  1. フランスパンは周りの茶色い部分を切り落とす
    (この部分は乾かしてパン粉にすると良い) 適当な大きさに切る
  2. 鍋に牛乳とスープを入れて火にかける
  3. 煮立ったらパンを加えとろりとするまで煮る。好みの塩加減にする

心労からか熱を出し倒れてしまった篤蔵。そんな篤蔵に新太郎はパン粥を作ります。
華族会館時代から絵描きになると言っていた新太郎の料理の腕は少々怪しいのですが、牛乳とチキンスープでパンをトロトロに煮ているので消化は良く、栄養もありそうですね。
実はフランスパン、原材料が小麦粉、水、塩、イーストといたってシンプル。固くなってしまったパンは水分を加えると柔らかく崩れるので、スープやソースのとろみ付けに使われます。
また残ったフランスパンを適当な大きさに切ってから卵液に一晩漬け置きし、フレンチトーストにすると、食パンと違ったふんわり感に仕上がります。ぜひ、試してみてくださいね。


バックナンバー


↑このページの一番上へ