banner_AD

ファンメッセージ

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
メッセージの受付は終了しました
沢山のメッセージ、
ありがとうございました!
1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738 |*39 | 40414243444546474849505152535455565758596061626364
“ありがとうございました”2015.03.22 14:11
ありがとうございました
25年前に亡くなった親父に会えた気がしました。また、十分話ができなくて、引きこもりになっていた息子と話をする勇気ができました。
お世話になりました。
今度は現実の世界で私自身が朋輩になる時だと頑張ります。ありがとうございました。
BEN様・男性(59)
“今日”2015.03.22 13:54
私も過去に戻ってきました。その場所へ行こうと決めていたわけではないのですが、近くまできたら行きたくなり、衝動的に向かってました。
想像ではその場に立ったらさみしかったり、辛かったりするのかと思っていたら、現実は来れたことがただ嬉しくて幸せだった。
感謝してます。ありがとう。

今日の予定は、流星ワゴンをリアルタイムで観るだけです!お疲れさまでした!!
アスラン様・女性
“美代子”2015.03.22 11:53
いろいろと問題があるでしょうが、美代子はできれば原作通りの設定で見てみたかったですね。
そんな美代子に対する世間の反応、評価がどんな感じなのかも知りたかったです。
そして、一雄がやっぱり「俺のせいでそうさせてしまってすまない」と謝るのかも。
しげまつおたく様・男性(53)
“希望の光〜朋輩二人の運命〜”2015.03.22 3:56
運命との戦い!果たして定められた運命を変える事が出来るのか。橋本親子の出現は一雄さんにとって、忠さんと自分を重ね合わすのに充分だった。運命の神様は無情にも親子の命を奪う。もっと生きてやりたい事、山ほどあった。それほど生きたかった健太。もっと
もっと生かしてあげたかったと。深い後悔と懺悔の気持ちを秘めている橋本さん。そして更に衝撃だった二人の本当の親子以上の深い愛情と絆。目の当たりにした朋輩カズ、忠さん。このままではいけない。死ねば全て終わってしまう。朋輩二人の生き直しの旅が始まる。生きている今こそ大切な人に伝えるべき事がある。親子は一雄さんに問いかける。本当に今、死んでしまっていいのか?と。答えは出ていた。健太が成仏する為に母と逢ったシーン。死んだら逢えるの?ずっと一緒にいられるの?と聞く母。すぐ様、だめだよ!あの子が悲しむから!弟の為に生きて!と母に諭すかの様に。そして、いっぱい悲しませてごめんね!と母に謝る。母はずっと健太の事忘れないよ!ずっと大好き!と。橋本さんはもう二度とおまえが事故に遭うとこなんか見たくない!心ふるえる、素晴らしい場面。
順子様・女性
“本当の思い”2015.03.22 2:00
今までやり直しの旅を続けてきて広樹と美代子の抱える思いを知っても本来の自分のまま思いを伝えることができなかった一雄が、死を目の前にして本音で広樹と美代子に向き合ったことで広樹も美代子も抱えていた不安をぶつけてくれてやっと気持ちが通じ合って本当に嬉しかったです。一雄のすべてを包み隠さず話すまっすぐな眼差しと抱え込んでいた気持ちを吐き出した美代子の表情が胸に響きました。広樹の涙も今までの苦しみがすべてその涙につまっているような演技ですごかったです。チュウさんの優しい父親の目も感動しました。一雄は本当に死んでしまうのか、チュウさんはどこへ行ってしまったのか、最終回楽しみにしています。
ふわふわフラワー様・女性(16)
“心に響くドラマです。”2015.03.22 0:45
毎週、楽しみにしています。
こんなに、引きつけられるドラマは初めてです。

役者皆さんの演技力の高さなのでしょうか、私も母が亡くなる直前「同じ体験をしていたのでは?」一雄の家族と同じように、ただ忘れてる…記憶が無くなってしまってるだけで…と思ってしまいます。

ロケ地の鞆の浦も物語にマッチしていて、ドラマを盛り上げていますよね。
(初めてです。ドラマを見てロケ地へ行ってしまったのは…)

今晩の最終回、楽しみにしています。
すいか様・女性
“素晴らしい作品ですね”2015.03.21 20:22
感動です。毎回泣きます。
傍観して泣いているのではなく、もうその時間は主人公や登場人物になって入り込んでいます。
時間を戻せたらという希望が叶うのになかなかうまくいかないところもはらはらします。
私が昭和生まれなので、一雄の少年時代の背景やセットは懐かしい思いです。
父親が絶対の時代。TVのチャンネル権だって父親でした。よく怒っていたし。
俳優さんも皆さん全て良すぎて、すごいすごいと思いながらTVの前で釘付けです。
たぶん、平成生まれの子ども達にしたら泥臭いと思われるのかもしれないですが、あれこそが昭和の原動力、高度成長時代を支えてきたお父さんお母さんたちの生きざまを表現してくださった感じがしてとてもうれしいです。
毎回見てます様・女性(44)

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.