2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

今週の逸品

ドラマで登場する篤蔵が出会ったお料理や、実際に作ったお料理の作り方を、公式サイトをご覧のみなさまだけにこっそりお届けするコーナーです。

明治〜大正時代の時代背景を考慮した、昔なつかしく、ときどき本格的なお料理のレシピを、料理監修を務めている料理研究家の脇雅世さんが詳しく教えてくださいます。

ドラマを見たら、きっと食べたくなる料理たち… ぜひお試しください!

紹介しているレシピはドラマに出てくる料理をベースにしていますが、現代でも作りやすいように材料や作り方を工夫してあります

第1回「鯖江連隊のカツレツ」

材料 (2人分)使用量
牛もも肉2枚 (80g×2)
 卵1/2 個
 塩小さじ 1/3
 こしょう少々
 サラダ油小さじ1
小麦粉適量
乾パン適量
揚げ油適量
デミグラスソース (市販)適量
  1. ボウルに  を入れよく混ぜ合わせておく。
  2. 乾パンは厚手のポリ袋に入れ麺棒などで細かく砕く。
  3. 牛もも肉はラップ2枚に挟み麺棒などを使ってたたきのばす。
    ※ 牛肉はたたきのばすことで揚げたときに固くなりにくくなります
  4. 肉に小麦粉をまぶし余分な粉は払って置く。
  5. (4) の肉を (1) の  にくぐらせて (2) の乾パン粉をしっかりとまぶしつける。
  6. フライパンの底に回る位の揚げ油を入れ中火にかける。
  7. 油が温まったら (5) の肉を並べ入れ上からも熱い油をスプーンなどですくかけながら両面を揚げ焼きにする。
    ※ 油は菜箸で混ぜたとき箸先から泡が出るようになるのが油の温度の目安です
  8. 油を切り器に盛り、温めたデミグラスソースをかける。

カツレツが日本で食べられ始めた頃のものは牛肉を薄くたたき、細かいパン粉を付けてしっかりと揚げ焼きにしたものでした。当然、肉にはしっかり火が通っています。この当時のカツレツを、現代の人にも美味しそう!と思ってもらえるよういろいろ工夫をしました。
肉をピンク色の揚げ加減にするため少し厚めに切りました。また揚げ上がりを美味しそうに見せたいという監督の意向から、当時軍隊で携行食になっていた乾パンを砕いて衣にしたのはこのドラマ用のオリジナルです。篤蔵が感激して食べているカツレツに田辺軍曹が 「これをかけるともっとうまいぞ」 と言ってかけたのはデミグラスソースです。当時、洋式醤油と呼ばれたウスターソースは日本人にとってなじみが薄く、現在のようなとんかつソースが出回るのはまだ、半世紀ほど先のお話です。


バックナンバー


↑このページの一番上へ