2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

今週の逸品

ドラマで登場する篤蔵が出会ったお料理や、実際に作ったお料理の作り方を、公式サイトをご覧のみなさまだけにこっそりお届けするコーナーです。

明治〜大正時代の時代背景を考慮した、昔なつかしく、ときどき本格的なお料理のレシピを、料理監修を務めている料理研究家の脇雅世さんが詳しく教えてくださいます。

ドラマを見たら、きっと食べたくなる料理たち… ぜひお試しください!

紹介しているレシピはドラマに出てくる料理をベースにしていますが、現代でも作りやすいように材料や作り方を工夫してあります

第10回「雑炊」

材料 (3〜4人分)使用量
炒り米1合
人参1/2本
ごぼう1/2本
豚肉80g
干ししいたけ2〜3枚
にら1/3束
出汁800ml
干ししいたけの戻し汁200ml
小さじ1
醤油小さじ1
大さじ1

〜炒り米のつくり方〜

  1. 米1合は洗って水気を切り、乾かす
  2. 鍋に米を入れて木べらで混ぜながら少し色がつくまで中火で炒る
  1. 干ししいたけは水に浸して戻しておく。
    軽く水気を絞り、7mm角に切る。戻し汁は200ml取って置く
  2. にんじん、ごぼうは5〜7mm角に切る 。ごぼうは水にさらす
  3. 鍋に出汁と椎茸の戻し汁200ml、(1) と (2) の野菜を加え火にかける。煮立ったら野菜と同じような大きさに切った肉を加え、混ぜながらほぐす
  4. 煮立ったらアクを取り、炒り米を加え時々混ぜながら15分ほど煮る
  5. 塩、酒、醤油で味をととのえ、1cm長さの小口切りにしたにらを加えさっと煮る

関東大震災直後、直ちに篤蔵は炊き出しを始めます。ライフラインが遮断された不自由な中、米でおむすびや雑炊、小麦粉ですいとんなどを作ります。使える食材は干ししいたけなどの乾物、保存のきく根菜など。
この雑炊は米を一度炒ってあるので、作る量が多くても早く煮あがり、時間がたっても米がべたつかずさらさらとおいしく食べられます。
炒ったことで香ばしさも増します。玄米茶の玄米を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。
また、しっかりと炒り上げた米は水分を加えるだけで食べられるインスタント食品にもなります。昔の人の知恵ですね。簡単に育てられるニラを青みに仕上げました。非常時でなくてもぜひ試してみてください。煮ている間に煮汁が少なくなったら湯を足して調節しましょう。


バックナンバー


↑このページの一番上へ